渾身のクリスマスエピソードは必読。あと一回!12月3回目の週末、radikoのエリアフリーでTakuya Nagabuchiの冠ラジオ「I’m a SUPER STAR」43回目の放送を聴いた。

Takuya Nagabuchiの冠ラジオ「I’m a SUPER STAR!!!」は大阪OBCラジオで毎週土曜日の朝11:30-12:00に放送されているラジオ番組である。radikoのエリアフリーを使えば、日本全国どこからでも聴くことができる。

冒頭、クリスマスソングの弾き語りが!

大きな木の下で歌を歌おう
今日の日を祝う 楽しい歌を

クリスマスカードは
雪を蹴り
今宵 君のもとへ
僕の愛をのせて

ガラス窓の外
まだ雪が降る
遠く 離れてる
君の国にも

どこかで誰かが
笛を吹いてる
ドラムのスネアの
音も聞こえる

クリスマスツリーには
大きいよ
今宵
君のもとへ僕の愛をのせて

ガラス窓の外
まだ雪が降る
遠く離れてる
君の国にも

メリークリスマス

「Takuya Nagabuchiです。もう師走ですね。」と始まった。

この番組も、今回を含めてあと2回。

ブースの外では、悲しそうな顔する大人と
安心する顔する大人がいるという。

そしてかまされたどなり、
Takuya Nahabuchiの、I’m a super star!!

スタンダード、正統派な、ガツンとくるどなり!

放送は来週もう一本あるが、収録自体は今日で終わり。

そして読み上げられる番組クレジット、「この番組は寝屋川を拠点に活動する不動産の専門家、ランドフリーダムの提供でお送りします」


ランドフリーダムのCM

明日、12/23 千葉の稲毛でライブ!

チケットはソールドアウトだという。

チケット、去年の倍以上売れ、ソールドアウトになった。

Takuya Nagabuchi、今年のライブ納め。

クリスマス。

この時期になるとTakuya Nagabuchiがみたい映画がある。

ホームアローン。

クリスマスというとアメリカのイメージ強い。
一軒家の豪邸に、装飾。「トラック野郎すきだから、ああいうのが好き」という。

ほんとの人の形した人形が屋根から落ちそうになってる飾りが最近流行ったりしてるそうだ。

もう一本は

ジングル オールザウェイ。

シュワルツェネッガー主演の映画。
クリスマスプレゼントを息子に買い忘れ、どこ行っても売ってなくて、1日中走り回る映画。

シャンパンのみながら一人で観る予定とのこと。

そして「クリスマスの思い出、というとそんな楽しい思い出があるわけではないが、せっかくだし、」ということで、前置きし、話し始めた。

「16歳の時だったかな。高校一年の時始めて付き合った彼女がいて。クリスマスの一週間くらい前に、そんなにお金もなかったんだけど、はじめての、できた彼女に、プレゼントを買おうと。でも、なにをあげていいかわからなくて。彼女がいつも、チェック柄のマフラーをしてて、バーバリーという、メーカー、じゃなくて、ブランドが好きで、バーバリーもどきな柄のマフラーをいつもしてて。

そうか、バーバリーはいいかもな、と一人で、制服着て百貨店に行きまして。そんなかでもリーズナブルなのないかなと見てたら、とってもその、いい感じの、バーバリーの柄が入ったペンダントというか、ネックレスがあって。15000から18000円くらいしたのかな。それをね、お金ないもんだから、そん時払えないもんだから、まだ一週間あるから、郵送にしてもらって、さあそこまでなんか日雇いでもやって、お金を稼がなければいけない!と。

その日までに、ちょっとこれはプレゼント予約してしまったから、5日後くらいには来る、という、緊張感の中、日雇いのバイト探して、なんとかなるや、と見つけて意気揚々と帰ってきた、その日に、フラれましたね!

ちょっと、合わない、みたいなね。僕らの頃は、悲しい性で、メールで連絡が来ましてね。まだLINEはなかったけども。別れましょう、という長文が来て。

もうガクーッと、引き止める、余力もないというか、傷ついちゃって。でも、プレゼントなんとかしないといけないから、次の日、また百貨店に行ってね。前の日は、彼女がこのブランドが好きで、と、女の、10個くらい上の店員さんに、どんなのがいいですかねぇ、なんて相談して、すごく楽しそうに、彼女、絶対喜びますよ! なんて言ってたのが、次の日、暗い顔して、げっそりして、昨日の予約したネックレスなんですけど、ちょっとキャンセルできますか?って言ったら、お姉さんも、なんにも聞かなかったね!あれが大人だな、と思いましたね。

なんか、そんな思い出が、ありますね。苦かったけど。そん時にね、はじめて、佐藤少年は、歌を書きましたね。ひとり、クリスマスに、部屋の中で。それが最初の、僕の作品になったんですけど。失恋から、心の傷から、創作人生がはじまったような気がしますけど。

そん時に書いたのが、今年の佐藤くんのライブでも歌いましたけど、「ねぇ」という曲ですね。なんかこう、苦い思い出。普通、時が経つと、人は楽しいことを残していくけど、なんか、そういうのは覚えているよね。

苦い思い出だったな」

とてもいいエピソードだ。
クリスマスの度に、思い出しそう。
創作の根本にあるのは、心の傷。
ほろ苦い思い出。

そして、宮崎でのライブについてのメールが紹介された。

「宮崎でのライブ、おつかれ様でした。最初から最後まで感動しぱなしでした。特に、友に捧げる挽歌を歌ってくださった時は、鳥肌ものでした。母も、すごかったねぇ、と感動していました。終演後のサイン会で、僕のラジオネーム、本名、顔まで覚えていてもらってて嬉しかったです。握手した時、僕手汗いっぱいですみませんでした。Takuyaさんとお話しできてとても嬉しかったです。また、宮崎に来てください」

