篠田麻里子の最近のメル友は? 前田敦子が出ている映画「食べる女」の見どころは?そして語られる、前田敦子の仕事論。 篠田麻里子の冠ラジオであり宇垣美里アナが助手を務めるラジオ「グッド・ライフ・ラボ」第2 回目の放送を聴いた(10/9)

「グッド・ライフ・ラボ」は毎週火曜21:30-22:00、TBSラジオで放送されている番組。2018年秋の改変での新番組である。

篠田麻里子が所長、助手の宇垣美里アナウンサー、所員の占い芸人がアポロン山崎といった体裁で、ゲストを呼んでその人のライフスタイルについて根掘り葉掘り聞いていく番組。

radikoのタイムフリー機能をつかえば火曜に聴けなくてもいつでも快適リスニング。

「ここはよりよい暮らしを追求するgood life labo。人望のある所長の麻里子。有能な助手の宇垣。占い上手の所員アポロンが日々研究に取り組んでいます。豊かな未来へ繋がるgood lifeを極めるために今日も探求は続くのです」といい声のナレーターが番組の趣旨を説明。

篠田「うがちゃん、ここに置くソファみつけてくれた?」
宇垣「麻里子所長、座り心地がめちゃめちゃいいソファーみつけちゃったんですよ ゲストも長居しちゃうとおもいますよ」
アポロン「そっか 僕と宇垣さんも また話しこんじゃいますね」
宇垣「え 話し込んだこととかありましたっけ」

と冒頭、3人の小芝居から幕開け。

いったいどんなソファーを見つけたというのだろうか。

そしてかまされるタイトルコール。

「篠田麻里子のグッドライフラボ」

所長の篠田麻里子、助手の宇垣美里、占い助手のアポロン山崎の布陣で今回もお届け。

つい最近、友達の小2の子とメルともになったという篠田麻里子。
「きょうなにしてたの?」とひらがなでメールうってきてかわいらしいという。

それに対して、「撮影があって、こういうことがあって…」とすごい長文で返すと
「うける」とだけ3文字でかえってきたそうだ。

肝の座った小2である。

今週は先週に引き続き、元AKB48、女優の前田敦子を迎えての放送。

「先週すごい きゅうりの反響がありましたよ」と篠田麻里子。
9時半から10時は自然にラジオを聴いている人も多いため、多くの反響がよせられたそうだ。

すると、へんなSFっぽいUFOの迫るような音が。

「避けては通れないこの時間がやってきた」と紹介されたコーナー、「アポロン山崎のmake a fortune」

「はぁ」と怪訝な態度を示す宇垣さん。

占いが得意なアポロンがデータを蓄積して今後の研究に役だてようというコーナー。

今回のゲストの前田敦子への占いの結果は、

「今年は勉強の年。来年から大きく変わる」といったもの。

また、「去年と2年前はすごい運気が悪かったのでは」と占いをかますアポロン。

前田敦子、こっから10年くらいはいい年になるという。
2022年あたりにいい仕事があるだろう、と。

また、「旦那にたいしてすごく尽くすという星」がでているそうで、
旦那のほうも占ってみたが「すごくやさしくて大人なひと」だそうだ。

「すごく大人なこどもが生まれる」という星も出ているそうで、未来は明るい。

いまはとくに悩みもないという前田敦子。結婚してからは、見る雑誌がかわったという。
片付けの雑誌、身の回りのことについて、暮らしなんとかみたいな雑誌を読むように。

「それがまさに今年の運気を上げる行動ですよ」とアポロン。

前田敦子の最新情報。

映画「食べる女」に出演。食人ホラー映画ではなくほっこりする映画だという。

現場もほっこりしていたそうだ。

映画はオムニバス形式で、主演の小泉今日子がみなを見守っていて、それぞれが飲み仲間で、それぞれの悩みをきいていくという話。

女性ってこういうこと考えているんだ、というのがリアルにわかる映画だという。
そして、食べ物がおいしそうに写っているのが見どころ。

ここで1曲。

アポロン選曲。

手相に曲をつけているアポロン。 感情線というのが2本あるひとは、根性があり、自分でなんでもしがち。だから「ひとりじゃない」と伝えたい。ということで、AIの「ストーリー」を選曲。


アイ ストーリー


山塚 アイ

そして、女優 前田敦子の未来についての話に。

「これから前田敦子が女優として心がけていくことは? いままで心がけていたことでも」と篠田真理子が質問。

「むしろ麻里子は?大事にしていることは?」と返す前田敦子。

「自分。悩んだ時に、アポロンさんなどにいろんな意見を聞くが、結局は自分の意見を大事にする。ひとの意見をききつつ、自分の意志。 自分を大切にすること。」と流石の篠田麻里子。

それを受け「自分を信じることが一番。あとは、やめないことが大事。やめたらそこで終わってしまう。やり続けるといつかいいことある。やめたらもう戻れない。」と継続していくことの重要性を語る前田敦子。

「あっちゃんは常に全力投球できてるけど、いま感じてる生きる喜びは?」と問う篠田麻里子。

「今年の5月からひと月の間ウズベキスタンで映画撮って、それがすごく楽しくて。燃え尽きた感じがある。やりきった感覚。そのやりきった感覚こそが生きがい。 生きることはそれの繰り返し」と、グッとくる人生哲学をさらっといってのけた。やはり前田敦子はビシッと筋が通ったすごい人だ。

その映画とは来年公開の、「旅のおわり、世界のはじまり」。監督は黒沢清。前田敦子がかなり影響を受けている監督だという。

「黒沢さんに言われて覚えてることは?」と問われ、

「いらないことをぜんぶ削ぎ落としてくれる監督。今回も首を全く動かさないでといわれた。 役者の顔が動くのが気になる。それで、だいぶよくなるといわれた。すごくよい塩梅でみてくれる。」と語った。

その首を動かさない映画は来年公開。楽しみだ。

そして篠田麻里子に「あっちゃんが今後、挑戦してみたいことは?」と問われ、

「旦那と一緒に海外旅行いきたい」と微笑ましい回答。

「どこいきたいとかありますかか? 」と宇垣さんが問えば

「お互いのどちらかが知ってるところがいい。相手が舞台もやってる人なのでニューヨークなどもいいかもしれない」と答えた。

「聞いているだけで笑顔になりますね 」と宇垣さん。

今回のゲスト、女優 前田敦子のグッドライフの肝は、「継続する」ということ。仕事も、家庭も。

女優として継続した、その先の姿が見てみたい。様々な役を演じる器として、相応な深さと大きさが前田敦子にはあるように感じる。

驕らず、腐らず、なにかを続けることの難しさと尊さを改めて思った次第です。

番組へのメッセージも待っています、とのこと。

番組へのメールは
lab@tbs.co.jp
まで。

番組ウェブサイトでは、番組の様子の写真を公開している。

「グッドライフをみなさんも一緒に探求しましょう、 さようなら〜 」
と締めくくられた。

グッドライフかぁ。

来週は俳優の内藤剛志がゲストで登場。楽しみである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、音楽、本のことを中心に、役に立つかどうか度外視して書きたいこと書こうと思っています。サブカルなイベントもよく行くので、そのレポートみたいなことも書くかもしれません。