季節が移り変わるその最中、9月の2回目の土曜の週末、radikoのエリアフリーでTakuya Nagabuchiの冠ラジオ「I’m a SUPER STAR」28回目の放送を聴いた。

Takuya Nagabuchiの冠ラジオ「I’m a SUPER STAR!!!」は大阪OBCラジオで毎週土曜日の朝11:30-12:00に放送されているラジオ番組である。radikoのエリアフリーを使えば、日本全国どこからでも聴くことができる。

冒頭、いきなり渋い声でハッピーバースデイの歌をうたうTakuya Nagabuchi。

「Happy Birthday dear 剛さん」と長渕剛、62歳の誕生日を祝う!

この放送の前日、9月7日は長渕剛の誕生日だったというわけだ。

「60を超えてもあのバイタリティー!剛さん、聞いてくれてるかな。いつかこの声が届くようにがんばっていきます」と長渕剛へのメッセージを述べるTakuya Nagabuchi。

そしてかまされるどなり、「Takuya Nagabuchiの、I’m a super star!!!」

なんだか調子づいた、元気のいいどなり!

「昨日は長渕剛さんで、今日9月8日はダウンタウンの松本人志さんの誕生日ですね。聞いてくれてるかな?!」とかまし、「ちなみに10月1日は わたしの誕生日!なんも送ってくれなくてもいいんだよ」と自身のバースデイもさりげなくアピール。

そして読み上げられる番組クレジット、「この番組は寝屋川を拠点に活動する不動産の専門家、ランドフリーダムの提供でお送りします」


ランドフリーダムのCM

「今日はハガキやメールをたくさん紹介します!」ということでまず紹介されたのは、鹿児島市 ラジオネーム なごやんだいすき さんからのメール。「Takuyaさん、うがみんしょーらん!名古屋ガイシホールで路上ライブ聞けて、夢がかないました。また、姪っ子のリクエスト、富士の国も歌ってくれてありがとうございました。」

「なごやんだいすき、なつかしいですね」とコメントするTakuya Nagabuchi。昔Takuya Nagabuchiがやっていたyoutubeでのラジオっぽいやつ(ヨークニテル10分)の時からメールくれてたひとのようだ。

海だ夏の奄美 笠利海岸の絵ハガキつき。
「綺麗ですね。セゴドンが島流しにあった海のような」と最近家に帰れておらずセゴドンも見れていないTakuya Nagabuchi。

「うがみんしょーらん、ってなんだ!?」と訝しがる。

うがみんしょーらん、奄美、鹿児島地方の方言らしい。
https://dictionary.goo.ne.jp/leaf/dialect/3580/m0u/

富士の国、歌詞覚えてなくて大変だったという。15分くらいある歌。


長渕剛 富士の国


輪入道もいる 富士の国


稲田麗奈 富士の国

ラジオが8月いっぱいで終わると言っていたのは嘘ではなくて、本当に終わる予定だったという。「関係者でたくさん話しをして、もう3ヶ月やってみないかということになった」という経緯がある。

8月に終わると思って送ってきているメールがたくさんあるということでその中からいくつか紹介された。

まずは、和歌山の「まきるんるん」さんから、「本当にもうおわっちゃうんですか?たくさんのひとが毎週楽しみに聴いているのに!実はこの番組が延長することになりましたって発表があるんですよね?そう思わないと辛すぎます。こうなったら番組が終わってもハガキをかきつづけます!」という内容。

常連リスナーである、まきるんるんさん。「ハガキ、通算20枚くらい送ってくれています」ということで、その熱量に感服。

続いて、ラジオネーム「愛しのカレーうどん」さんから。「いま帰宅したらステッカー届いていました。忙しい中ありがとうございました。名古屋の暑さ半端ないですね、大丈夫でしょうか。この先の本気の夏も乗り切っていきましょう」といった内容

読むタイミングもあるが「もう夏もおわるってのによ」とつっこむTakuya Nagabuchi。

公開収録に参加した人からの感想もいくつか。

ラジオネーム 「よっしん」さんから。

「先週はラジオ大阪のスタジオにお邪魔して、Takuyaさんのお姿拝見しまひたが、Takuyaさんのギターテクニックのすばらしさに感動しました。 また、もみじまんじゅうもいただき、帰りの電車で堪能しました。たった一個のもみじまんじゅうの味はとても心に残りました。ラジオが続くときいてとても嬉しかったです。たくやさんのさらなる活躍を期待しています。」といった内容。

サラリーマン風のメガネかけた神戸の人だというよっしんさん。「あれ、もみじまんじゅうおいしいけど歯にくっつくんだよね。ほんと、遠いところ暑いなか平日にもかかわらず、ありがとうございました。」とコメント。

