オクトパストラベラー 大陸の覇者の先行体験版の抽選に当選。当選のコツについて。

ええ!当選したんですか私。

熱い思いを送ってよかった。

 

このゲーム最高なんですよ。

このゲームやるためにswitchを購入したくらいで、巷でも評価は高いです。

予約して買わなかった私は、杉並区のゲームショップを駆け回ることになるくらいに初回の売れ行きも良く

良かった時代のRPGが帰ってきたという印象です。

 

今回私が当選したのは、そのゲームのソシャゲ版ということで、

話題性もありつつ、ソシャゲかよっていう賛否両論がある。

ただ、どんなもんか気になるじゃないですか。

体験版に申し込んだの初めてだったので、

ゲームの感想を書いてくださいっていう項目があったんですが、

長文書きましたよ。そりゃもうありがとうって気持ちをしたためました。

体験版に当選するためには感想を長文で書くこと以外ありえますか?

友達も一緒に申し込んだのですが、

抽選に漏れていたので、

やはり愛が深くそれを文にこめることが大切だったわけですね。

当選するには感想にすべてを。

 

早速インストールして、

やったるでということで、

開いたところ、この画面ですわ。

我慢して、明日を待ちたいと思います。

引き続きオクトパストラベラーについて書いていきたいと思います。

 

えなこ1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』もうすぐ発売!発売日はえなこの日!!

先日ついに写真集のコスプレ衣装が全部公開されました!!

以下公式ツイッターより

すごい・・・すごすぎるよ。。。

どうしてこの作品とキャラクターのコスチュームになったか知りたいですね

えなこりんのために桂先生が描きおろしたコスチュームも可愛すぎる・・・!!!

☆ 3月28日はえなこの日

写真集の発売日にはカウントダウンイベントからはじまり
まだ公式サイトや本人からの告知はありませんがヤングジャンプの表紙グラビア
ダウンタウンDXSPに出演からの
ライブミー。。。
一日中えなこりん!!!

ヤングジャンプにはいくつか店舗限定のブロマイドがある模様
これは近場でコンプするのは難しいかもしれない。。。

ダウンタウンDXには桂先生描き下ろしの衣装で出演するようです!!

可愛いぜ・・・!!

ライブミーではイベントとか写真集のお話聞けるのかな?

カウントダウンイベントには私も参加させていただきます!!
夜更かし辛いけど、めでたい日だから盛り上げていくぞッ!!

☆ 週末にはソフマップのイベント 4月には北海道のアニメイトでも!!

3月30日にはソフマップでイベント!!

こちらはまだイベント参加券購入できるようです

10冊購入特典が熱すぎる…!!

なんで仕事なんだ。。。

可能であれば3部とも10冊買いたかったZ!!

参加される方は楽しんでください!!

版権作品の史上初コスプレ写真集・・・

直接えなこりんに会って発売おめでとうを伝えたい

だけど地方のファンは東京のイベントに参加することが難しい人もいるはず

そんな方に朗報がッ!!

北海道のアニメイトで写真集発売記念のイベントが!!

北海道だけなのか・・・他の地方のアニメイトでも開催されるのか・・・
今の所定かではありませんが

CDリリイベも地方まわってたし

きっと写真集が売れれば売れるほど・・・w

いよいよ発売される
えなこ1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』

えなこりんはもちろん、写真集に関わった全ての方への感謝の気持ちを忘れずに!

手にとるのが楽しみだ・・・!!!

 

コスプレイヤーえなこを推して幸せになろうよ~③ えなこの○○ラジオ編~

魁!!えなこ塾へようこそ

C94落ちの若輩者ですが・・・
皆さんの熱いエールを受けて(?)、またブログ更新しようと思います!
新たなファン層の獲得とライト層をコア層へ・・・!

が目標です!!

今回は、えなこりんの【えなこの〇〇ラジオ】の紹介です

☆ コスプレイヤーえなこ冠ラジオ

えなこりんがラジオやってるの知ってました?
私はコミケのアニメイトブースでCDを見つけたのがきっかけで知りました(汗

http://www.joqr.co.jp/enako/

文化放送インターネットラジオの【超!A&G+】で
毎週日曜日15:00~15:30 放送中

えなこりんの事をもっと皆さんに知ってもらいつつ
聞いてくれる方と楽しい時間を過ごしていく番組!
がモットーのラジオ

アシスタントは学園祭学園のボーカルだったり
なんかいろいろやっている青木佑磨さん

A&Gのラジオ全然聞いてなかったから知らなかった。。。
DearBoyなので神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜がやっていた頃は聞いてたけど・・・

スマホでリアルタイム視聴する場合は、専用のアプリのインストールが必要です

動画ストリーミングラジオなので、可愛いえなこりんを毎週見れます!
ストリーミングなので画質がアレですが・・・

自分はPCで見ることが多いですが
放送中に#aggr #えなラジ でツイートすると画面横に流れてきます

番組の最後は○○の空欄に、えなこりんが放送を振り返ってサブタイトルをつけるよ!

番組放送後は、二人の感想とお写真が投稿されるので要チェックや!

☆ キミはAG-ON Premiumを知っているか?

見逃しても安心してください!
AG-ON Premium(エジオンプレミアム)に会員登録すれば
最新の配信が翌月曜日から1週間視聴可能!!
プレミアムなのに、登録と使用料は無料ッ!!!
高画質で1週間いつでも可愛いえなこりんが見れます!!!

「アニメイト○○ランキング」
のコーナーは事実上スクショタイムなので
ぜひエジオンプレミアムの高画質で視聴してみてください!!

えなラジAG-ON P
https://agonp.jp/programs/view/86

いい時代になったものだ

もっと過去の配信分も見たい
初期のえなこりんと青木さんの微妙な距離感とか・・・
せっかくの動画配信なんだからBDBOXとかで発売してほしい願望あります

☆ 番組の公式ツイッターとアシスタントの青木佑磨さんもフォローしよう

えなラジの公式アカウントもあります
重要なお知らせとかもあるのでフォローしましょう!

あとはアシスタントの青木佑磨さん!
もうこの人がいないと番組成り立たないでしょう!
最近アトミックモンキー所属だと知りました
とてもキャッチーなネーミングで
個人的には男性声優の関智一さんと杉田智和さんのイメージが強かったけど
そこに青木佑磨さんも付け加えときます!

テーマソングも最高ですよー!!

えなこりん歌声も可愛いぜ。。。

早くセカンドシングルお願いしますね☆

☆ まとめ

えなこりんのことがもっともっと好きになるラジオ
リアルタイムで視聴してツイートで盛り上げるもよし!
アーカイブで何度でも繰り返し見るのもよし!
メールを送ってみるのもよし!
えなラジを聴いて1週間を乗り切るための勢いをつけよう!!
アシスタントの青木佑磨さんもドンドン好きになっていく罠

☆ 重要 1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』発売 ソフマップイベントも!!

3月28日に集英社様より
1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』
発売されます!!!

最新情報をもれなくゲットするために
写真集のツイッター公式アカウントのフォロー忘れずに!!
どんどん情報解禁されている
次の発表で参戦キャラ出揃うかな?

ラムちゃん可愛すぎー!!!

ソフマップのイベントもありますよ!!

繁忙期で仕事なければ3部とも10冊買う勢いだったのに。。。
悔しくて血の涙が流れそうだよ。。。

まだチケットは販売しているみたいなので
興味のある方、たまたま予定の空いている方は是非参加してください!!!
私の分も盛り上げてください!!!!

今回はイベント参加できなくても
集英社様プロデュースのBIGなお仕事・・・
もしかしたら東京以外の場所でもイベントあるかも・・・??

とにかく写真集の発売が待ち遠しい!!!!!!

