【第3話】女一人で島バイト。いざ直島へ。謎のユニット ウサギニンゲンとは。マスターおすすめの写真家はトムサックス。蝶のタトゥーにはご注意を。

その日は台風が迫っていた。

ご近所の『島小屋カフェ』でなんやらイベントがあると聞き、バイトの3人で行ってみる事に。

隣の豊島から来てた「ウサギニンゲン」っていうユニットが演奏?上映?。。

ウサギニンゲンの演奏を見てみた。。
すごい、アナログ!そして抽象的!
ドラムと映像のセッションなんだけどドラムもわけのわからん打楽器が沢山付いてて映像なんてお手製のはた織機みたいなのでコロコロと描きながらプロジェクターに映す。。

台風の風の音と重なってより迫力を感じた。

ウェルカムドリンクを最近移住してきたおっさんが作ってくれた。

ほとんどテキーラやんけ!!!

と、ウェルカムドリンクにめちゃ強い酒を出したおっさんに対してついこちらも強めの言葉が出てしまった。
自称45歳だけど、どーみても50代だった。気持ちは若いのだな。

ウサギニンゲンさんは夫婦二人でやってる。上演が終わって話を聞いてみたら、元々は関東でサラリーマンとWebデザイナーだったそうな。
どうしても海外に住みたくて二人でドイツに移ったけど、英語も話せないし仕事もない。。大変な日々でとりあえず今やってることをやり始めたら仕事に出来たって話をしてくれた。
奥さんがWebデザイナーやってたからそれが今の作品に生きてるって旦那さんが話していた。
そして日本に帰ってきて豊島でのんびり暮らしてる。
豊島にはウサギニンゲンの劇場があるんだけどオフシーズンは観光客もすくなくてお客さんが一人の時もあるけど一人でもいたら上演するそうだ。
案内はほとんど島の人の口コミで豊島の人は優しいって、その時酔っぱらっていたけど楽しそうでポジティブなのが印象的だったな。

Instagramもしていて見てたら本当に素敵な島暮らしを送ってる。畑仕事や季節の食べ物や小物を手作りしてたり、劇場で使うものを制作したりノンビリ楽しそう。

ちなみに、豊島も美術館が何個かあって心臓の音を録音したりおもしろい物が多い。横尾忠則の美術館の作りは最高だった!

カフェも直島よりオシャレな気がした。

その日、遊びに行った『島小屋』はゲストハウスに小さな本屋とレンタサイクルがあるカフェです。
そこのマスターがセレクトする本は面白かった。
冬に、生ビール下さい!って言ったら今日はサーバー洗うの面倒だから瓶ビールにしてくれってダルそうに言われたw

野菜の本とか洋書とか写真集とか色々あった。
その時見付けた写真集で好きなやつがあった。

昔の香港のスラム街、クーロンを撮った写真集があって私はほとんど学校のお勉強をしてなかったので歴史の話は知らなかったけど面白かった。マスターが情報と感想を交えながら色々教えてくれる。

少し前に、バイト仲間と『スワロウテイル』を見たばっかりだったからなんだか¥タウンとダブってロマンチックな気持ちになった。

『リリィシュシュのすべて』を観てから岩井俊二監督さん作品は悲しくなりそうで見れなかったのと蝶々のタトゥーの女は信用できないと思っていたので、その時に初めて『スワロウテイル』を観た。一言で感想を述べると、、三上博司ってこんなにカッコイイのか。。!

それから色々な写真集を見ながらお話してたら、マスターが私にオススメのある写真家を教えてくれた。

トムサックスと言うアーティストで調べてみたら2017年ナイキとコラボしとる!!!!

完売!

くーーー!どこの情報通の金持ちが買ったのか。羨ましい。

トムサックス、、どーせ東京は代官山の蔦谷とか行かなきゃ写真集ないのかなーって思うと東横線は憂鬱で更に遠い存在に思えてならない。

適当にお話しながらお買い物出来るのは田舎の良いところDAYONE !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆとり教育を受けておりませんので、無害です。