広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第20週、「なつよ、笑って母になれ」

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第20週、「なつよ、笑って母になれ」

ついに、2019年の春、100作目を迎えたという、公共放送の朝ドラ。

その記念すべき作品は、なんと広瀬すずが主演で、加えて、北海道の十勝が舞台!

アニメーター、奥原なつの人生を描くという。

それは特別だ、という事で、2019年4月1日からはじまったこの、「なつぞら」
追いかけていきたい!

今週は、第20週、なつよ、笑って母になれ、第115話から120話までのまとめだ。

◆ 第 115 話

昭和42年の春、なつは結婚。

それから数ヶ月、季節は夏。

なつと坂場は、西荻窪に、家を借りて、住んでいる。

目玉焼きを作っている坂場。

朝の風景。

あの不器用なイッキュウが、器用に朝食を作っている。

指は傷だらけだが。

そして流れる、優しいあの子!

月曜日は、

“口にするたびに泣けるほど
憧れて砕かれて
消えかけた火を胸に抱き
たどり着いたコタン”

という部分が長い。

今週の演出は、田中 正。

場面は、東洋動画スタジオ テレビ班 作画室。

なつの今の仕事は、もっぱら、テレビ漫画の原画を描くこと。

いま取り組んでいるのは、「魔法少女アニー 」という作品。

仕事の時の名前は、奥原なつ、のまま。

茜さんも、いまは原画担当。

そして、茜さんは、妊娠中。

まるで魔法にもかけられたみたい、と茜さん。

「仕事も、出産も、魔法で終わったらラクですよね」となつ。

「そっちはどうなの? 子ども」

「子どもができたら生活がどうなるか、想像も出来なくて」

「イッキュウさんは、まだ家で翻訳の仕事をしてるの?」

とやりとり。

坂場は、在宅で翻訳仕事。

稼ぎとして、安定しているわけではない。

家事はほとんどやってくれてはいるが。

いまは、子どものことは考えられない、と。
子どものことを考えるのは、贅沢な気がする、となつ。

茜さんも、子どもが生まれたら、仕事をやめるかもという。赤ちゃんから入れる保育園を探して入るが。

「子どものためにアニメを作っているのに、子どもが生まれたらやめるなんて、納得いかないですよね。」となつ。

なつたちの結婚生活は、まだ先のみえない、開拓の途上。

家では、頑張って洗濯物たたんでる坂場。

そして、一方、まだ独身の咲太郎。

声の仕事も増え、事務所は儲かってきてる。

事務所には、川村屋ののがみさんが来ている。

世間話のあと、赤い風車の話に。

どうやら、立ち退きが命じられてるらしい。

あたり一体取り壊され、デパートが立つ、と。

川村屋も、ビルに建て替えられる。

近代化の波が押し寄せている。高度経済成長。

「それであなた、どう動くおつもりですか?」と咲太郎へ問うのがみさん。

「動く?」

「いつまで待たせるおつもりか、と。」

「待たせる?」

「とぼけても無駄ですよ、あなた方は影で、そういった、ご関係であることは、察しがついてるんです」

どうやら、咲太郎とマダムのことのようだ。

「いつまで、影でこそこそしてるつもりなんですか!けじめをつけなきゃ、あの人が不憫です! この風車がなくなるタイミングに、身の振り方を考えなすってはどうですか!」と熱くなるのがみさん。