 

かわいげのあるクソジジイが調子よく歌いながらコカイン運ぶ。 運び屋/ The Mule をみてきたぞ! その感想。

じいさんになった俳優たちは、じいさんの生き様を描いた映画に出る。

ハリーディーンスタントンの、LUCKYなんて、最高のじいさん映画だった。

最新のじいさん映画、運び屋のじいさんの映画だとか。

運び屋と言っても、クロネコヤマトや佐川急便みたいなやつではないらしい。

むむむ、なんと、コカインの運び屋だとか。

しかも、あのクリントイーストウッドの監督・主演作だ。

それは観なければと思い、

よっこらへっこらほっこらへいと、見てきた。

◆ スタッフ 基本的な情報

監督と主演がクリント・イーストウッド。ニューヨークタイムズの記事に基づいた脚本をグラン・トリノの脚本も手がけたニック・シェンクが担当。クリント・イーストウッドに加えて、ブラッドリー・クーパー、マイケル・ペーニャ、ローレンス・フィッシュボーン、アリソン・イーストウッド、アンディ・ガルシア、クリフトン・コリンズJr、イグナシオ・セリッチオらが出演。

グラン・トリノ以来の、本格的なクリント・イーストウッドの監督&主演作。また、アメリカンスナイパー(2015)、ハドソン河の奇跡(2016)、15時17分、パリ行き(2018)、に続いて、クリントイーストウッドによる実話をベースにした映画シリーズとしては、今作で4作連続となる。

これまで18年間ずっとイーストウッド映画の撮影監督を務めてきたトム・スターンは今回外れ、今作の撮影監督を務めたのは、イヴ・べランジェ。ブルックリン(2016)、ダラスバイヤーズクラブ(2014)、雨の日は会えない晴れた日は君を想う(2017)などの見応えある作品でも撮影監督を務めている。

◆ あらすじ

イーストウッド演じる園芸家のアールじいさん。バリバリ働き、花の賞とかもらったりして、2005年くらいまでの時点では、調子よくやっていた。そっから12年。ネット販売などの時代についていけず、事業は破産。畑は差押えられ、オンボロトラックに家財のせて、みじめな有様。しかし、老人で、いままで違反食らったことなくて、運転の腕は確かで、というポテンシャルはコカインの運び屋として最適だ!と、孫の結婚式で出会った男に運び屋としてスカウトされ、運び屋稼業にインするほぼ90歳のアールじいさん。運び屋として、ふたたび調子よく人生を謳歌しはじめる。しかし、妻の容態が悪化する中、アールじいさんは、自分の人生と向き合い、ある決断をくだす・・・。

◆メキシコカルテル、ドラッグディールもの

「ブレイキング・バッド」のヒット以降、メキシコカルテルを描いた、ドラッグディールものジャンルの作品は数多く作られ続けている。 ボーダーライン(2016)や悪の法則(2013)といったメキシコカルテルのハンパない恐ろしさを前面に打ち出した印象的な作品がある一方で、今作「運び屋」は、どちらかというと牧歌的だ。ブラックコメディの色合いが強い。

メキシコカルテルのコカインの運び屋という、下手こいたら親族まるごと消されかねないハイリスクな仕事を、90間近のアールじいさんは飄々とこなす。たぶん、ブレイキングバッドも、最近のメキシコカルテルものの映画も観てないんだろう、アールじいさん自身は。

◆ 運び屋の車

アールじいさんの愛車はオンボロの経年劣化激しいFord F 100。オンボロであるということはハードでタフなワークに長年耐え抜いた証。まさにアールじいさんそのものを体現している。全米各地に花を届け旅した、相棒とも言える車だ。

しかし、運び屋を数回こなし、たんまりキャッシュが手に入ると、オンボロは放り出し、ギラギラ黒光りするリンカーンマークLTへと衣替え! 車のギラギラ具合に応じるかのように、コカインを届ける道すがら寄り道をし、うまいポークサンドを堪能したり若く美しい女を抱き、人生をエンジョイしまくるアールじいさん。明らかに調子に乗る。

やってることはダークで完全にアウトな犯罪なのだが、アールじいさんが気持ちよさそうに鼻歌歌いながらロードトリップを楽しみ人生を謳歌する有様は、なんだか微笑ましく、思わずこっちも笑顔になる。

◆ 相手が油断する、人たらしなじいさん

劇中の強面キャラクターたちも、アールじいさんに懐柔されてしまう。メキシコカルテルのやつらも、最初はアールじいさんに対して「仕事なめんなよ、下手こいたらぶっ殺すぞ」くらいな気迫だったが、やがて、「よぉじいさん調子はどうだい!寄り道しても、逆にサツに疑われなくていいね、どんどんやってよ!」とか言い出す。

人たらしの老人、優良ドライバー。それは、絶対に足がつかない、最強の運び屋。

人たらしなだけではなく、いざ警察に車を止められたというような時のテクニックも巧みだ。

ハンドクリーム塗って麻薬犬をなでまわし、嗅ぎつけられるのを防ぐとか、警察官にいつもご苦労さんです、感謝の気持ちです、とピーナッツ缶をプレゼントするとか。

軽やかに要領よく、コカイン運び屋やっちゃうわけだ。

◆車の中で口ずさむ歌。

軽やかにドライブして、気持ちよさそうに歌を口ずさむアールじいさん。Spiral StarecaseのMore today than yesterday、ウィリーネルソンのOn the Road againといった曲が印象的だ。

まるでお風呂場で口ずさまれた歌のように、車の中に響き渡る悦に入ったアールじいさんの歌声。

ずーっとこうやって、無事故で、花を届けて全米まわってたんだろうな。労働の中にある、こういう自由を感じられる瞬間、愛おしい。

◆ かわいげのあるクソジジイ。

インターネットとか携帯電話とかを嫌悪して、使い方よくわかってないアールじいさん。 携帯電話渡されても、テキストメールの打ち方がわからない。頼れるものは己の腕とアナログなツールだ。

コカイン運んでる途中、タイヤパンクして困ってる黒人家族を発見。電波なくてスマホつながらなくて治し方ググれないよー、って困ってた。そこで、アールじいさんが人肌脱いで助ける。基本的にいい人。

しかしそこで「ニグロを助けてるぜ」とか平気で言っちゃう。 その、堂々と差別的ワードつかう感じ。悪気はないけど、荒い言葉づかいする、新しい世代の価値観に迎合するつもりはないぜ、というクソジジイスタイルをかます。

でも、クソジジイなんだけど、やっぱり悪気はないから、可愛げ要素もある。かわいげのあるクソジジイを体現する、クリントイーストウッドの新境地なのだ。

◆ブラック企業

運び屋としてコカインを運ぶことはしっかりやりつつも、その道中で結構好きにやってエンジョイしてるアールじいさん。そんなアールじいさんの勤労態度に、「なめやがって!俺の言うことを聞かせてやる!」と労働態度を厳しくあらためさせようとする感じの奴が出てくる。

麻薬カルテルの、運び屋労働管理。成果を上げているのだから好きなようにやらせておけばよかったものを、うるさく口を出し、いらぬトラブルが生じたりする。

それで結果的に、自分らの組織も不利益につながっちゃうのだから、ボス面気取りたいエゴのくだらなさといったらない。

管理する立場の人間は、その権力で下をひれ伏せさせることができるわけだが、いかにそれを感じさせず、自由度を保って働かせて、成果を出してもらうかが大事なわけで。

そういう意味では、麻薬捜査官のブラッドリークーパーの上司役の、ローレンスフィッシュバーンは理想的だった。煩く言わず、大事なとこだけおさえて、あとは、よし、やってみろ、責任は俺が取る、と背中を押す。地味な役どころだが、味わい深い存在感を醸し出している。理想の上司像。

◆男たち

今作、ちょい役で味わい深い名優がたくさん出ている。ブラッドリークーパー、ローレンスフィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、そしてアンディ・ガルシア。

それらの名優を、さりげなく、なんでもないような感じで使うのが、イーストウッド御大のなせる技。豪華な名優の、抑制の効いた、それでいてしっかり味わいのある演出は、ぱっと見普通のアメリカのハンバーガーだが、食ってみると、なんだか品がよくて、隅々までこだわりが行き届いているというような感じに、今作を仕立てあげている。

イーストウッド監督作って、パッとサッと作られているようなんだけど、なんか重厚で、品格があるんだよな。

ブラッドリークーパーとイーストウッドの師弟関係を思わせる2ショットもグッときた。ブラッドリークーパーのイーストウッドをみる眼差しが熱い!

◆仕事のかげでないがしろにしていたもの

バレずに軽快に仕事をこなしていっていたアールだった。

しかし、妻の危篤。仕事か、家族か。いままでないがしろにしてきた家族。仕事を取るか、家庭を取るか。その問いにあらためて究極的に向き合わされる。

終盤は、イーストウッド自身の、自分の実人生でしてきたことに対しての懺悔みたくなってた。ある意味、イーストウッドの人生、その中での感じたことを、90歳で運び屋やった男の物語を通して語った作品、にも思える。

まだまだ女も抱くぜ、うまいもん食いたいぜ、でも、そんなのより、家族なんだよな! 一緒に時間を過ごしたいと思っても、失われた時間は、金では買えないってね。

金でなんでも買えたが、時間だけは買えなかった。時間。家族と過ごせばよかった時間。
外での名声、人気、そんなものよりも、っていうね。

人生、最後に残るものはなんなのか、なにを残したいのか。そんなことを考えた。

◆有罪

最後、「私は有罪である」といさぎよく認め、粛々と刑に服するアールじいさん。国の司法への信頼、それに従うよ、という考え。潔い。

最後の歌。老いを受け入れるな(Don let the old man in )、と歌われる。

グラントリノのラストとは対照的に、そこからまた人生は続いていく、というようなエンディング。

◆ で、どうなのかこの映画

人たらしな、かわいげのあるクソジジイが調子よくコカイン運ぶ、ブラックユーモアあふれるロードムービーであり、仕事に人生捧げた男の反省文じみたラストがイーストウッドの実人生と重なりドキュメント感もある作品。アールじいさん、服役中も上手くやって人生エンジョイしそうだし、 今作を経てのイーストウッドの次回作も、楽しみである。