そして、ラジオネーム「3児のパパ」さんから。
「Takuyaさんこんにちは。先日は公開収録にお邪魔させていただき、本当にありがとうございました。本当にひとりひとりにやさしく、ファンを大事にしていただける方だなと思いました。また、ラジオ収録のスタッフ、すごくお綺麗な女性陣の方々、ちょっと怖そうにみえるがやさしそうにみえる方々、なによりOBCのスタッフの対応のよさ、みなさんがやさしくでむかえてくださり、楽しい思い出、経験ができました。」といった内容。

メールを読み上げる際にちょっと噛み気味になるTakuya Nagabuchi。「かたっくるしいあいさつだとかんじゃうんだよ! もっとカジュアルに!」と言い訳をする。

また、綺麗な女性陣というところに関しては 「そんなひといたかなぁ」ととぼける。ちょっとこわそうにみえるがやさしそうな人のところは「マネージャーを指しているのだろう」と推測。どんなマネージャーなのか気になる。

「年末まで番組つづくのでまたメールほしいなと思います。」と引き続きどしどし送って欲しい旨伝えられた。

また、ラジオネーム 「やっつん」さんからは
「番組おわってしまうなんて本当にさみしい気持ちでいっぱいです。毎週土曜日が楽しみで楽しみで昔の剛に会えるとワクワクしながらきいていましたよ。あのころにもどれるんですよ。一瞬でも。学生時代にもどらせてくれてありがとうございます。以前番組にもメールしてステッカーもらいました。めっちゃ感激してテンションあがりましたよ。本当に楽しい番組ありがとうございました。」といった内容。

「もうしつこいくらいにいいますけど、ね、年末までつづけさせていただく所存であります」とTakuya Nagabuchi。

そして、ラジオネーム「通りすがりの子豚」さんから「つい最近ラジオの存在を知り、ラジコを登録して聴き始めたのですが、8月でラジオがおわるということで、急いでメールしました。 千葉に住むラジオネーム、通りすがりの子豚です。 こんなおもしろいラジオがおわってしまうなんてさみしい限りです。私は生でTakuyaさんをみたことがないので、いつか会場で生歌をききたいとおもっています。」

「千葉のひとにいいライブがあるんです
よ!」と紹介されたのは、「LIVE IN CHIBA 僕だけのメリークリスマスイブ 2018」

12.23 日曜
15:30 OPEN
16:30 START
前売り4500 当日5000
千葉 稲毛 K’s dreamにて
チケットサイトのeplusでも販売中

通りすがりのの子豚さんへ「通り過ぎずにみにきてくださいね!」と伝えられた。

続いて、大阪府「しほ」さんから「先日は公開収録に当選したのに北海道への帰省と重なりいけませんでした。ラジオも残りすくないですがたのしみにきいていきます。近くでライブがあればみにいかせていだたきたいです」といった内容。

「あなたのためにいいライブあります!」と紹介されたのは「LIVE IN SHIRAHAMA from TN」

9.16 日曜日
17:00 open
18:00 start
白浜 シーサイドホテル にて
詳しくは公式ホームページ参照

続いて、ラジオネーム「セントマン」さんからのこんなメール。

「放送をラジオできいて早速住所をおくらさせていただきます。せんとくんみたいなラジオネームでなぜか奈良県扱いになっていましたが、三重県の者です。」

「あー 思い出した!sitting in the rain がやきそばの曲ににてるっていってたひとだな!」とコメントを挟むTakuya Nagabuchi。

お盆も過ぎて8月も3週目の土曜の週末、Takuya Nagabuchiの冠ラジオ「I’m a SUPER STAR」25回目の放送を聴いた。

「sitting in the rain は誰がなんといおうと名曲です。Takuyaさん、あなの凄さは歌声がにていてギターがうまいだけではない。流暢なしゃべりはもちろんですが、Takuya Nagabuchiになって、なにごともとことん、ここまでやるかって。 ラジオでのドラマの再現もも最初にやにやしながらきいていたのですが、最後にはすっかりひきこまれて、本当におみごとです。あなたの活動をこれからも応援しています。ラジオがおわっても、ライブ会場へsuper star をみにいきます、そしていつか2人でのI’m a super starの共演がみたいですね。いつも本気、狂気、殺気を超えた、とことん、をみせてくれてありがとうございます。」

この間はsitting in the rainが洋楽のある曲に似ているという話だったが、Takuya Nagabuchiもこのあいだ仙台にいったとき 「あれ、この テイスト…」とおもったのがあるそうだ。剛さんも好きって公言しているこの人の曲。