一方、赤い風車。

陽気なあやみさん。

客、リリーフランキー演じる茂木社長がやってくる。

暑くて仕事にならんよ、と

陽気にしているあやみさんに、最近は、なっちゃんもいなくなり、さみしいんじゃないの、と。

「さびしくなんかありゃあせんよ、ちっとも。子どもを立派に育てあげた、お母ちゃんの気分を味わってますから」とあやみさん。

「なっちゃんのいない風車のビールは、こころなしか気の抜けた味がするねぇ」と茂木社長。

じゃあ、ためしてみます?と、ぷしゃあとビールを振って出すあやみさん。

仕事を終え、西荻窪の家に帰るなつ。

坂場が、料理してお出迎え。

2時間かけて、シチューのようなものを作っていたところ。

富士子のノートにあった料理。

クリームシチュー。

食べるなつ。

「おいしい!」

「子どものときに食べた味と同じ?」

「うん、近いかも。でも、牛乳が違うからね」となつ。

うーむ、牛乳だけの違いかな、とノートをペラペラめくる坂場。研究熱心。

調味料の分量にも正確さを求める坂場。

明日はわたしがやる!となつ。

幸せな風景。

一方、赤い風車。

立ち退き後、どうするかの話。

いい物件ないかしら、と茂木社長にきくあやみさん。

咲太郎に、頼んでみたらどうだい、と茂木社長。

「咲太郎には、甘えたくないわ」とあやみさん。

「どうして。親孝行してもらいなよ、これからは。」

「親じゃないもん。あの子の負担には、なりたくないの。」

「負担だなんて思わないって。」

「大人になったんだから、私たちは、対等でいたいのよ」

「さいぼうは、幸せだな。そこまで愛されて。」

「なっちゃんが幸せになったでしょ。だからこれで次はやっと、咲太郎の番だからね。」

ウキウキしてるあやみさん。

一方、西荻窪。

皿洗いしてるなつと坂場。

「茜さん、会社やめるかもしれないんだって」

「え、子ども生まれるから?」

「そう。」

「当然、そういうことになるだろうな」

「それ、当然なの?」

「当然そういう悩みは抱えるだろう、ってことだよ」

「うちはどうするの」

「え」

「もし、そうなったら」

すると、呼び鈴がなる。

出てみると、なんと咲太郎。

ちょっとお邪魔するぞ。話があってな。

大事な話だ、と。

「なつ、風車の立ち退きの話は聞いてるか」

「立ち退き?!」

「やっぱり知らないか。母ちゃんがそれを黙ってるんだな。心配かけまいとして。みずくさいだろ。そこでだ、俺も考えた。どうすればいいのか。どうすれば、この俺を、頼ってくれるのか。」

「頼る?」

「ああ。それで、俺も、けじめをつけることにした。結婚する。」

「結婚?! 誰と!?」

「川村屋のマダムだ。」

なんと!!

驚きを隠せないなつ!

◆ 第 116 話

俺もけじめをつけて、結婚することにした!と咲太郎。

驚くなつ。

声優のプロダクションをはじめるにあたり、いろいろ相談に乗ってもらううちに、マダムとそういう仲に。

結婚して安定すれば、あやみさんも頼ってくれるだろう、と

そして流れる、優しいあの子!

作画課で仕事を終え、帰るところのなつ。

帰り際、オフィスにある電話で西荻窪の家に電話をかける。

ちょっと川村屋に寄ってから帰る、と。
おかずはなんか買ってく、と。

そして、川村屋へ行くなつ。

川村屋には、フーテン族がたむろ。
日活の野良猫ロックシリーズなどで見られたような若者ファッションだ。

なつの若い頃のファッションを思わせる。

家があるのに、ないふりをしてる若者たち、フーテン族。 ほんものの孤児を味わったなつとは格が違うがな。

マダム現れる。

なつ、咲太郎との結婚の話についてマダムに問い詰める。本当ですか、と。

とりあえず、奥の部屋へ。

結婚は、本当のことのようだ。

「本当にわたしでいいのか、って、こっちがなっちゃんに聞きたいところよ。わたしのほうが年上だし、もう40ですからね。」とマダム。

「マダム、40さいですか」としみじみとなつ。

そんなの関係ないです!うれしいです!と。

あんな兄ですが、どうぞよろしくお願いします。

すると、そこへ咲太郎も登場。

なっちゃんから今、ゆるしをもらったところよ、とマダム。

「それで、結婚式はいつ?」となつ。

しかし、結婚式はしないという二人。

「結婚自体、のがみさんに言われなければしなくても良かったんだ」と咲太郎

「はあ? じゃあのがみさんに言われなければ、しなかったわけ?!」とマダム

これはまずい!

