大堀彩 オリンピックへの道⑱ ~2019年日本代表発表~

本日12月11日、2019年バドミントン日本A代表、B代表が発表された。選出された女子シングルスA代表は、山口茜、奥原希望、高橋沙也加、そして大堀彩の4人であった。先日の全日本総合において準々決勝で敗退してしまった大堀彩であったが、過去の実績、将来性等も考慮されてのA代表選出だと考える。

 

長らく代表に選出されてきた三谷美菜津、佐藤冴香(ともに1991年生)がB代表にすら選出されず、代わりに高校三年生の水井ひらり(2000年生)がB代表に選出され、世代交代を特に感じさせる代表発表となった。

 

2019年4月29日から2020年4月29日の間に開催される国際大会での獲得ポイント上位2人が東京オリンピックの日本代表となる。大堀の2019年国際大会は、おそらく1月13日からのマレーシアマスターズ(Super500)が最初となるはずだ。4月29日からのオリンピックレースの前に、国際ランキングを少しでも上げておかないと、シード権を獲得できず、初戦から強豪と対戦することとなってしまう。これから先のどの試合もおろそかにはできないのだ。

 

とにかく2019年も主要な国際大会で大堀のプレーが観ることができることが嬉しい。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です