新コーナー、もえの漫画100選始動。声優の須藤沙織ゲスト回 響き渡るいるかの鳴き声 人工知能犬どっちくんとグラビア・コスプレの伊織もえがリスナーの悩みに答えたりしていく番組、伊織もえの冠ラジオ「いちごとレモンとマスカット」第21回目の放送を聞いた(8月24日)  

「時刻は土曜の夜8時30分、こんばんは、伊織もえです」とはじまった。

夏のコミケ、四日間を終えたいおりん。

サークル参加の日は、累計1200人ほどが来た。

ひとりひとりに写真集を手渡ししたいおりん。

コミケでは、初のTシャツを販売。
お昼には完売。
いま、通販のはいおりんみずから発送の準備中。

そして、新コーナー。

もえの漫画100選

電子書籍でいれてる漫画が2000冊を超えてるというマンガ オタクないおりん

逃げたくなる時 ひとりでさみしいとき
いおりんは漫画に支えられている

そんないおりんが紹介する漫画。

1回目、紹介した漫画は

藤田和日郎先生による、からくりサーカス

少年サンデー連載。

とある病気が蔓延。笑わせないとしんでしまう少年。殺し屋に狙われる少年。銀髪の髪の女性。三人が主軸となって進む。

40数巻あるが
一番いおりんのグッときてるシーンは

ずっと笑わなかったシロガネというキャラクターが

でかいページで大笑いするところ。

人間関係に疲れた人にぜひ読んでほしい、とか。

まとめ買いしたい。

そして、曲

mogsanと野呂佳代で

さよならサマー


いい感じの気だるいサマー感

はやく夏さよならしたいなー と、いおりん

そして、もえちゃんとの約束。

今週のテーマを語るコーナーだ。

メッセージや悩み。

ラジオネーム、しんや さん

「僕の悩みを聞いてください。それは、夏休みの課題をする気が起きないことです。やらなくてはと思うんですが、課題が読書感想文ということもあって、どうしてもやる気が出ません。いおりんは、やる気がない時どうやってやる気を出していますか。」

いおりんは、やりはじめたらやる気がでる、と思ってる。

だから、まずは本を読み始めれば、次第にやる気がでるのでは。

あとがきからチラチラ読んでみては。

そして、テーマ、「転生」に関するメッセージ。

ラジオネーム シューターさん

「ん、なんだ、なにが起こったんにゃ いつもより音が大きく聞こえる 指先のふにふにとした感触 もしやこれ、ねこににゃってる!?
っていう転生ストーリーはどうすか」

いおりんは、お金持ちの裕福な家の猫になりたい。

ご飯も出て、しっかりからだも洗ってもらえる家の猫。

いくらデブになっても許してくれる飼い主がいい。

こんなに太ってもかわいいなんて天才!と。

次。ラジオネーム、来世は朝顔さん。

「僕が転生するなら、すごい能力を持っていなくていいです。流行りのチートの能力を持っていると、戦わないといけないので、僕はいまのままで、優しいおばあさんと孫娘のエルフに拾われ、商人として生きていきたいです、現代の商法を異世界で発揮して。のちにエルフの孫と結婚。」

最初は控えめながら、最終的にはいろんなこと要求してくるタイプですね、といおりん。

欲望だだもれな朝顔さん。

最近いおりんが読んだ漫画で、とある能力を持ってる主人公がいるが、それが、異世界でAmazonなどのネットショッピングを使える能力で、Amazonで注文すると目の前にそのたのんだものがあらわれたりする、というのがあったという。 「とんでもスキルで 異世界 放浪飯」という漫画

次週のテーマは、この夏の失敗。

そして、ゲスト。

声優の須藤沙織さん。

◆ 須藤 「最初から最後までキューキュー言って」

須藤 「こんばんは!」

いおりん 「こんばんは!」

どっち 「こんばんは」

須藤 「あ、どっちくんだ! こんばんは」

いおりん 「今回出演していただけるにあたって、めちゃくちゃwikipediaをみてきたんですよ」

須藤 「うれしい!」

いおりん 「クレヨンしんちゃんとか」

須藤 「出させていただいて。ドラえもんとか。」

いおりん 「ドラえもん! ちなみにどんなキャラクターで」

須藤 「ドラえもんだと、ちょっと前だとイルカの役とか」

いおりん 「イルカ! かわいい! イルカって、鳴き声ってことですか?」

須藤 「そうです、キュー! (イルカの鳴き声)」

いおりん 「かわいい!」

須藤 「最初から最後までキューキュー言って」

いおりん 「台本にはキューしか書いてないんですか?」

須藤 「そうですね」

いおりん 「それで、うれしい悲しいの感情を表現する」

須藤 「そうですそうです。のび太くんと一緒で楽しそうなキューとか。」

いおりん 「悲しいキューはどんな感じですか?」

須藤 「キュー…」

いおりん 「ああ! 悲しい! 怒ったキューも聴いていいですか?」

須藤 「キュー!」

いおりん 「怒ってる! かわいい!」

どっち 「もえちゃんもやってみて」

いおりん 「キー!」

須藤 「本物寄り!」

◆ 須藤 「夢をプラスする、というか。リアルないるかの声もいいけど、アニメーションの絵を見てると、そこに、想像力が、自分の中から出てきた、かわいいな、とか柔らかい表情してるな、とか、入れたくなりますね。」