「いや、なんていうか、きっかけだ!」とあわてて咲太郎。

キーパーソン、のがみさん。

のがみさんは悪くないよ、と咲太郎

「あたりまえよ、悪いのはあなたでしょ!」とマダム。

まぁ、そんなこんなで腐れ縁。

マダムは、結婚したら、川村屋の経営からは手を引こうという考え。

ちょうどビルを建て替えるタイミングでもあり、あとのことはのがみさんにまかせたい、と。

そして、のがみさんには、次の後継者を育てて欲しい、と。

マダムののがみさんへの信頼。

のがみさんの信念で、川村屋を開拓してほしい、とマダム。

のがみさん、これがわたしの、結婚の決意です。

「わかりました、この副将のがみ、命尽きるまで、川村屋を守ってみせます」と引き受け、

のがみさんが、繋いでいく。

「よし、スッキリしたところで、報告にいくか。」と咲太郎、

赤い風車へ。

赤い風車では、あやみさんと茂木が話している。

新しい店の場所、花園はどうか、と話してる。

ゴールデン街というのができて、文化人も増えてきてる、と。

咲太郎、マダム、なつ。店の中へ。

大事な話があるんだ、と咲太郎。

「母ちゃん、俺、こんど、彼女と結婚することにしたんだ¥

「ええ!?嘘でしょ!」とショックを受けているその場にいた茂木社長。

「いままで、隠しててごめん。そういうことなんだ」

ふふふ、と笑い

「なんだ、知ってたよ!そんなことは。お前がわたしに、隠し事なんかできるわけないだろう」とあやみさん。

「知ってたのかよ!?」

「よかったじゃないの、おめでとう! なっちゃんがお嫁に行くまでは、って、ずっと待ってたんでしょ。」

「そ、そんなことはないけど」

咲太郎をみつめるなつ。

そして、結婚を機に、川村屋の経営からは手を引く、という話をするマダム。

咲太郎の会社を手伝う、と。

「なんにしたって、おめでたいことじゃないの! 乾杯しましょう」

これでわたしも一安心、と、あやみさん。

みんなで乾杯。

茂木社長はショックを受けている。

そして、西荻窪の家。

あったことを坂場に話してるなつ。

夕飯は、おでん。

「あやみさんはこれから、どうするんだろう。一人になったら、さみしいよね。」

うーむ、という表情の坂場。

そして、来月は、なつの誕生日、お盆休みゆえ、風車でお祝いしようとなった。

もうすぐ風車もなくなるのか、と遠い目をするなつ。

一方、風車。

あやみさんと咲太郎。ふたりで酒を飲んでる。

慎ましく、乾杯。

◆第 117 話

赤い風車で、咲太郎とあやみさん、ふたり酒を飲んでいる。

「俺は、母ちゃんに出会わなかったら、確実に死んでいたからな。母ちゃんの踊りに、ただ生き延びるためじゃなく、生きることを教えてもらったんだ」と咲太郎。

そして流れる、優しいあの子!