3月も終わっていく、平成も終わっていく。クスリでもキメなきゃやってられない夜も、映画があるからやっていける。

あぁ、グッドライフを送りたい。

 

生放送の翌週、101回目の放送でメール紹介。星野みちるの冠ラジオ「今夜も最高か!」2019年3/18の放送を聴いた。

星野みちるの「今夜も最高か!」はbayFMモザイクナイトという番組内での30分番組。
月曜の深夜27時(火曜の3時)というディープな深夜枠のラジオ番組だ。radikoのタイムフリーを使えばディープな時間の番組もイージーリスニング

「ちゅるんてぃーす 千葉県出身のシンガーソングライター、で、よいレコード会社社長の、星野みちるです! よよいーのに!独立!」

と冒頭からいつものユニークあいさつ。

先週は、生放送で、朝まで放送。

「しびれました」という星野みちる。

あらためて、深夜いつもDJしている人はすごい、と思ったという。1日だけ夜中から朝まで出ただけで、体内時計が狂ってしまう。

先週の生放送の次の日は昼から仕事があり、2、3時間だけ寝てから行ったとのことで、大変だったとのこと。

収録のときはゆったりしゃべっていられるが、「生放送は時計をみなければいけないし、メールの漢字が読めるかも不安、リアルタイムでのツイッターでのコメントにも意識をむけなければならない」と苦労を語るみちる。

結局この日は大事なストップウォッチも忘れていたとか。

星野みちるの番組が100回目までつづくとは。

このまま、何事もなければ、4年目を迎えるはずだった..

オープニングナンバー NEWシングル「逆光」に入っている曲、「ガンバレ」。

シンプルでそぎ落とされたアレンジだからよりはっきりと伝わる星野みちるの歌声の肌理。

ひとり多重録音アカペラが成り立つのは、やはりそのよい声ゆえだ。


星野みちるは最初からずっと最高だったことがわかる。

今回の放送は101回目。

先週の生放送で読みきれなかったメールの紹介。

モンローあらためモンローぽこまる(JK2)さんから。

「今夜も最高か放送100回おめでとうございます。なんやかんやで私はみちるさんと気があうんじゃないかと思っております。いつか、みちるさんの楽曲のピアノ譜のプレゼント、おねがいしやーす」

といったような内容。

いま、絶賛コード譜勉強中だという星野みちる。ピアノ譜はずっと使ってて弾けるが、コードの名前はまだよくわからず。いま、コードを覚える練習しており、すごく大変、という。

なぜコードを覚える必要があるかというと、これから、ピアノ、チェロ、ギターと一緒にライブなどやる機会が増えると、コードを共通言語としてコミュニケーションとらないといけないため。いままできまぐれにピアノで弾いていたが、これからはそうはいかぬ。

楽譜を他人に書いてもらったりするのは、すごくお金がかかる。だから、自分で必死にやっているという星野みちる。「楽譜のプレゼントはしません!」と断言。

モンローさんはJKであり、以前、メールくれてて、vivid soundに入って歌をやりたいと言っていた人だが、いまは吉本新喜劇にはいろうとしているとか。

次に、ラジオネーム、「シュタイナー」さんから。

「新しいレーベルを立ち上げ、多忙と思いますが、お元気ですか。新シングルで違った雰囲気になってましたが、ラジオではいつものみちるさんで安心しました。 もし機会があれば、インストアライブにでもいきます。
ちゅるりんぱ!」

といったような内容。

最近、インストアライブをやりまくってる星野みちる今回の逆光のジャケット写真は。いままでとちがった雰囲気だが、しかし、あの格好でライブをするわけではない。ライブでは、いままで通りのみちる。

次、ラジオネーム「ハープ」さんから

「いつもゆる楽しい放送ありがとうございます。弾き語りのインストアにもお邪魔し、CDも買い、毎日ヘビロテできいてます。逆光は、みちるさんのピアノに、吉良都さんのチェロの組み合わせが本当にすばらしく、カップリングの3曲もそれぞれ趣が違い、サリー久保田さんのベースに山口ともさんのパーカッションとシンプルな構成なのに、表現豊かで味わいのある聞き応えが心地よいです。新録音の「ガンバレ」はアカペラ多重録音で、山下達郎さんの名盤の女性版みたいで素敵です」

「ガンバレ」は、ひとりで4声で録音。
ひとりで山下達郎だ!と奮い立たせながら録音に臨んだという。

次、ラジオネーム「がんばれひろし」さんから

「みちる師匠、社長になられたからには、お付き合いで夜の街に繰り出す機会も増えるとおもいます。これからは業界の付き合いでホストクラブデビューも間近な社長は、ホストクラブでどんな遊びをしてみたいですか?」

まだホストクラブに行ったことないが
「行ってみたい」ともう10年くらい言っているというみちる?

次、ラジオネーム「三橋のマイケル」さんから

「みちるが生放送なのにおならを連発して、勢い余って実がでてしまった放送がやばかったです。」

「なんの話でしょうか。先週から、一週間たって、時差で読むとやばい。そんな放送は、ありませんでした。」とコメントするみちる。

「MCが苦手なDJって最高か」

と締めくくられた。

今後のみちるライブ

インストア タワレコ新宿 3/29 21:00から
インストア タワレコ渋谷 3/30 16:00から

そして、4/27 逆光 リリースパーティ
代官山 晴れたら空に豆まいて にて。
最初から最後までピアノ弾いてばりばり演奏する、という。

クロージングナンバー、「逆光」

曇り空の鬱屈した春の日にじんわり染み入る曲だ。

次の放送は必聴だ!

 

放送100回目記念の生放送。いかにヤーバーな企画があったか振り返る。星野みちるの冠ラジオ「今夜も最高か!」2019年3/11の放送を聴いた。

星野みちるの「今夜も最高か!」はbayFMモザイクナイトという番組内での30分番組。
月曜の深夜27時(火曜の3時)というディープな深夜枠のラジオ番組だ。radikoのタイムフリーを使えば、ディープな時間の番組もイージーリスニング。

星野みちるの今夜も最高か、放送100回記念、「ミニキーボードくんと宴」とはじまった。

BGMのない静寂の中、ミニキーボードくんと星野みちる、一人二役でのやりとりがはじまった。

みちる「ミニキーボードくん、星野みちるの今夜も最高か、放送100回目なんだって」

ミニキー「おめでとう」

ミニキーボードから鈍いファンファーレのような音色の音が繰り出される。

「以上、100回目を記念した、ミニキーボードくんの宴でした!」

そして、静寂を切り裂くように「ちゅるんてぃーす 千葉県出身のシンガーソングライター、で、よいレコード会社社長の、星野みちるです! よよいー!独立!」

と、レーベル設立でちょっとアップデートされた独特の自己紹介がかまされた。

生放送での「ちゅるんてぃーっす!」にテンションあがる。

トラブルにまきこまれながらも、放送100回目となったこのラジオ番組。

「わーい」
「ぐりぐりどん」
「セフレ」
「そんなつもりじゃなかったのに」
「ちゅるりんぱ」
「ディルド!」
「どてまん!」
「ブクブクしてる」
「うへへへ」
「るんるんるん」
「やめてくれよ」
「星野みちるだにょん」
「ちんたまちゃん」
「すごいですねぇ」
「もう助けてよー」
「エロエロエッサイム」

と、100回の歴史のなかで蓄積された様々なポン出しがオールスターのごとく一気に放出された。

これらを聞いて、

「すごいことを言っていた。お母さんごめんなさい。」

と100回の歴史を振り返る星野みちる。

「ちんたまちゃん」「セフレ」
と再度、インパクトのあるポン出しがかまされる。

どういった文脈での発言なのか気になるところだ。

星野みちるの番組が1年以上続くこと自体がギネス級らしく、「100回目を迎えたのでさらにギネス更新です。万歳!」とよろこぶ星野みちる。

「さすが、私もスタッフさんもみんなノーギャラでやってる番組は強いですよね」
と100回まで継続した秘訣が明らかにされた。

星野みちるのお家騒動のとばっちりを受けながらも、今日まで持ちこたえたこの番組。

いまラジオ業界を賑わせている、

#このラジオがやばい

作戦に、この「今夜も最高か!」も乗っかりたい、ということで

リスナーに、100回の放送を振り返り「やばかったと思うこと」を募集。

オープニングナンバーは、最新シングル逆光より「ロックンロールアップルパイ」

アップルといえばビートルズ!な連想からのメロディと歌詞とアレンジが気が利いており、ピアノ主体の60sなロックナンバー星野みちるのいい声との親和性に気づかされる良い曲。 「妄想のPM3時 ロックンロールアップルパイ」という歌詞が良い。

そして、リスナーから寄せられた、いままでの放送での「やばかった」事例の紹介に雪崩れ込んだ。

まずは、 ラジオネーム「やすっち」さんから。

「どんぐり社長さんこんばんは。今夜は100回目という記念の日に立ち会えるなんて幸せです。社長、あれ見ましたよ。新形成バスと千葉内陸バスを。さすがに車運転中だったので写真に収めることはできませんでした。今夜も最高か、は4月以降も続きますよね?」

といった内容。

「バスマスク」という、バスのフロントのところにはるものが、星野みちるの新シングルのポスターのデザインで作られ、千葉のバスに貼られているという。

それをみた星野みちる兄がみちる母に「みちるはなにをやっているの?」とLINE。みちる兄はみちるにあまり興味がないらしく、なにをやっているか知らず、仕事中の運転の時に信号待ちの車のバスにみちるのバスマスクが貼っているのを見つけ「みちるはいま頭がもじゃもじゃなのか」と驚いていたそうだ。

みちる「この番組は4月以降もつづきますかね」

(スタッフ「終わるでしょう」)

みちる「ちょっとちょっと! 続きたいな」

とやりとり。

どうにか続いて欲しいものです!