友部正人 大阪へやってきた

「南へくだーる道路にはー」みたいなとこ
かぶるんじゃないの!?って思ったそうだ。

確かに、スタイルが似ている。長渕剛への友部正人の影響の強さを知る。

「これもなんか 近いよみたいなうたあったらおしえてほしい」ということだ。

そして、弾き語りリクエストのコーナー。

「先日ちょっとしたクレームメールをよんでもらったso-netです」というメールを紹介。

「ありましたねー bye bye わすれてしまうしかない かなしみにのリクエストをいつもスルーされるっていうメールでしたね」とコメント挟むTakuya Nagabuchi。

「ステッかー届き、裏にはたくやさん直筆のメッセージとサインが添えてあり、感動!
とてもそこらにはれません またひとつ宝物がふえました。 今回は少し懐かしい名曲、12色のクレバス、captain of the ship バージョン、ブルースハープ入りでおねがいします。 私は平日休みでなかなかtakuyaライブに参加できませんが、またtakuyaさんに会える日をたのしみにしてます この言葉しかないんです! ありがとう!」といった内容。

「captain of the shipバージョンってのはどっちかな?ライブ版かな。まぁ ぼくの好きなほうでやります。so-netさん、このあいだワンコーラスしかbye byeできませんでしたが、今日はフルコーラスで12色のクレバスやります。」と述べ、弾き語りが披露された。

あなたが 側にいるだけで
わたしの 心は やすらぐんです
あなたが わたしをみていてくれるから
なんにも怖くないのです

言葉よりさきに
あなたのやさしさが
わたしのずるさに
響くから

そんな あなたに なりたくて
そんな あなたに なれなくて

どうすればあなたに なれるのでしょうか
どうすればあなたを 感じられるのでしょうか

あなたの指先と あなたの背中が
いつかの 夕暮れに 消えていくとき
わたしは あなたを 追いかけました
泣きたくて
泣きたくて
抱きしめられたくて

そんなわたしに
あなたはふりむいて

天高くわたしを だきあげました

そんなあなたになりたくて
そんなあなたになれなくて

どうすれば あなたを 描けるのでしょうか
12色のクレパスを 昨日買いました

どうすれば あのときのあなたを描けるのでしょうか
12色のクレパスを 昨日買いました。

響き渡るブルースハープのテクニカルで明るい響き!ブルージーで哀愁のあるギターの音色も素晴らしい。 今回はライブでのメインギターTAKAMINE NPT 012 BSを使ったそうだ。


12色のクレパス

「なんかねスタジオのブースに久しぶりに佐藤くんが遊びにきてくれたから、ハモってもらって リードギターもひいてもらいました
また久々に佐藤よぼうかな。」と、ひさびさに佐藤拓矢の出演があることがほのめかされた。

今日のエンディングは、アルバム NEVER CHANGEより「NEVER CHANGE」。

「なんでこれ選んだかというと、昨日が剛さん誕生日だったから。これ、こどもが生まれたときにつくったうたですね。」と選曲の理由が語られた。


NEVER CHANGE カラオケ


SAMURAI52 NEVER CHANGE


風来坊 NEVER CHANGE


NEVER CHANGE


NEVER CHANGE


NEVER CHANGE


NEVER CHANGEでございます

現在決まっているその他のTakuya Nagabuchiのライブは以下になる。

10月7日 日曜
鹿児島 2周年アニバーサリー SAMURAI
LIVE IN KANOYA
15:30 open
16:00 start
前売り 4000円 当日 4500円
アコースティックライブバー SAMURAI

10月14日 日曜日
LIVE IN TOKYO 明け方までにはケリがつく
17:30 open
18:00 start
前売り4000 円 当日4500円
大塚 ハーツネクスト

11月24日 土曜日
LIVE 18 宮崎 剛再び
18:00 open
18:30 start
前売り4000 円 当日4500円
ニューレトロクラブ

12月23日日曜日
LIVE IN CHIBA ぼくだけのメリークリスマス 2018
15:30 open
16:00 start
前売り4500 円 当日5000円
稲毛ケイズドリーム
※こちらのライブはeplusでも販売中

メールは
takuya@obc1314.co.jp

ハガキは
552-8501
ラジオ 大阪
Takuya NagabuchiのI’m a SUPER STARまで

いつものように渋くカッコいい声で「また会おう」 としめくくられた。

まだこのラジオのこと、Takuya Nagabuchiのことをよく知らない人も、このブログの過去記事を読みYou TubeのTakuya
Nagabuchiのパフォーマンス動画を観てみてほしい。全国的な世間認知はまだそれほどではないが、これからより多くの人に間違いなく知られることになるであろう逸材である。

来週はどんな放送になるのか。引き続き追っていきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です