しんみりと話をしてる咲太郎。

「忘れちゃったねぇ、昔のことは」と、とぼけるあやみさん。

昔を回想。

本を読むより、身体動かして金稼がないと、妹たちを迎えにいけないんだよ、と若き日の咲太郎。

本読んで、辞書で調べて、そうやってれば、少しずつ世の中のことがわかってくるよ、と若き日のあやみさん。

そんなのより、進駐軍の前で踊ったほうが金になるよ、と若き日の咲太郎。

「バカ!進駐軍だってバカじゃないんだよ!咲太郎、人を本気で楽しませたいとおもうんだったら、本気になって勉強しな」と言ってきかせる若き日のあやみさん。

そんな昔に思いを馳せながら、母ちゃんがいなければ俺はバカのままだった、としんみりしてる咲太郎。

バーカ!まだバカは治ってないだろう!とガハハと笑う、あやみさん。

昔を思い出し、しんみり。

「母ちゃん、母ちゃんと俺は、何も変わらないからな」

「わかってるよ、これからも変わらず、偽物の親子だろぉ」

「偽物じゃないだろ! 今度は、俺に甘えてくれよ。遠慮なんかしたら、承知しないからな。」

「だったら、ムーランルージュを建てておくれよん。あの舞台でまた踊ってみたくなっちゃったな」

「そりゃむりだよ、母ちゃん50だよ!」

「だから死ぬ前にもう一度踊りたくなったんじゃないかぁ」

踊り出すあやみさん

「よし、わかった、俺に任せろ、昔の俺とは違うんだ、思いっきり親孝行してやるよ」と咲太郎。

一方、西荻窪の家の夜。

なつと坂場の寝室。

なつの誕生日といえば、8/15。

「いろんなことを、忘れないようにある日だな」と坂場。

「うん、だからね、私は誕生日が来るたびに、なくなった父や、母のこと、いろんな人たちのことを、自然に思い出す。近頃あれから何年が経つのかな、と思うようになってる。」となつ。