次に、ラジオネーム「松戸のカフェ」さんから。

「みちるさん、番組100回目、おめでとうございます。私がみちるさんを知ったのは
ラジオ番組、ちるちる通信(他局)です。番組がはじまってから一ヶ月後、たまたまラジオをつけたら聞こえてきました。それから番組を毎週きくことはもとより、ライブも聴きにいきました。eggmanとか。今後も応援しますのでよろしくお願いします。」

昔は、30分の番組で、メールを読んだり、世間話したり、ピアノを持ち込んで、すきな曲を毎回弾き語りする番組をやっていたが、1年できれいに終わったという。

いまこの番組が続いてるのは奇跡的。

奇跡に感謝。

次は、ラジオネーム「五郎」さんから、

「みちるさんちゅるんてぃーっす。激ヤバ企画といえば、やはりミニキーボードくんの企画です。どうしても時間の無駄のような気がします。あと、今夜も最高か、ではありませんが、中村あいさんの番組のときの企画、温水洗浄便座調査隊で、夜中でどこかのトイレに行って「ぶくぶくしてる」って言ってたやつですね。」

温水洗浄便座調査隊!
そんな企画があったのか。

ぜひまたやってほしい。

「いろんなところで洗ってきましたけど、外の大きいトイレは本当にこわかった」
と企画を振り返る星野みちる。

虫が嫌いなので、蛙がトイレにいたときは、ちょっとかなりいやだったという。

次、ラジオネーム「孤独な散歩者」さん。

「近所のパン屋の姉ちゃんのレポートはやばかったです。昼間にパン屋に通っていたらニートだと思われたみちる社長。でもそのおかげで、ニートこけしというキャラクターが登場したのだから、よよいー。いまやニートから社長。人生、捨てたもんではないですね。あのときのレポ、また聴きたいです。」

と行った内容。

その近所のパン屋、いまでも行くというみちる。
そこの、ラスクと、ピーナッツコッペパンがすきだという。
ピーナッツ天国な千葉の名品。ピーナッツコッペパン。

続いて、ラジオネーム あいのうらの鬼才さんから、

「この企画やばかった、それは、ミニキーボードの自己紹介です。夜中3時に、辛すぎます。40歳を超えた私のゆるんだ涙腺に刺激が加わり、涙がとまりませんでした。楽しくもあり、悲しくもあり、複雑な気持ちでした。来週からは春なので、パーっと明るい企画で行きましょう!」

これはどうやら、また新しい企画を考えなければいけない星野みちる。

次、ラジオネーム「ハープ」さん、

「みちるさんの放送でやばかったのは、2年前の6月に放送された、西恵梨香さんゲストの回です。番組はじめから、みちるさんがボケ、恵梨香さんがツッコミで、漫才コンビなみのテンポよく会話が弾んでおり、ほんとにやばいくらいおもしろかったのを覚えています。みちるさんは、ライブだと、けっこう強気で客席にツッコミをいれたりしていますが、ラジオでゲストが一緒だと、絶妙のボケ役になりますよね。みちるさんは、いじるのと、いじられるの、どっちが好きですか?」

といった内容。

「いじるのといじられるの・・・もちろん、いじられるのが好きですよね」と、ドキりとする発言を繰り出すみちる。 深夜の脳に沁み入りますね。

西恵梨香ゲスト回は楽しかったようで、「恵梨香ちゃんが炸裂なトーク力を炸裂してました」とコメント。

次に、ラジオネーム「メガネ」さんから、

「いままでこの番組でやばくなかった放送ってあったんすか?」

という趣旨の内容。

最近、キーボードのせいでやばい回が多いが、「楽しいですよ」とみちる。

最後、ラジオネーム「シンボリトモエスト」さんから、

「みちるさんは元AKB48のメンバーだったということですが、本当なんですか。是非今度、私の大好きなタカミナのサインをもらってきてください。」

といった内容。

「AKBに一瞬いたけど、あんまり推されてなかったから、すぐ辞めた」というみちる。

やっぱり、ひとりで歌いたい、曲とかも歌いたい、ということで卒業を決めたという。

星野みちるの声、曲、は、AKBの中に埋もれてしまうにはあまりにももったいない!

感謝です。

とにかく、

#このラジオはやばい

をつけてツイートしてほしいとのこと。

星野みちる ライブのお知らせ

3/23, 3/24 福岡でインストアライブ
3/29 金曜 タワレコ新宿 19時からインストアライブ
3/30 土曜 タワレコ渋谷 16時からインストアライブ
4/27 逆光 リリースパーティ 12:30 START
晴れたら空に豆まいて にて

また、3/18 から、3週間、bayFMのミッドナイトパワープレイに、星野みちるの「逆光」が選ばれたという。

クロージングナンバーは、新シングルに入っている曲「ガンバレ」。

ストレートでシンプルで切実な、頑張れ、という言葉が沁みる歌詞、アカペラがベースの体温が伝わるようなアレンジ、星野みちるのいい声。ひとりの夜道でグッと深く刺さるいい曲だ。

ヤーバーなこのラジオ、今夜も最高か、次はどんな放送になるのか。

 

アリコンおすすめの映画を紹介。シネマサロンのことも。有村昆ゲスト回 後編 篠田麻里子の冠ラジオであり宇垣美里アナが助手を務めるラジオ「グッド・ライフ・ラボ」第24回目の放送を聴いた(3月12日)

「グッド・ライフ・ラボ」は毎週火曜21:30-22:00、TBSラジオで放送されている番組。2018年秋の改変での新番組である。

篠田麻里子が所長、助手の宇垣美里アナウンサー、所員の占い芸人がアポロン山崎といった体裁で、ゲストを呼んでその人のライフスタイルについて根掘り葉掘り聞いていく番組。radikoのタイムフリー機能をつかえば火曜に聴けなくてもいつでも快適リスニング。

「ここはよりよい暮らしを追求するgood life labo。人望熱き所長の麻里子。有能な助手の宇垣。占い上手の所員アポロンが日々研究に取り組んでいます。豊かな未来へ繋がるgood lifeを極めるために、今日も探求は続くのです」と、いい声のナレーターが番組の趣旨を説明。

◆篠田「そうなんです。昨日、49歳になりました。」

宇垣「お誕生日おめでとうございました!!!」

アポ「篠田さんの誕生日ね。知ってましたけど、急に言うから!」

宇垣「発作みたいになっちゃいましたね」

アポ「怒られるんじゃないかくらいの、そんなトーンで」

篠田「確かに、発作だったね!」

アポ「これは言わなければ!みたいな。」

篠田「そうなんです。昨日、49歳になりました。」

アポ「本当は何歳ですか?」

篠田「3歳です」

アポ「精神年齢が?」

宇垣「3歳だとしたら」

アポ「めちゃくちゃ大人な3歳ですよ」

篠田「いろんな経験をした3歳です。」

宇垣「酸いも甘いもね」

篠田「3、3でちょうど並ぶのでね。」

アポ「そういうことか」

篠田「そうですよ。厄年ですからね。」

アポ「あ、厄年気にしなくていいですよ。」

篠田「なんで?」

アポ「あれ、バレンタインデーがチョコの会社が売ったみたいな感じで、神社が、さんざんな人生33歳、死人がうまれる42歳、って、あれダジャレなんです。」

宇垣「え!そうなんですか?!」

アポ「本当に計算されたり、意図されたものではない、っていうあれがあって」

篠田「しかも神社によって、前厄です、後厄です、って、全然ずれるじゃん。私、前厄、2回、3回あって。いつまで前厄なんだよ!って」

アポ「うまいこといっぱい神社にこさせるための」

篠田「お祓いいっぱいいってますよ」

アポ「お祓いにいくのはいいことなんですけど、そこまで気にして、私厄年だから、って気にしちゃうと、悪いほう悪いほうにいっちゃうんで。そんな気にしなくていい。」

篠田「気持ちはね。なるほど。」

宇垣「今年しかも、いい1年だって、おっしゃってたじゃないですか。」

アポ「そうですよ!60年に一度の年なので、逆にいいことが多いんだと思います。」

篠田「今年一年いろいろありましたしね」

宇垣「ここからどんどん、もっともっとですよ」

ゲスト、有村昆、登場。

◆昆「そう、プラスのことしか訊いてこない。そうすると、プラスのことを見つけるようになるんですよ。」

昆「どうも、ありむらこんばんは。」

篠田「やさしいなぁ」

昆「お誕生日おめでとうございます。」

篠田「ありがとうございます!いつからそんな情報を」

そんなわけで、恒例のアポロン山崎のメイクアフォーチュンのコーナーへ

アポ「(占いに)先週の内容が盛りだくさんで入ってるんですよ。先週、楽しいことを仕事にってことを仰ってくれたんですけど、有村さんの性格って、太陽、っていう性格なんですよね。」

