果てしない大空と広い大地とムチン

興味深いニュースを読んだ。

http://www.hokkaido-nl.jp/article/7514
JA帯広かわにしで 冷凍とろろ工場 設立

十勝のかわにしはとろろの名産地。

規格外のとろろいもを冷凍とろろとして扱うという。

国内の外食産業だけでなく、輸出も視野にいれてるとか。

ナイスアイデアだ。
優れた素材は優れたアイデアによって活かされるというよい例だ。

とろろといえばムチン。

ムチンが流行ってきていると感じるここ最近。

吉野家、松屋、すき家などにいけば、とろろのメニューは今じゃ必ずある。

コンビニでも、とろろを用いた食品が目につく。

今回の冷凍とろろ工場の設立は、外食、中食産業でのとろろ需要増を受けてのものだと考えられる。

どのような要因でとろろへの注目が高まっているのだろうか。

健康番組でとろろに含まれるムチンの効能が紹介されたのか。

もしくは、昨今のうなぎ不足問題。そして、経済的格差の拡大。

そんな中、精力をつけるべく摂取する高価な食材の代替案として、庶民の精力源としてとろろが選ばれているのではあるまいか。

確かなところはわからない。

規格外のとろろ、いうならば、ふぞろいのとろろ芋たち。

それは、いわば、社会不適合、スーパーの売り場に並べない「敗者」たちだ。

そんな「敗者」たちがつむぐ、庶民の健康、豊かな食事の物語。

同じように「選ばれなかった側」である私を含む多くの凡人の、胸に響く。

ムチンは身体にいいばかりでなく、人生を前向きに生きる、ひとかけらの勇気も与えてくれる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、音楽、本のことを中心に、役に立つかどうか度外視して書きたいこと書こうと思っています。サブカルなイベントもよく行くので、そのレポートみたいなことも書くかもしれません。