孤児だったころを回想しているなつ。

戦争が終わった、日本が負けた日を。

「ねぇ」

「ん?」

坂場に抱きつくなつ。

「どうした」

「また、千遥に会いたくなっちゃった」

坂場、なつの手をとり

「いまは、ぼくがついてる。」

「もし、子供が生まれて、私たちの子供は、幸せになれるのかな。」となつ。

「なるよ。なるに決まってるだろ。」と坂場。

静かに目を閉じるなつ。

次の日、作画課。

茜さんの具合が悪そうだ。

夏風邪をひいて、風邪薬も飲めなくて、体調悪い、と。

でも、原画終わるまでは、と帰らないという茜さん。

しかし、代わりに描く!と茜さんを帰す手配をとるなつ。

結局、下山さんに送ってもらう。

しかし、あんまりおおげさにしないで、と茜さん。

茜さんが行ったあと、様子をみていた神地、

「大変だな、子どもを育てながら働くのは」とコメント。

なつ、うーむ、という顔に。
なにやら考え込む。

それから、8/15を迎えた。

風車で、咲太郎の結婚と、なつの結婚の祝い合わせた、ささやかなパーティー。

温かい雰囲気。

「母ちゃん、いままで、お世話になりました!l

「それは、男のセリフじゃないぞ!」

と咲太郎とあやみさんのやりとり。

いいムードだ。

なつよ、母になるのも、悪くはないぞ。

◆ 第 118 話

8/15、なつの誕生日と、咲太郎とマダムの結婚祝いを、赤い風車で開催。

そして、8月15日に流れる、優しいあの子!
めげずに歩いたその先に、知らなかった世界。

なつ、30歳になった。

なっちゃんがその歳になって、人妻になって、そりゃ新宿も変わりますよ、とリリーフランキー演じる茂木社長。

そして、茂木社長の斡旋で、風車は、ゴールデン街に移転する、と。

しかし、咲太郎、それはだめだ!俺に任せてくれ!と、割って入る。

「ありがとう。でも、断るよ。」とあやみさん。

「なんで!?」

「だってわたしは、ゴールデン街で、十分だから。」

「母ちゃん…」

「その、母ちゃんってのもどうにかしてくれないかな、わたしはもともとお前の母親でもなんでもないんだからね、ワッハッハ」とあやみさん。

え?、と、ショックを受けている様子の咲太郎。

みていた煙カスミ、言い過ぎよ、とあやみさんに釘をさす。

あやみさん、キッと表情と口調を硬くし、

「咲太郎、いい加減大人になりなよ。親孝行だったらさ、もう十分、してもらったからさ。」

「なにもしてないよ!」

「もう十分だよ」

「俺はまだあなたに、なにも恩を返していない!」

「十分してもらったってば!」

「じゃあこれからどこに住むんだよ」

「どこにだって住めるよ」と、明るく振る舞うあやみさん。

「あやみさん、もしよかったら、また一緒に暮らしませんか」となつ。

「別に、ぼくも、かまいません。ぼくも、いますけど。」と坂場。

「考えてみたら。わたしはこの風車に10年も住んでいたんだから。北海道のときにいた時間と、同じなんです。あやみさんは、もう大事な家族です。あやみさんがどこかに落ち着くまででいい、一緒にいてください。」となつ。

「ありがとう。….なんであんたたち兄妹ってのは、こんな優しいの。」

涙で声を詰まらせるあやみさん。

しかし、明るさを絞り出し、

「だけどさ、もういいかげん、わたしを、解放してちょうだいよ、わたしは本当に、大丈夫だから。」

と。

「もういいじゃないの!ゴールデン街でも、あやみさんなら、楽しくやっていけるよ」と煙カスミ。

店に来てる面々、みんな、俺も、わたしも、入り浸るよ、と。

「あやみの好きにしたらいい。どこにいこうとそれが、あやみの店だ。俺たちの、ムーランルージュだ。」と、フジマサ親分。

「親分さん、わたしがこの店をやってこれたのは、咲太郎と、なっちゃんが、いてくれたおかげです。だって本当に、楽しかったから。」とあやみさん。

思わず、涙を流すあやみさん。

「さ、こっからまたはじまるんだ。悪いけどはじめさせてもらうよ!わたしの、人生ってやつをね!」

煙カスミ、歌を歌う。
明るく盛り上げる。

咲太郎、涙流してる。

そして、後日。

赤い風車は、もぬけの殻。

あやみさんは引っ越した。

どこへ、かは咲太郎へもなつへも伝えず。

煙カスミも、知らない。

そんなことって、ひどすぎるだろ。勝手すぎるだろ、とショックを隠せない咲太郎。

しょうがないだろ、と煙カスミ。

「俺は母ちゃんになにもしてやれないんですか?!」

「あんたの結婚を喜んでるからだろ、あやみちゃんが。」

「え」

「心から、喜びたいと思ってるからじゃないの」

「どういうことですか」

「あやみちゃんはね、コウコさん(マダム)に嫉妬したくなかったんだよ。そんな自分を、あんたになんか見せたくなかったの。ずーっとそういう思いを押し殺してさ、あんたの母親を演じてきたんじゃないの。」

咲太郎、呆然となる。

「わかってあげてよ。あやみちゃんだって、弱い女なんだから。」

「ずっと前から、カスミさんはそう思ってたんですか?」となつ。

「うん、そうよ。でもね、なっちゃんが来てから、あやみちゃんは救われたと思うよ。これで本当に、咲ちゃんと家族になれた、と思って。だから、楽しかった、って言ったの。その気持ちだけは、嘘じゃないと思う。」

咲太郎、ただただ泣く。

「咲ちゃん、あんたは本当に、あやみちゃんの子供になったんだよ。純粋に親子でいたいから、あやみちゃんはここを去ったのよ。」

すると、店の中にレコードが一枚残されているのに気づく。

あやみさんが、風車で最後に聴いていた曲。

レコードに針を落とす。

それは、孤児院で流れてた、あの曲だ。
咲太郎が、それを聴くと、悔しくて涙を流していた曲。

嗚咽をつまらせる咲太郎。

そして、なつ、残された封筒に気づく。

なかをみると、頑張れよ、咲太郎、というメッセージともに、絵が。

かつて咲太郎が描いたと思われる、奥原家の家族の絵だ。

「なつよ、咲太郎よ、あやみさんは、まだまだこれから。 ありがとう。あやみさん。またいつの日か、あやみさん。」とウッチャンナレーション。

◆ 第 119 話

西荻窪の家。

台所で、きゅうりを切るなつ。

そこへ、神地、下山さん、茜さんがやってくる。

なにやら、神地、腹を立てている。

茜さんも、もう、いやになっちゃった、と。

会社で、なにかあったようだ。

そしてながれる、優しいあの子!