篠田「太陽っぽい。」

アポ「あの、水とか木とかあるんですけど、水って燃やしたら消えるじゃないですか。木って斧で切るじゃないですか。太陽って斧も水も届いたことないんですよ。なにがいいたいかというと、邪魔されずに好きなことをしていたら成功できるという星のうまれてるからうまくいっているという。しかも、先週お子さんの話もされてて、あの、お子さんも太陽って性格ひとつ持ってるんですよ。なので、楽しくほめてあげて、よろこばせてあげると、子供も成長できるっていう星を持ってるので、子どもがスポーツ好きならスポーツほめてあげる、映画の見方がおもしろい見方してたらそれを評価してあげるという、ほめてあげるよろこんでくれることを意識しながら育てるっていうのがまさしく向いてるお子さんの誕生日なんですこれ。」

昆「すごい、誕生日まで調べて頂いて」

アポ「言っていいですかね」

昆「はい、1月3日。」

アポ「しこもこの子、めちゃくちゃモテます。あの、男の子ですよね。やさしくて、賢い子ってモテるんですよ。」

宇垣「そりゃモテる。」

篠田「そりゃモテる。」

アポ「その両方を持ってるんですよ。」

昆「なんかいまおっしゃってた、ほめて伸ばす、これまさにうちの父親母親が僕にずっとやっていたことで。とにかくそれで、やりたいことやろうと。」

アポ「まさに太陽として育ててもらってますよ。いつも、こうしなさい、ああしなさい、っていう、敵がいない状況をつくってくれたのが親やったんですよ。だから、自由に育てれたというか。」

宇垣「だから、好きなことを仕事にできたというね。」

アポ「そこにたどり着けたのも、親のおかげかもしれないですね。」

昆「なんか、ちょっと変わってて、うちの親が。学校から帰ってくると、なにかいいことあったかときいて。普通、やなことあったとか、悩み事はあるかとか聞きますけど、そういうのを一切きかないで。なに、今日楽しかったか、とか。」

宇垣「プラスのことだけを」

昆「そう、プラスのことしかきいてこない。そうすると、プラスのことを見つけるようになるんですよ。そうすると、ネガティブなことは、まぁしょうがないよね、で終わって、逆にいうとプラスのことのほうが上回れるから、それでいいこと、楽しいこと、これ幸せだなとおもうことを、学校でも見つけるようになって、親とかに報告する。そうすると、あまりネガティブな性格にはならなかったですね。 」

篠田「お母さん、小さな幸せを幸せと感じられる人だったんですね。」

昆「あ、だと思います。だから、普通、こういう仕事って、親の反対が、とかあるじゃないですか。全然、反対されなかったですからね。むしろ、がんばれがんばれって。」

篠田「だから、自分もそうしてあげようっていう」

アポ「あ、ひとつだけ。決して悪いことではないんですけど、今年の星がお金をつかうことが多いって星が出てたんで。それ別に悪い意味ではなくて。よく考えながらされると、今年一年もいいですし。」

ブレイク。 曲。

クイーンで、Another one bites the dust

◆昆「実は、(スパイダーバースは)アニメ元年っていわれてるくらいの映画で、いままでのCGアニメもすばらしいんですけど、あれはひと昔前のものに、この映画はしてしまったんですよ。」

篠田「昆さんといえば、おすすめの映画。みなさん聞きたいとおもうので。」

宇垣「ききたい!」

昆「そうですね、宇垣さんが好きな、クリントイーストウッド作品では、グラントリノが好きと」

宇垣「(イーストウッドは)ほとんど全部みてます!」

昆「あ、では、クリントイーストウッドの最新作がありまして、3/8公開になったばかりの、運び屋、っていうね。もともと原作としての90歳の運び屋ってものを、現88歳、監督主演でイーストウッドが全部やってるんです。で、これ、お話が秀逸でして。とあるおじいちゃんが、自分でお花の農園かなんかやってるんですよ。ところが、それがつぶれちゃうんですね。それで一文無しになって。いままでそのおじいちゃんは仕事のことばかりやってたから、家族をないがしろにしてたわけですよ。娘の結婚式にいかなかったりして。それで孫の結婚式に行って家族から総スカンなんです。そしたら、そこの結婚式の2次会で、怪しいメキシコ人が、おいじいさん、金に困ってるなら仕事あるよ、って。運び屋、って仕事だよって。おじいちゃんも、古びたトラクターみたいのしかもってないわけですよ。だから、この荷物を、開けるなよ、と。ただ、ある地点まで運んでくれたら、これだけお金やる、って。すごい大金なんですよ。それならやろうかな、どうせ失業して暇だし、って。それで、おじいちゃんがノロノロと、高速も使わずに下道でいくわけですよ。で、着きました、ってそしたらすごい金額もらって。車を新車に買い換えたりして。じゃ、僕またやります、って。それで、ちょっと量が増えるんですけど、違う地点まで運んだりするわけです。そしたら、どんどんおじいちゃんに大金が入ってきて、娘が金に困ってたら金払いよくやったりとか、家族の信頼を取り戻すし、パブがつぶれそうになったら、俺が金出してやる、って。どんどん自分の人生を回復して、自分の農園も買い取れるわけですよ。もうすべてが順調!っていうときに、アメリカって麻薬取締官がすごいんですけど、おじいちゃんが運んでるのは銃やら、麻薬やら、やばいものなんですけど、おじいちゃんだから、って、通しちゃうんですね。で、本当にすごい量を運んじゃって、それでもどんどんすり抜けていくから、トンデモナイ奴が運び屋やってるんじゃないか!って話になるわけですよ。おじいちゃんも、おじいちゃんで、いつ足洗おうか、と。それで最後、びっくりする結末になるんです。おじいちゃんがとぼけてる感じも最高だし、なんかその、ほのぼのしてる映画なんだけど、家族ってなんだろうな、お金ってなんだろうなとか、仕事ってなんだろうな、とか、笑って泣ける映画ですね。」

宇垣「絶対みなければ!」

昆「あと、もう一つおすすめは、スパイダーマン、スパイダーバースってのがありまして。 これ、傑作です! これね、スパイダーマンというと、また、ピーターパーカーが蜘蛛に噛まれて、って話だと思うじゃないですか。ところがどっこい、いまソニーピクチャーズは、最近あの、スパイダーマンって焼き直しなんでもやってるわけですよ。それを、一回やめようと。しかも、アメコミヒーローって、いま飽和状態なんですよ。多すぎて、マンネリ化してきた。それで、あえて一回実写をやめて、アニメーションでやると。しかもこのアニメーションが、想像を絶するアニメで、通常いままで例えば、シュガーラッシュとか、リメンバーミーとか、ピクサーディズニーものって、CGアニメーションでしたけど、それをやめて、スタンリー先生が昔書いていた、漫画のざらついた、アメコミのあの、ちょっと奇抜な色とか、あれをそのままアニメに落とし込んでるんで。通常ひとりのアニメーターって、1週間かけてできるのって4秒と言われているんですね。ところが今回のスパイダーバースでは、すべてのシーンに手書きが入ってるんですよ。だから、CGをベースにして、それに1フレームずつに書いて入れてるんで、ひとりのアニメーターが一週間かけてできるのが2秒、っていわれてるんですよ。」

宇垣「どんだけかかってるんだ、と時間」

昆「実は、アニメ元年っていわれてるくらいの映画で、いままでのCGアニメもすばらしいんですけど、あれはひと昔前のものに、この映画はしてしまったんですよ。」

全員「えーー!」

昆「もうね、すべて逆をいってるんですよ。いまエンターテインメントって、破壊がなければ新しい展開もないと。絶対マンネリするんですよ。例えば、アイドルの世界でも、飽和状態になった時に、絶対だれもやらない、逆をやることで、その手があったか、と。この映画は、全部いままでの逆張りいってます。黒人の男の子を主役にするとか、アニメにもどすとか、いろんな次元からスパイダーマンくるとか、タブーになるようなことやってるんですよね。でも、タブーってどんどんやってかないと。スターウォーズエピソード8もそうですけど、いままでのスターウオーズでやっちゃいけないことやってるんですよ。だからこそ、次のエンターテインメントがうまれる。あと、アカデミー賞も、Netflixの映画のROMAっていうのが、劇場で公開されない映画が、アカデミー賞でどうなんだ、っていう声はあるわけですよ。でも、時代は変わってますよ、劇場だけで公開されるものが映画ではないですよ、インターネットだけで公開される映画があってもいいんじゃないですか、っていう。新勢力が時代を変えていくとおもうんですよ。」