ラジオネーム、100情熱 さんから。

2019年も、ライブたくさん決まってる。

年明け一発目
1/3 岐阜 ラスパ御岳 で 2ステージ
11:30-12:00
14:30-15:00
岐阜県 可児郡 御岳で。

正月サンガニチで歌うのははじめてという。

1/20 和歌山 Takuya Nagabuchi サンキューアコースティックライヴ 2019
田辺市のバウンド にて
Open 17:00
Start 18:00

2/10 伊勢
TAKUYA Nagbuchi ライブ ジャパンスタンダップ
三重県 伊勢市 フォークフォークにて
Open 16:00
Start 17:00

「この日は、すごい、凝ったこと、センターステージ、やるかも」という。

年明けからもガンガンと、やっていくTakuya Nagabuchi。

もう一通メール紹介。

「Takuyaさん、いつも楽しくラジオ聴いてます。キーボードゆりさん、ベースとくさんでの、雨の嵐山が流れてた時、2015年5月の京都ボックスホールで聴いた時と同じように、おー!と感激し、そしてTakuya NagbucuiのI’m a super star、のどなりのゆりさんのセクシーボイス。あれはゆりさんファンにとってはたまらないでしょうね。私もキャーとメロメロになったひとりです。早いもので12月になりますね。師走で、暦の通りあっという間に過ぎるでしょうね。23日には千葉ライブがあるということで、だんだん寒くなってきてますので、お身体にお気をつけて、千葉ライブ頑張ってくださいね。」

ラジオネーム なすがままさん

なす、の部分をオナースー!のハイトーンボイスでかます!

続いて、リクエストメール。

「Takuyaさんこんにちは。このメールが読まれるころには、早いかな? 遅いかな? メリークリスマス! そして、番組ご苦労様でした。毎週楽しみにして、聴いていましたよ。みなさんの剛 愛、Takuya 愛 感じられる、温かい番組でした。楽しみがなくなるのは寂しいですが、またライブたくさんしてくださいね。リクエストですが、この季節だからこそ、「俺たちの心にジングルベル」お願いします。過去二回メールを読んでもらって、テンション上がったので、もう一度テンションあげさせてください!」

淡路島のやっつんさんから。

終わりの感じがしてきて、こみあげるものがあると、Takuya Nagabuchi。

今日も、エピフォンのFT45を使い、弾き語り。

長渕剛 数少ないクリスマスソング

「俺たちの心にジングルベル」

昔々その昔
俺たちにゃ サンタクロースがいた
降り積もる雪の中
赤い靴をはき でっかい袋さげて

メリメリメリクリスマス君のために
メリメリメリクリスマス ブリキのおもちゃ

夢にまでみたゼンマイ仕掛けの蒸気機関車
俺の枕元にそっと置いてってくれた

トナカイにまたがり
走ってやってくる
はるか遠い
北の国から

吹雪を蹴散らし
走ってやってくる

昔昔その昔
俺たちにゃ
サンタクロースがいた

降り積もる雪の中
明日俺は赤い靴を買いに行こう

街に灯りが灯った
子供達は
歌を歌った
どうかどうか 私の明日に
サンタクロースが来ますように

メリメリメリクリスマス 叶えてやろう
メリメリメリクリスマス あの時のように
優しさだったら小さな嘘でもいいじゃないか
せめてささやかなともしびが消えないように

トナカイにまたがりはしり続けるんだ
はるか知らない遠い国まで
吹雪を蹴散らし 走り続けるんだ

星降る夜空にジングルベル
雪降る夜空にジングルベル
待ち遠しい俺たちの 明日の

心にならせ
ジングルベル
心にならせ
ジングルベル

メリメリメリメリメリメリクリスマス フォーユー
メリメリメリメリメリメリクリスマス フォーユー
メリメリメリメリメリメリクリスマス フォー ユー
メリメリメリメリメリメリ クリスマス フォー ユー
メリメリメリメリメリメリ クリスマスフォー ユー
メリメリメリメリメリメリ クリスマス フォー ユー

(ジングルベルのメロディをブルースハープで)

メリークリスマス!

アルバム、SAMURAIに入ってる曲。
男の哀愁漂う、骨太なクリスマスブルース!

ちなみに冒頭の曲は、長渕剛と親交のあった、山梨鐐平さん作詞作曲の、ノエル、という曲とのこと。

昔、長渕くんと藤岡くんという番組があり、藤岡くんというのは藤岡藤巻の藤岡さんで、この歌を長渕剛がそこでこの曲を弾き語りしていたとか。昔は、山ちゃんのクリスマス ソングと呼ばれていた。

その、山梨鐐平さんと、藤岡藤巻の藤岡、板垣秀雄でDOという 三人組をやっていたという。

夏の恋人だったりで一緒に作曲をしたり、ドラマRUNにでていたのが、山梨鐐平さん。

苦いクリスマスの思い出を話すので説明を忘れていたそうだ。

今日のエンディングは、アルバム ヘビーゲージより、僕だけのメリークリスマス

もう、メッセージは受け付けていない!
なにかあれば、info@takuyaNagabuchi.comまで!

来週はいよいよ、最終回!

しめくくりだ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です