大堀彩 オリンピックへの道⑫ ~デンマーク・オープン 1回戦~

デンマーク・オープン(super750)1回戦の相手は、地元のLine Hojmark Kjaersfeldt(1994年生 世界ランキング27位) である。先日の台湾オープン決勝で、世界ランキング1位のTai Tzu Yingに対して、1ゲームを奪取する善戦をみせた選手である。

 

1ゲーム目を失った大堀は、2ゲーム目は先にゲームポイントを取るが、最後は21-23で競り負けた。相手のLine Hojmark Kjaersfeldtは174㎝の長身であり、スマッシュ等の上からのショットが強力と判断したのか、それを防ぐために大堀はバックハンドのショートサーブを打っていたが、それをうまくネットに沈められて、劣勢になっていたように思う。

 

 

9月からのアジア遠征(日本、中国、韓国)、それに続く国体(富山代表)という過密日程の中、疲労もピークに達していると思うが、ここが正念場である。

 

23日からはフランス・オープン(super750)が始まる。1回戦は先月のジャパンオープンでストレート勝ちを収めたGao fangjie(中国 1998年生 世界ランキング14位)である。それに勝てば、Tai Tzu Yingと戦うこととなるはずだ。対戦成績は大堀の0勝5敗である。直近は今年3月の全英オープンで12-21,13-21で負けている。試合映像からの印象では、点差以上の差があった感があるが、今回は踏ん張れるか。

 

 

22歳になった大堀の真価はこれから問われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です