篠田「じゃあ今年は、時代の変わる節目というか」

昆「転換期ではありますね。昔、アバターという映画があって、3D映画到来か、みたいな、あったじゃないですか。アバター前、アバター後、みたいな。いまは、スパイダーバース前、スパイダーバース後、みたいな。」

◆昆「結論から先に言う事って一番重要で、人の話って5秒で聞けなかったら、もうそれ以上聞けないです。だから、マツコさんが「私嫌い」ってまず言うのは、とてもいいんですよ。それで、ビコーズ。なぜなら、という説明がそのあとにつけられる。でも、ほとんどのひとが、ビコーズのほうから言っちゃうんですよ。」

篠田「まだまだ映画の話したいですし、聞いてる人たちもききたいと思うんですけど、なんか映画好きの、アリコンさんの、映画の話ができるオンラインサロンが、できてるんですよね。」

昆「そうですね、いま僕がやってるシネマラボっていうオンラインサロンがありまして、ちょっと月額かかるんですけど、映画のコメント書いたり、みんなで映画を観に行ったりとか、応援上映いったりとか、あと、それぞれ、プレゼン技術をあげていこうということもやっていまして。例えば、1分で映画を語るとか。じゃあ、30分で映画を語るとか。それぞれ、尺によって、魅力を伝えるコツっていうのが、7つの法則に分かれていて。」

篠田「けっこう、お芝居とかもそうなんですけど、言いたいことっていっぱいあるじゃないですか。1分とか30秒で魅力を伝えてくださいってけっこう難しくて。それを、けっこう稽古でやってるんですよ。でもなかなかできなくて。言いたいことはいっぱいあるんですけどまとまらないし。」

昆「プレゼンも、相手があってのことなので、 相手がなにをききたがっているかを探すゲームだと思ってるんですよね。」

宇垣「普通に、仕事のプレゼンとかでも役立ちそうですね。」

昆「そうですね。企業にお勤めの方もかなり来られていて。パワポでプロジェクトを説明しなきゃいけない時に、パワポも、やり方説明してます。いわゆる校長先生の話がなんで眠くなるかというと、あれ結末が見えないから、いつ終わるんだろうな、ってみんな思っちゃうんですね。結論から先に言う事って一番重要で、人の話って5秒で聞けなかったら、もうそれ以上聞けないです。だから、マツコさんが「私嫌い」ってまず言うのは、とてもいいんですよ。それで、ビコーズ。なぜなら、という説明がそのあとにつけられる。でも、ほとんどのひとが、ビコーズのほうから言っちゃうんですよ。でも、英語的文法を持とうというか、I love you、でいいんですよ。私が好き、っていう結論があって、ビコーズにつながっていかないと。私はうんたらかんたらだから、あなたが好きです、では、あ、聞いてませんでした、になるんですよ。」

篠田「インパクトも大事ですよね。総選挙でも、つぶすつもりできてください、っていう、これは使われるであろうキーワードを使いましたし。」

昆「これはまた、裏切り論というやり方があって。痩せたいならたべなさいとか、これって、どういうことですか?ってくいつくじゃないですか。例えばやせたいなら運動しなさい、ならだれも聞かないと思うんですよ。でも、やせたいならたべなさい、っていうと、どういうことですか、ってなりますし、それこそあの昔AKBでも、私のことは嫌いでも、っていう名言。あれってやっぱ裏切りですよね。え!って思わせておいて、核心を突く。やっぱだからそういうことを、私のシネマラボというオンラインサロンで、いろいろとやっております。」

アポ「ただの映画好きでもいいんですよね?」

昆「そうですね、映画サロンなので、みんなで映画見て、映画の批評語る。僕はおもしろいなと思ってるのは、このサロンやってて、批評の批評がおもしろいですよね。」

アポ「それしたいひといますよね」

昆「たとえば、ひとつの映画見た時に、ちょっとずつ感想って違うじゃないですか。その意見の、批評を批評しあうのが楽しい」

宇垣「より一層好きになりますしね。こんな見方あったんだって。」

というわけで、「オンラインサロン 有村昆」で調べると その詳細でてくるという。

◆感想

プレゼンうまくなり、日常で、楽しかった話をコンパクトにまとめる力、オチのない話にオチをつける力、大事だと思う。アリコン シネマサロン、気になるサロンだ。しかし、オチのない駄話や、うまくまとまってないから内容はうまく伝わりきらないけど「そこに込められてる感情」はすごく伝わる話や、そんな、出来損ないの発話に愛おしさと切実さを感じたりもする。グッドライフのために、その両方が出来るようにしていきたい。

番組は感想を待っている
lab@tbs.co.jp

気づけば3月も半ば。 3月は別れの季節。 メンバー脱退が決まってるバンドの消化試合的なライブのようなやるせない空気が苦手だ。日常を粛々と積み重ねる。

あぁ、グッドライフを送りたい。

 

コスプレイヤーえなこを推して幸せになろうよ~② LINE BLOG編~

魁!!えなこ塾へようこそ

C94落ちの若輩者ですが・・・
皆さんの熱いエールを受けて(?)、またブログ更新しようと思います!
新たなファン層の獲得とライト層をコア層へ・・・!
が目標です!!

今回は、えなこりんのラインブログの紹介です

☆ えなこ オフィシャルブログ

えなこりんの公式ブログはラインブログ!!

https://lineblog.me/enakorin/

2016年5月12日に初投稿!
1日1回更新を目標に頻繁に更新!!
ラインブログの新人賞やグランプリを獲得した!?
実績があるらしい・・・!!

今の更新頻度は・・・忙しいから仕方ない!
ゲームでリフレッシュもしてほしい笑

過去の投稿を読んでみると、私の知らない可愛いえなこりんがこんなに・・・!!?

スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・

ってな感じでした

ブログは過去の活動が振り返りやすいので
最近ファンになった方はチェックすることをオススメします♪

ファンを愛しファンに愛される
今も昔もこれからも・・・えなこりんは尊いな・・・
と、私も寝る前に過去の投稿を読ませていただいていたら
明け方になっていました。。。

過去のブログを読み返してると
なんでもっと早くえなこりんに会えなかったんだ。。。

なぜオレはあんなムダな時間を・・・・・・
ミッチーばりに後悔してもしきれない気持ちになる。。。

ブログ更新は大変だしお忙しいので
余裕がある時にとっておきの投稿をしてくれたら嬉しいですね

☆ LINE BLOG のアプリをインストールしよう

えなこりんのTwitterをフォローしていると
ブログを更新したらツイートで教えてくれます!!

きゃっほー!!
お知らせありがとうございます!!
やったぜベイビー!

リンク先からラインブログへ

うんうん

文字数制限の限界を突破したえなこりのメッセージを胸に刻んだら

ラインブログにも
いいねとコメントを・・・

できない??

そう、LINE BLOGアプリをインストールしないと
コメントできませんorz

最初は何でもかんでもアプリインストールするのに抵抗があったので
ラインのタイムラインでシェアしていましたが・・・

忙しい中ブログ更新してくれたえなこりんに
感想とか伝えたいじゃないですか?

もう観念してLINE BLOGアプリインストールしましょう!

アプリにも通知機能がありますが
ブログを更新したよ!のえなこりんのツイートから飛ぶほうがテンション上がります!

えなこりんのブログにコメントする以外の機能はよくわからない・・・笑
フォローもえなこりんと、くろねこさんと、宮野真守の三人のみ。。。

☆ LINE BLOG公式さんとLINEのフレンズになっておこう

たまにLINE BLOGさんからLINEでLINE BLOG TOPICS
なるメッセージが届きます!

我々が推し上げれば?トピックスでえなこりん取り上げられる!
ブログランキングも上位へ♪

テンションもアガります♪♪

私は最初LINE BLOGさんと友達じゃなかったんですよ
いくら検索しても
ファンの皆さんのトピックスにえなこりん!
報告の画面にたどり着けなかったわけだ。。。

☆ まとめ

LINE BLOG アプリをインストールして
忙しい中ブログを更新してくれたえなこりんに
コメントでキモチを伝えよう!!

頑張れ!えなこりん!

☆ 重要 1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』発売

現在3月14日AM2時頃です。。。

ブログ幽霊部員の私が久々に寝る間も惜しんで記事を書いているのは
えなこりんの素晴らしさを一人でも多くの人に知っていただきたいのと

3月28日に集英社様より発売される
1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』を
一人でも多くの方に手にとっていただきたいからです!!

ついにメジャー写真集の続報が発表されます!
前回の公式からの情報には度肝を抜かれました!

えなこりん可愛すぎるし
大好きなターちゃんからヂェーン・・・!

えなこりんに浄化されてエテ吉も綺麗な目してやがる。。。

続報楽しみですね

気力と体力があればまた更新したいと思います・・・!!

