東京孤食日記 神田 小川町エリア、スパイスカレーの首領 SPICE BOX

スパイスを欲している。

そんな衝動の赴くままに行ってきた、SPICE BOX。

CURRY NOTE 2017というZINEに載っていて知っていた店。


神田駅から小川町側に5分ほどあるいたところにある。

平日のランチタイムで混んでいたが、運良く
ちょうどいいひとりようのカウンター席にチェックイン。

二種類のカレーか一種類のカレーか選べる。

一種類を選んだ。

ランチにはサラダとラッシーつき。それに卵を追加。

1000円でございます。 豪華なランチ。うーむ。


ほどなくしてサラダがやってきた。
そこにあるチキン。すでにそのスパイス、柔らかさに驚かされる。最高の前菜。


そして満を持してカレーが登場。チキンカレー 辛口。

うまい。
スパイスが五臓六腑に沁みる。
辛口だが全然嫌な辛さを感じない。

おいしいカレーはサウナとニアリーイコール。


チキンがでかくて、それでいてやわらかい。
スパイスが肉のいたるところに染み込んでいる。

ご飯のくぼみにカレーとたまごを流し込む。

絶品だ。

首筋に汗がしたたり落ちていくのを感じながら、スパイスの力を全身で受け止める。

濃厚なラッシーを飲み干した。

気分は爽快。

これは毎日食べたいくらい。スパイスジャンキーになりそう。


本も出しているようだ。

人気店のようでひっきりなしに客が来ていた。

よるのメニューもあるそうで 、カレー好き、スパイス料理が好きな人の集いにはうってつけ。集まれカレー好き。

夏はカレーだというが、しかし乾燥していく秋や冬こそカレーを食べて汗をかきたい。

千代田区の店にありがちな、日曜祝日が定休日なので、行ってみたら閉まってた!にならないよう気をつけたい。

おいしいカレーを食べると心身ともに満たされて気分は最高。鬱にも効くスパイスカレーでシティライフの荒波を生きていきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です