星野みちるの冠ラジオ「今夜も最高か!」2018年10/1の放送を聴いた。

星野みちるの「今夜も最高か!」はbayFMモザイクナイトという番組内での30分番組。
月曜の深夜27時(火曜の3時)というディープな深夜枠のラジオ番組だ。radikoのタイムフリーを使えばディープな時間の番組もイージーリスニング

今回は、「秋の改変生き残り記念、AORクイズ 超サービス問題」ということで、毎月第1週あたりに行われているAORクイズ(AORの名曲を星野みちるが聴いて誰の曲か当てる)の特別版が展開された。

お題となったのは「誰より好きなのに」というジャパニーズAORの曲。

さぁこの曲は誰の曲でしょうか…

「大好きな曲ですよ。だれが歌ってるんだっけな… 古内東子さん!」

とラクラク大正解。

「ちゅるんてぃーす 千葉県出身のシンガーソングライター 星野みちるです
満ち潮どっぴゅん ぷしゅー」という独自の自己紹介で幕開け。

心なしかいつもより声が弾んでいて、イキイキとしている。

bayFMは10月1日n開局29年を迎え、30年目に突入だという。

星野みちるの「今夜も最高か」も、改変を生き残ったということで、
AOR問題は超サービス問題。

このコーナーはじまって史上、初の正解らしい。

「裏腹な女心が描かれていてたまらない曲」とこの曲に対する思い入れを語る星野みちる。
9月9日の風知空知でのライブでは、星野みちるはこの曲をカバーして歌ったそうだ、
聴きたい!!


アーバンなムードをむんむん醸し出す鍵盤、ホーン、ストリングスのセンスのいい塩梅のアレンジ。アダルトな洗練された曲! 「やさしくされると切なくなる 冷たくされると泣きたくなる」って裏腹な女心がグッとくる。無数のこの曲のカバー、歌ってみました動画がネット上に転がっている。

最近はSOLEILのライブにコーラスで参加してきた星野みちる。
9月24日にはアトリエるるるみちるもあった。ゲストにチェロ奏者の吉良 都さんを迎えて。

「ずっと暇だったのに9月の後半にライブはいって大変だったが、どちらのライブも楽しかった。」と嬉しそうに語る星野みちる。

SOLEILは、それいゆちゃん(2003年生まれ)が今回のツアーのあと、もう受験勉強にはいるので、来年の春まで活動休止するそうだ。


60sな音とフレッシュなそれいゆのスタイリッシュなかわいらしさの合わせ技。おっさんキラーボム。

アトリエるるるではチェロの吉良 都さんとやり、「弦楽器の方とやったのははじめてで すごくよかった。」という。ヤン富田プロデュースの「窓から」という曲もやったのだとか!

「窓から」が流された。


窓から〜ある日あの時あの場所で

アシッド・フォークなアコギのバッキングの音が心地いい。涼しい風が吹き抜けるようなメロディ、星野みちるの声。銭湯からあがったあとに扇風機にあたりながら牛乳を飲んでいるような心地よさ。すごくいい曲だ。7inchつきのCDはライブ会場だけで売られたもののようで、今はどうやって手にいれたらいいのやら! 曲自体は、アルバム You Love Me に入っている。

「さてbayFmも生き残り、この番組も生き残り、AORクイズも正解し、気分がいいので、
このまま、次はAOR作文のコーナーをお届け」ということで、みちるのAOR作文へとなだれ込んだ。

「みなさん 最近よく耳にするAORとはご存知ですか。adult oriented rockの略だそうです。音楽ジャンルの一種だそうです。しかしながら私にAORってなんの略ですかと問われるならばadult organic rabbit 大人の有機栽培うさぎってことだよ」とぼんやりした説明をする星野。

あいうえお作文の要領で、リスナーからの斬新で画期的なAOR作文を紹介するコーナー。

いくつか紹介された。

ラジオネーム「コットン」さんからの作品
A あー緊張する
O おしっこしたい
R ライムスター宇田丸さんの番組にて

「赤坂のラジオでのライブ最高でした。みなさん夕飯を食べている時間にトイレネタをぶっこむあたり最高です」とメッセージ。

「19時くらいの出番で、おしっこしたいと言ってしまいました。」と星野みちる。

次に、ラジオネーム「しおた まるこ」さんからの作品

A あなたの桃尻
O おおきくておいしそう
R ラップしてレンジでピュ

「生まれ変わったらみちるさんの着るおしりきつめの衣装になりたいです」と切なる願い。

「そうですね。SOLEILのコーラスの時に渡されたのはがなぜかおしりきつめの衣装で。ただおしりがでかいのかもしれない」と星野みちる。

次に「ぱんちょ まるみえ」さんからの作品

A あきのよながは
O 思いっきり
R レインボーチャンネルを楽しもう

「みちるちゃんの出演時間をおしえてください」と問い合わせ。

「わたしは残念ながらでてません」と星野みちる。

次にラジオネーム「たのきち」さんからの作品

A アダルト
O オーガニック
R 隣家

「おとなの有機栽培隣家です」

「ありがとうございました。」と星野みちる

「たくさんのAOR作文ありがとうございました」と締めくくった。

これはこのコーナーに投稿してみたい。
mozaiku@bayfm.co.jp まで、どしどし送ってほしいとのこと。

最後に、星野みちるの弾き語りランデブー。

星野みちるが録音してきたピアノ弾き語りの音源を、毎月第1週に流すというコーナー。
リスナーから、この季節にききたい曲など、リクエストも受け付けている。

今日はリクエストきている。
ラジオネーム「けんと」さんより「日に日に寒くなってきましたね。寒くなるとききたくなる「プラネタリウムで待っててね」をお願いします。」

「プラネタリウムで待っててね」弾き語りバージョンが流された。

アランのセーター 息が白いのは
ひとりで歩いてるせい
澄んだpavement 重ね着の肩を
冬の匂いが撫でるわ

かじかんだ指先を みてたら
ふわり ほろり 雪が 舞い落ちる

プラネタリウムの前で 待ってて ダーリン
夜空を彩る星が 凛と 凛と
今日はいつもよりやさしくしてあげる
特別なnight and day

ノルティックのマフラー 頬が赤いのは
並んで歩いてるせいね
たたずむ プラタナス よりそう背中を
冬の 匂いが包む

ひえた髪にてのひらが ふれたら
ふわり ほろり 雪が舞い落ちる

プラネタリウムの前で待ってて ダーリン
夜空をいろどる星が 凛と 凛と
Lではじまる四文字をいってあげる
特別なnight and day


たしかにこれは冬な曲だ!ピアノの弾き語りで歌われることで、あたたかみがあり、パーソナルな響き。とてもよい。はせはじむ、佐藤清喜プロデュース。作曲は星野みちる。これも2014年にCD + 7 inchでリリースされてるが、いまやプレミアついて入手困難な代物に!

ライブのお知らせ

10月21日
定期イベント アトリエるるるみちる vol.5
vivid sound studioにて

11月18日
星野みちる バーステーライブ 二部構成
目黒のブルースアレイジャパンにて
チケットは発売中
詳しくは星野みちるHPチェック
https://hoshino-michiru.officialsite.co

「ありがたきー!」としめくくられた。

いい曲たくさんかかる、楽しいラジオ! これからも聴いていきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、音楽、本のことを中心に、役に立つかどうか度外視して書きたいこと書こうと思っています。サブカルなイベントもよく行くので、そのレポートみたいなことも書くかもしれません。