 

オリビア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンの三つ巴。上品な中世の歴史ものだとあなどるなかれ。現代のスラング飛び交う仁義なき宮廷大奥ドラマであり、ヨルゴス・ランティモス・ワールドが展開された寓話だ。女王陛下のお気に入り(原題:The Favorite) を観てきたぞ!その感想。

今年の映画賞レースでも話題の本作。

オリビア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンが三者三様の個性で見せ場をぶちかましていると聞きつけ。

へっこらよっこらと観てきた。

立川シネマシティでみたが、賞レースの映画だけあって、劇場はほぼ満席。

ベテランの映画ウォッチ人たちの目の奥がギラリと光る劇場で、観てきたわけだ。

◆基本的な情報

監督は、ロブスター(2015)、聖なる鹿殺し(2017)などで知られるギリシャ人の監督、ヨルゴス・ランティモス。FOX サーチライトピクチャーズ配給、上映時間120分。脚本は、デボラ・デイビス、トニー・マクナマラ。女王のアンの役として、オリビア・コールマン。アンの幼馴染で、宮廷での女王の側近として実質的な政治をやりくりするサラをレイチェル・ワイズ、もともと貴族だったが身分が落ち、職を求めて宮廷にやってきたアビゲイルを、エマストーンが演じている。宮廷内の男のひとり、戦争反対派のハーリーを、ニコラス・ホルトが演じている。

オリビア・コールマンは今回のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートし、受賞。オリビア・コールマンとレイチェル・ワイズはランティモスの「ロブスター」以来の共演。レイチェル・ワイズとニコラス・ホルトはAbout a boy(2002)以来の共演だという。About a boyの頃はまだ幼い少年だったホルトも、ノーフューチャーなマッドマックス怒りのデスロード(2015)のニュークス役などを経て、すっかり味わい深い演技の一人前の男に。身長190cm、でかい。イギリス系の役者がひしめく中、エマ・ストーンが唯一のアメリカ人というバックグラウンド。

◆あらすじ

18世紀初頭、フランスとの戦争の真っ只中にあるイングランドを舞台に、女王のアン、その右腕かつ幼馴染でいろんな意味で親密な仲のレディ・サラ、そして、ある日、使用人として宮廷に新たにやってきた元貴族で今は凋落した身分のアビゲイル、これらの3人が中心となり巻き起こる、宮廷ドラマ。使用人の中でもいじめられていたアビゲイルだったが、よい仕事をするアビゲイルをサラが重用。しかし、アビゲイルがアン女王の信頼を獲得し、距離を近づけていくに連れ、やがてサラとアビゲイルの2人は、アン女王の寵愛を巡り、激しい対立をしていく…。

◆自然光のみの撮影

コールドプレイ、マッシヴアタックなどのPVも手がけ、ケンローチ監督作や、英国インディペンデントスピリット賞を受賞したというアンドレア・アーノルド監督作「アメリカンハニー」(2016)での撮影も手がけている、ロビー・ライアンが今作での撮影監督。

18世紀に見えていた世界の感じを映し出すべく自然光のみをライティングに使った映像が印象的だ。魚眼レンズのようにまるみを帯びたレンズでの構図、360度のウィップ・パンなどがあわさり、リアリティがありながらも寓話的な、不思議な印象を与えている。

夜のシーンはろうそくの灯りのみで、闇の部分が黒く深い。電気による明るさではないものが作り出す闇の黒さというのは、ヒトの原始的ななにかに訴えかけるものがある気がする。

◆歴史モノの定型ではない表現

歴史的考証をあえて無視したという華やかなファッション。当時の素材やデザインにこだわらない、自由でクリエイティブな仕上がりになっている。女性たちの服装のほとんどの色を白と黒に限定し、政治家も所属する党によって着る服の色を分けるなど、色味にもこだわったとか。数々の映画で衣装を担当してきたサンディ・パウエルのグッドジョブ。

また、本作では意図的に破壊されたという、歴史映画的な「礼儀正しさ」。華やかな宮廷の屋敷やファッションがある一方で、直接的なスラングや、粗野で即物的な暴力がかまされて面食らう。

けっこう序盤のシーンで、レイチェル・ワイズ演じるサラと、フランスとの戦争を税金をあげてでも継続するかの政治的判断を巡り対立したニコラス・ホルト演じるハーリーが放つ、ある単語。良い子は耳にするのもはばかられる、そのやばい単語が、その後も何度も使われる。

歴史考証をあえて無視し、「歴史ドラマだが、歴史映画に求められることに制限されることはしない」という意図の下つくられた今作。その結果、史実に基づいた話でありながら、リアルなようで、寓話性に富んだ、不思議な世界が展開されている。

◆突き落とされる存在としてのアビゲイル

冒頭、エマストーン演じるアビゲイルが馬車に乗って宮廷へ向かう場面。アビゲイルの向かいに座った若い男性。ニッコリ微笑んだかと思うと、アビゲイルを見て微笑みながら、マスをかく。そして、アビゲイルが馬車から降りる際は、背中を押して突き落とす、といった具合だ。

とにかく、そこからことあるごとに、実際に物理的に背中をおされたり、いじめられたり、「突き落とされる」アビゲイル。そもそも、昔父親がギャンブルで自分を賭けて、負けて、ドイツの男に売られたという屈辱の過去を持つ。もともと貴族だったところから失墜した過去もあり、あらゆる場面で、突き落とされ続けている。

そんなアビゲイルだが、女中たちの嫌がらせでただれた手を癒すために使った薬草を、アン女王の痛風の足の傷を癒すためにサッと使い、そのことを女王にアピール。うまく女王に取りいり、立場の向上の突破口としていく。やられても、ただではすまないというスタンス。

やられてばかりではすむものか、地獄の底に戻るくらいなら、時にはモラルに反してでも這い上がってやる、というアビゲイルの強くしたたかな野心が、この映画のストーリーの推進力となっていく。

また、アビゲイル、決して男に体を許さず、常に男に対してマウントを取って勝ちに行く。草むらでの、じゃれあってるのか喧嘩してるのかわからない絡み。政略結婚のようなものを終盤するが、結婚してその初夜が手コキ! しかも、独り言つぶやきながら!

◆愛にも限界があるというサラ

冒頭「愛に限界はないべきだ」というアンに対して「愛にも限界がある」というサラ。演じるのはレイチェル・ワイズ。美しい! クールビューティ。

実務の面ではあまり頼りない女王にかわり、宮廷政治の舵取りをする、合理的で、頭が切れる存在として描かれる。サラがいなければ、宮廷の政治は回らない。

そして、アン女王とは幼馴染であり、友人であり、友人としての関係を超えて、性的に親密な間柄でもある。

そのアン女王とサラの関係性は、野心的な這い上がり根性を燃やすアビゲイルにとって、なんとしてもサラの立場を奪取してやる、と思わせる、恰好の餌食だ。

政治を動かし、野心的であり、アン女王への愛情がありながらも、ある一定のところまでいくと合理的であるサラ。サラのそんな割り切りが、終盤の展開を作り出していく。

あと、サラといえば、宮廷内のダンスパーティで、コンテンポラリーダンスじみた、なんだかシュールで滑稽なふりつけのダンスを踊るシーン。あのダンスで表現していたのはどのような感情なのだろうか。

◆満たされない、どこまでも愛を求める女王のアン。

オリビア・コールマンは、アン女王の役のために16キロ太ったという。
やはり、アカデミー賞を獲得するのに肉体改造というのは有力な手か。

それはともかくとして、まず、女王のアン、食い過ぎ不摂生がたたっているのか、痛風で、歩くこともままならない。車椅子で移動するありさま。政治的な判断に加えて、身の回りのこともサラがいないと回らない。

食い過ぎは度を越していて、食って、吐いて、吐いたそばからまた食ってる。なんてこった、と思うが、しかし、そのような、どこまでも埋まらないなにかを埋めようとする行動は、死産などで亡くした17人の子供達のかわりに17匹のうさぎを飼っている、ということからもうかがい知れるように、自分から大切なものがなくなり続けた人生、喪失にまみれた人生ゆえの、悪夢のように消えない「満たされなさ」によるものだろう。

満たされない、愛されたいがゆえに、サラとアビゲイルの両方から愛を受けようと、結果的に二人をもてあそぶアン女王。

成り上がりの野心に満ちた新参者のアビゲイル、長く付き添っている親友であり参謀であり愛人であるサラ、愛に飢える痛風の女王のアン。この3人が、まさに地獄の3角関係をおりなしていくのだ。

◆貴族たちの遊び

戦争中だというのに、アヒルレース へんな踊り、ロブスターレースと、めくるめく貴族たちの遊び。その中でも特に印象的だったのは、裸体の毛深く醜い男に向かって、男たちがみかんをのようなものをぶつける遊びだ。一体あれはなんなのか。

◆射撃

「なにか撃ちに行きましょう」と気晴らしでもするように、鳥の射撃に興じるサラ。射撃に誘われて、最初は若干気おくれしたそぶりをみせていたアビゲイルであったが、宮廷でのアビゲイルのステップアップにつれて、射撃のスコア、命中率も、サラと肩並べるまでになる。

