佐竹に馬鹿にされたままでいいのか。

私は日常的に吉野家をヘビーユースしている。

安いし早いし、失敗がない。

最近は、テイクアウトの牛丼が80円引きになった。

380円でもすでに安いのに、さらに安くするとは何事か。

低コストで最大限の幸せを享受できる店、それが吉野家。素晴らしい。

吉野家は80円引きだが、TOHOシネマズの基本料金が1900円になった。

吉野家にできて、なぜTOHOシネマにはできない、低価格のサービス。

なんとかしてくれ、TOHOシネマズ。

そんなことを思うが、一方で、6年間で74億使われ、具体的になんに使われたのかはブラックボックス、という官房長官が自由にできる官房機密費のニュースにも触れ、80円や100円の値引きや値下げで一喜一憂している自分の滑稽さに苦笑する。

ふぞろいの林檎たち2のどれかのエピソードで、会社の昼休みに定食屋で一番安いお得な定食を柳沢慎吾演じるミノルがうまそうに食べていると、親が金持ちでいけすかない、みのるの大学の後輩の佐竹(水上 功治)が、「先輩、みじめなんでそんな安いもん食わないでくださいよ」みたいに言うシーンがある。

官房長官と官房長官がお金を使う対象の圏内にいるような輩は、300円の牛丼は食わない。TOHOシネマズが1900円になろうが、関係ない。

「先輩、みじめなんでそんな安いもん食わないでくださいよ」というセリフには、エスタブリッシュメントの本音がある。 100円に一喜一憂することは、みじめなことなのだ。馬鹿にしてくれるじゃないか。

そんなことを考えて、吉野家のカウンターで牛丼を食っていると、石田徹也の絵が頭に浮かぶ。

石田徹也の絵に出会ったのは、eastern youthのアルバムのジャケ。その後いろいろほかの絵もみた。

均質化され体制に従った成れの果ての人間の姿をグロテスクに戯画化したその絵は、眺めていると気持ち悪く、居心地が悪くなる。

でもなにかそこには、本当のこと、直視しなければいけないことがあるように思えて、気持ち悪いけれど、ついつい見てしまう。

これでいいのか。佐竹に馬鹿にされたままでいいのか。

石田徹也の絵の中の人間のようにグロテスクに四角いキューブになって生きていていいのか。

魂のゆくえのトラー牧師。タクシードライバーのトラビス。ファイトクラブのタイラーダーデン。映画の中のキャラクターたちが問いかけてくる。

佐竹に馬鹿にされたままでいいのか。菅官房長官をはじめとした輩に馬鹿にされたままでいいのか。

重鈍な6月。梅雨明けは遠い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です