居間にあがり、なにごとか話をきくと、茜さんが産休に入るということで会社にあいさつに行ったら、社長に、産休明けからは契約にしろ、と言われたと。

働きたいという意思を汲んで、契約にする、と。出勤時間もフリーになるし、そのほうがいいでしょう、と。

「実質クビでしょクビ! 落ち着いてられるか!」と憤慨している神地。

「おいおい落ち着け、ここは労働組合じゃないぞ」と下山さんなだめる。

そして、茜さん、会社をやめることにしたという。そこまでして、働くことはないと。

子供ができたら退職させる、そういう会社は多い、世の中がまだ、そうだから、仕方ない、と。

「これじゃアニメーターの未来は暗いよ! アニメの地位が低すぎるからだよ、それをあげないと仕方ないよ! 」と息巻く神地。

その夜、居間のテレビで、テレビ漫画をみている坂場となつ。

魔法少女のアニメ。

人間は魔法を使えないもんね、とつぶやくなつ。

それから、茜さんに代わり、原画に入ったのは、堀内さん。

堀内さんの奥さんは、仕上げ課の、モモッチの後輩の子。

「入社時に、子供産んだら退職する、って誓約書書いたんですか? 」ときくなつ。

「そうみたいだね。でも、もともと結婚したらやめようと思ってたみたいだから。でも、なっちゃんとうちの奥さんは違うよ。うちの奥さんは良妻賢母のタイプだから」と堀内さん。

「ふーん、私とは違うんですか」

「いや、そういう意味じゃなくて、あの」

ドギマギする堀内さん。

後日、

下山さん、茜さん、子をさずかる。

名前は、明子、と書いて、めいこ。

メイちゃん。

子供を産み、仕事をやめて良かったと考えてる、と茜さん。

「この子を置いて仕事に行くなんて、今じゃ考えられないもの」

ふーむ、となるなつ。

それをみている坂場。

そして、一ヶ月後。秋の深まる季節。

なんだか、昼間からやけに眠そうななつ。

ちょっと、気持ち悪い、と。

病院へ行く。

そして、西荻窪の家に帰る。

そして、坂場に話す、

「赤ちゃん、できてた」と。

「よ、良かったじゃないか」と坂場。

「ほんとに? イッキュウさんはうれしいの?」

「うれしいよ!君は、嬉しくないのかい?」

「うれしいよ。お医者さんに、言われた瞬間は、信じられないくらい、嬉しい気持ちになった。だけど、どうするの。わたしは仕事をやめるわけにはいかないよ。やめたくないよ。」

「できた以上は、産まないという選択肢はないだろ、僕たちに。だったら、そんなことはとても小さなことだ。君が、母親になるってことに比べたら」

「やっぱり、仕事より大事ってことよね」

「そうじゃない。」

なつのてをとる坂場。

「産むと覚悟を決めて、仕事のことは考えればいいと言ってるんだ。一緒に考えよう。」

「一緒に?」

「幸い僕は、いま、家で働いてるわけだし、君を支えることができると思うんだ。たとえ契約になったとしても、仕事を続けたいなら、好きなだけ続ければいい。それでもし、会社が、その後の君の仕事を認めれば、次からは、ほかの女性も働きやすくなるだろう。子供を育てながらアニメーターを続ければ、そういう戦いにもなるんだよ。君が、その道を作るんだよ、そういう開拓精神が、君にはあるはずだろ。一緒に、頑張ろう。」

「じゃあ、喜んでいいのね?」

笑顔になる、なつ。

「当たり前だ」

「ありがとう。」

「こちらこそ。」

おめでとう、なつ。笑って母になれ。

◆ 第 120 話

赤ちゃんできたが、仕事続けたいなら続ければいい、と理解を示す坂場。

そして流れる、優しいあの子!