この、サラとアビゲイルの射撃のスコアが、ふたりのそれぞれの宮廷内でのアン女王をめぐるスコアとシンクロしているかのように描かれる。

象徴的なのは、ついにアビゲイルがアン女王に取り入り、性的な関係にまで及び、サラよりも優先され指名されるようになった時、アビゲイルが撃ち落とした鳥の返り血がサラの顔にべちゃりとかかる描写だ。

そういえば、この鳥を放って射撃する遊びみたいなやつ、現代を舞台にした映画でも麻薬カルテルのボスとか、そういう悪い組織の首領がやっている描写よく観る。

◆薬草

アン女王に取り入るため、そして、サラをクリティカルに突き落とすため、という決定的な場面で「薬草」を駆使するアビゲイル。それは、「魔女と薬草」を関連付ける、示唆的なものであるだろうか。

◆敵をたたきのめすことのリスク

序盤でハーリーを追い詰めた時、サラは「有力な味方は危険な敵となる」って警告される。

敵を排除しても、それは根本的な問題を排除したことにはならない。より不安が増したり、また別の問題が顔を出したり。

お互い叩きのめしあうことで、勝った方も得をしない。

振り子の法則で、攻撃が激しいほど、返ってくるものも激しくなる。

映画としてはそれがドラマチックで面白いわけだが、現実の生活では気をつけたいものだ。

◆うさぎ

最後、ピンクフロイドの「夜明けの口笛吹き」のジャケットアートみたいな感じで画面一面に「うさぎ」で埋め尽くされる画面。勝ったのはアビゲイルか、それともサラか。サラが去って魂ぬけたようにふぬけになるアン。

愛に満たされない女王、最後に画面覆い尽くすうさぎは、愛への渇望、満たされなさの象徴。

誰よりも愛を求めた結果、愛から遠ざかる。

◆で、どうなのかこの映画

主演の3人の女性のキャラクター、演技が素晴らしい。立場乗っ取りモノなシンプルな話であり、なにか教訓めいたものが読み取れるような、寓話性も高い映画である。衣装、小道具、構図、ちょっとした言動の中に、作り手が意識的に込めた意図や、無意識に含まれたなにかが見え隠れし、繰り返しの鑑賞に耐える作品。ヨルゴス・ランティモスの過去作と繋げて一気に観るムービーマラソンがしたくなる。

3月は賞レース作品やら春休みにぶち当てた大作やらの封切りが押し寄せる季節。映画館に通って、グッドライフを送りたい。

魂の救済、ドラッグからの社会復帰の一助は、映画を観る行為の中に。

 

コスプレイヤーえなこを推して幸せになろうよ~① Twitter・インスタ編~

先日NHKねほりんぱほりんの「羽生結弦で人生変わった人」を見ました

 

 

番組を見て3人の羽生さんのファンが言うことに共感して終始うなずいていました
わかりみが深い(←マイブーム)
私が推しているのは、コスプレイヤーのえなこですが
ファンになってから人生変わりました
もちろん良い方向に!

 

 

南海キャンディーズの山ちゃんは最後にファンのことを
夢とか自分のすべてを捧げられる愛すべきものが見つかった人を勝ち組だとまとめていた
そうか・・・知らない間にオレ・・・勝ち組になっていたんだね!
ありがとう・・・! えなこりん!!

もうすぐ4月、新社会人になる人も多いでしょう
当時地元でブイブイいわせていた私も
最高学年から新卒でカースト制度の最下層へ
見知らぬ土地で独りぼっち・・・ストレスMAX
平日は無気力
もちろん休日も迫りくる平日に震えて
何をしても気分は晴れない
何を食べても美味しくない
先のことを考えてもむなしくなる
子供の頃の瞳の輝きを失ってしまった
灰色の人生

だけど推しに出会えて変わった
長かった・・・約8年。。。
今は灰色だった世界も色鮮やかに!
子供の頃の夢は忘れてしまったけれど
今はえなこりんの夢が私の夢・・・!
えなこりんのこれからの活躍を思うだけで
毎日が楽しくて仕方がない!

救いを求めているアナタに!
まだ知らないアナタに知ってほしい
私の推し、救世主えなこの存在を!

そんな想いでブログを更新していきたいと思います

☆ プロコスプレイヤーえなこ

コスプレイヤーの地位向上のためと
あくまでコスプレイヤーとして
誰もやったことのないことをやってみたいと
いろいろなことに挑戦し
自分の夢を叶えていく

その頑張っている彼女の姿を見ていると
いつも勇気が湧いてくる
自分も頑張ろうって思える
だから応援したくなる
黄金のような夢に賭けたくなる
もしも願いが叶うなら
えなこりんがお母さんのお腹にいる時から応援したい
かっけーんすよ、えなこりん

☆ Twitterをフォローしよう!

そんな世界一可愛くて尊いえなこりんを知るには
まずTwitterをフォローしましょう!
私はTwitterを活用しない人生でしたが
ここ1年は情報収集やコミュニケーションをとるツールとして
大変お世話になっております
使いこなせているとは言えませんが・・・笑

えなこりんをフォローしていない方は
Twitter(@enako_cos)を今すぐフォロー!

現在飛ぶ鳥を叩き落とす勢いでフォロワーが繁殖しています

お仕事の告知をチェックできるのはもちろん
可愛い自撮りとかお茶目なツイートは
見ているだけで幸せになれます!

 

チャイナ気分でハイテンション!

 

このセクシーな衣装でいろいろ盛れてる写真
エロくなりすぎないよう
表情まではエロくしていない所に
えなこりんらしさを感じることができますね!

はい

フォローしました?w
Twitterをアプリで使っている人はフォロー中の横にある
ベルのマークをポチッとなで通知をオンにすると
ツイートされたらすぐに分かるようになります

今までAPが全回復しましたとかの通知しかこなかった
沈黙と無関心のスマホ・・・
そんな鳴らない電話に、えなこりんからの連絡(ツイート)が来ると思ったら
意中の人からの連絡をドキドキ・ワクワクしながら待っていた
あの頃を思い出す・・・!

通知がなくてもロック画面と待受に設定した
可愛いえなこりんを眺めて心を落ちつかせたり・・・
スマホが手放せなくなりました

Twitterで
えなこりんのツイートにいいね・RTしてバズらせるのもよし
えなこりんの尊さをツイートするもよし
巻き込みリプには要注意!!
たまにご褒美で本人からいいねが戴ける快感に中毒性あり
ひたすらえなこりんの尊さを拡散させるL5のえなこ症候群発症者多数・・・!

ただし、本人や不特定多数の人が見て不快に思うような
ツイートやリプはしないようにしていただきたい

☆ インスタグラムもフォローしよう!

Twitterをフォローしたら
今度はInstagramもフォローしましょう
enakorin(https://www.instagram.com/enakorin/?hl=ja)

存在そのものがインスタ映えのえなこりん
Twitterがメインで去年までは更新頻度は低かったですが
今年はインスタとブログも更新頑張ってくれています・・・!
インスタ映え半端ないって!
素敵な投稿が多ければ多いほどファンは幸福感で満たされます
ありがとうございます!!

Twitter同様インスタも
投稿のお知らせをオンにする
の設定をしておくと
enakorinが投稿しましたと通知がきます
やったぜベイビー!

いいねしていざコメントしようとすると
尊すぎていつも語彙力が。。。

☆ まとめ

TwitterとInstagramでえなこりんをフォローして
一緒に幸せになりましょう!
ところで、気が付きました?
フォローしただけで、こんなに幸福感で満たされるのに
無料なんですよ。。。
フォローしない手はないですよね

えなこりんブログもやっているので
次に更新する機会があればブログを紹介しようと思います。。。

☆ 重要 1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』発売

そもそもブログ幽霊部員の私が久々に寝る間も惜しんで記事を書いているのは
えなこりんの素晴らしさを一人でも多くの人に知っていただきたいのと

3月28日に集英社様より発売される
1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』を
一人でも多くの方に手にとっていただきたいからです!!

この写真集のためだけにTwitter公式アカウントもできました

 

 

一糸まとわぬ凄い表紙ですが
この表紙に込められた意味を理解してから
もう一度見てみると・・・尊い・・・!!

コスプレする漫画も昭和生まれに刺さるタイトルばかり!!
久々に読み返したくなるし
現代っ子が色あせない名作を手にとってくれるいい機会にもなりますね!

版権の問題でお目にかかることができないと思っていた
あんなキャラやこんなキャラにえなこりんがコスプレする
想像しただけで胸が高鳴ってきやがるぜ!!

通常版とセブンネット限定版の表紙
さらにアニメイトだと特典に生写真がついてくる・・・!!!

まだ発売してもいないのに・・・
第二第三のメジャー写真集の発売を心待ちにしている
そのためには1stメジャー写真集が売れないと・・・!!
もっといろんなえなこりんが見たい!
もっと幸せになりたい!!

みんなでえなこりんを応援しよう!!!