どっち 「どうして声優さんになろうと思ったんですか?」

須藤 「もともと演劇部に入っていて、お芝居をするのが好きで、その中で、ファンタジックな世界に入っていけるものとして、声優さんが結びついたんですよね。芝居をしていて突然ドラゴン出てきたり魔法出てきたりイルカになったりは、実写ではないので。」

いおりん 「いるかの声でも、声優さんはアニメの声にするにあたりデフォルメ化しなきゃいけない。表現の仕方が違うのかなと思いました。」

須藤 「夢をプラスする、というか。リアルないるかの声もいいけど、アニメーションの絵を見てると、そこに、想像力が、自分の中から出てきた、かわいいな、とか柔らかい表情してるな、とか、入れたくなりますね。」

どっち 「声優さんになるために、どんな努力や勉強をされたんですか?」

須藤 「養成所に通って、身体の基礎をつくり、筋トレ、ストレッチ、滑舌、発声は、土台としてしました。どんな舞台に立つにしてもそういう基礎の部分は大切だな、って思いますね。」

◆須藤 「台本から、読み取る力っていうのはすごい、大切だなって思いますね。」

どっち 「声優をしていて一番大変なことはなんですか?」

須藤 「正解がないから、自分で、もちろん現場で指定されることはあるんですけど、基本的には自分で考えて演技とか考えていくので。」

いおりん 「声優さんの台本って、ほんとにセリフしか書いてないじゃないですか。例えば、すごく暑くて、熱い、っていうセリフを言ってくださいってなったとしても、それがどれくらいの暑さなのかとか、湿気がどれくらいあるのかとか、そういうの全部、想像でおぎなわないといけないじゃないですか。そこを決めるのは声優さん自身だから、正解がないっていうのはすごくわかります。」

須藤 「あとは、どこかにヒントはないかっていうのは、台本から、読み取る力っていうのはすごい、大切だなって思いますね。」

いおりん 「ほんとに、言葉だけ与えられても行動ってわかんないですもんね。自分で脳内で全部補完して、ほかの人との行動と照らし合わせて、ですもんね。」

須藤 「ほんとそうなんですよね。」

いおりん 「こういう風に、表現しようと思って現場に行って、それが、まるっきりひっくりかえることってあるんですか? ロリキャラだと思って行ったら、ショタキャラだったとか」

須藤 「固めすぎないのも重要だな、と思って。あんまり固めすぎると、ニュアンスができなくなって。余白というか、ラフな部分を残しておくのは重要だなと思いますね。」

いおりん 「そこの対応も、普段筋トレとかしてけば、対応できる、ってことですよね。」

須藤 「そう!そこが言いたかったんです!」

いおりん 「演技のお仕事って、準備9割、現場1割ってきくんですけど、やっぱり、筋トレをしておくとか、キャラクターの気持ち背景をしっかり考えておいて、声優さんってやってるんだなって思いました」

須藤 「ありがとうございます!」

いおりん 「いるかの声聞けて嬉しかったです!」

そんなわけで、須藤さん。

ここで曲、

ミセス グリーンアップル で 青と夏
https://youtu.be/m34DPnRUfMU

イオリーンクイズ

前回は

漫画ゴールデンゴールドのなかでいおりんが一番印象的だったセリフ

それは

でべら飯

でべら飯とはなにか。
それは漫画を読んでチェックしてほしいとのこと。作り方も書いてある。

なぜでべら飯が印象に残ったかというと

気持ちの悪い地蔵のキャラクターが
はじめて発声する言葉が

でべら飯

だったこと。

これはわからんだろ!

今回は、初の試み、ゲストの方に絡んでもらってのイオリーンクイズ。

須藤さんがいままで一番響いたアニメは。

ヒント

命がけの戦いのある作品。
絆が深い作品。
主人公は男の子ふたり。
男の子ふたりの絆が深くて、みていてすごく入り込める。
主題歌が有名。
その作品の世界を物語ってある主題歌。

イントロクイズ

フッフフフフフーフッフフフー

イントロのはずが、サビの部分を歌ってしまった須藤さん

ロボットもの

というのもヒント

これは盛りだくさんのヒント。

漢字が難しいタイトルだとか。

正解がわかった人は、ドッチくんアプリに答えをぶちこもう。

#もえドッチ
ichigo@tbs.co.jp

土曜の夜 8:30
もしくはradikoのタイムフリーで

盛り上げていこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です