下山さんと神地を呼び出すなつ。

妊娠して、3ヶ月であることを伝える。

「ひょっとして、イッキュウさんの子? 」と神地

「ひょっとしなくてもそうです!」となつ。

会社にはこれから言うつもりだが、二人には先に言っておいたのだ、と。

それから、仲さんらにも報告。

仲さん、とりわけ驚き喜ぶ。

アニメーターたち全員へ報告。

そして、なつが仕事を続けていけるように、みんなで協力しよう、と呼びかける。

茜さんはやめてしまったけど、なつは契約でもいいから、続けたい、と。

しかし、その、契約になってしまう現状そのものはどうなのか、と投げかける神地と下山さん。

「アニメーター全体の存在価値が問われてるんです!」と息巻く神地。

いまなっちゃんを守れるのは、男でも女でもなく、俺たちアニメーターの仲間しかない、と。

「よくわかった。なっちゃんが望むなら、いくらでも協力する」と仲さん。

「君の本心はどうなんだ。契約でいいのか。」と井戸原さん。

「いや、このまま続けたいです。女性アニメーターの道を拓きたい」となつ。

しかし、どうやって上と交渉を。

僕に考えがある、と仲さん。

社長室へ、アニメーター全員でおしかける。

社長に、奥原なつより、ご報告があります。と仲さん。

「わたしはこの度、子供ができました。」と社長に報告するなつ。

「わかりました、産休をとりたいと。」と受け止める社長。

「それだけじゃないんです、そのあとに、契約にするなんて言わないでほしいんです」と神地。

「君はどういうつもりなんだ、まるで組合のデモじゃないか。仲さん、井戸原さんまで。」と憤る社長。

「これは、組合を超えた、結束です、いちアニメーターとして、奥原なつの意思を尊重したい、奥原なつを契約にするなら、我々全員を契約にしてほしい」と仲さん。

「待ってくれ!契約というのは、働きやすいと思って提案してるんだ!」と慌てる社長。

赤ちゃんがいれば、長くは働けなくなる。契約にすれば、自由に時間が使えて、そのほうが楽でしょう!と。

「わたしは楽がしたいわけでも、お金がほしいわけでもなく、仕事でもっと成長し、いい仕事がしたいんです。なんでそれが、子供ができなくなるとできないんでしょうか。いままで望まれたことを会社から望まれなくなるのが、一番悔しいんです。」となつ。

「現実問題として、期待には答えられないでしょう。実は、君には作画監督になってもらうつもりだったんだよ、女性ではじめて。だから、妊娠の話を聞いた時は、がっかりしたんだよ、いや、おめでたい話だけどね」と打ち明ける社長。

「ぜひ、やらせてください!お願いします!」

「激務だよ、大丈夫? 子供を産んでも、できるというのだね?」

「はい。できます。」

「よし、わかった。それなら、君の意思を尊重しよう。引き続き、社員として頑張ってくれたまえ」

やった!!
みんな拍手。

しかし、本当にその激務、大丈夫なのだろうか。

その後、職場の赤い電話で、坂場に電話をかけるなつ。

いままで通り働けることになったことを伝える。

なつ、そっと自分のお腹に触れる。

なつよ、予測もできない未来が待っている。恐れず、来週に続けよ。

★ 感想

咲太郎がマダムと結婚し、あやみさんが旅立ち、なつが妊娠発覚の今週。
人生は移り変わっていく。なつぞらも、人生もあっという間だ。
それぞれのセカンドライフが幕を開けるわけですよ。

次週、なつよ、新しい命を迎えよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です