荒木荘での修行の日々が始動!1988年生まれの戸田恵梨香が陶芸家として信楽焼を追求していく101回目の朝ドラ、スカーレット 視聴の記録 第3週 「ビバ! 大阪新生活」

9/30からはじまった、101回目の朝ドラ、スカーレット。

1988年生まれの戸田恵梨香が主演で、信楽焼をめぐるドラマだという。

朝ドラオリジナル脚本で、脚本家は、水橋文美江。

第3週 「ビバ! 大阪新生活」

◆ 第13話

Superfly のフレアが響き渡る。

生まれ故郷でもある大阪へ、たった一人でもどる、きみこ。

荒木商事、という、父親に斡旋してもらったとこを訪れる。

しかし、約束の場所に、なかなか荒木の社長は現れない。

どうやら、忘れているようだ。

荒木商事では、ブラジャーのデザインなどしてる。

そこへ、警察が、迷ったきみこを荒木商事につれてくる。

これは、先行き不安だ。

ほんまごめんな!下着ショーのことで頭がいっぱいで! と荒木商事の、荒木サダ。

ちょっと前までは、乳パッド、と呼ばれていたが、ブラジャーというのが、このころ普及した。洋服が普及したことに伴うことだ。

おしゃれな雰囲気に、笑顔になるきみこ。

荒木サダ、荒木商事のメンバーを紹介。
みな女性。片腕のニノミヤさん。縫製のチカコさんとアサコさん。

下着会社として、生まれ変わろうとさせている。

しかし、きみこにここ荒木商事で仕事あるわけではない。

荒木サダの住む荒木荘で、炊事洗濯などの仕事。女中。

父ジョージがたのみこんでのこと。

「そうでしたか、うち、女中でしたか。」ときみこ。

そして、荒木荘へ。

部屋に案内されるきみこ。

荒木荘にすむ、学生服の青年、立てかけの悪いドアを直してる。酒田圭介。医者目指してる医学生だと。

きみこ、その青年とその部屋をシェアするもんだと思い、あわてる。

僕すんでるのは二階や。かあいらしいなぁ。と酒田。

そして、荒木荘の女中のドン、大久保さんを紹介。

仕事は明日からで。今日はご飯食べて。

ご飯?! まかない付き…

部屋の広さ、布団、ご飯付きという待遇に、感激しているきみこ。

はしゃぎまくるきみこ。

でんぐり返ししたら、ドアふっとばし、

壁ぶちやぶり、隣の部屋が露呈。

◆第14話

よろこび勇んで、でんぐり返ししたら、壁壊れて、となりの部屋のひとにぶつかる。

そして流れる、Superflyのフレア
日々、恋をして、胸をこがしたい

隣のへやの住人は、ボサボサ頭で、でかいメガネの女性。水野美紀が演じてる。

一回起きたが、また寝るその女性。

そして、女中ボスの大久保さんと荒木サダに呼びだされるきみこ。

女中の仕事はこんな若い子にはできへんのやないか、と。

「できます! うち、一生懸命やります!」ときみこ。

大久保さん、皿を三枚出す。

「仕事のため、家族のため、仕事も家族も関係なく、どの気持ちで磨いたらきれいになるか?」

と大久保さん。

「仕事も家族も関係なく、のやつです!」と答えるきみこ。

しかし、

「どの磨き方でもおんなじや」

と大久保さん。

え?

「どんな気持ちでやったかて、ひとからみたら変わらん。誰にでもできる仕事や思われてるからな。ほめてくれるお母はんはいてへん。ここは、赤の他人の寄り集まりや。あんたみたいな若い子には無理や。」

「そんなこと」

「さっそく、あんな失態やろ」

となりのふすま倒した。

「断言します!あんたには無理や、信楽帰り!」と大久保さん。

えええ…

その後、肩を落とし歩いていると、となりの部屋の、さっきふすまを倒した部屋のひと、庵堂ちや子とすれ違う。

ふすま倒したこと謝り、あいさつ、でも、もう務まらんと言われたから明日はいないうんぬん。

庵堂ちや子、ニヤリとして去る。

とりあえず、部屋で落ち込むきみこ。

部屋の窓あけようとするも、建てつけが悪くてあかない。

その様子みて、あきれてる大久保さん。

最後に、ごはんをごちそうになるきみこだが、食欲もわかない。

食べてみると、

ごはんはおいしく、そして、悲しく。

最後には、おいしくが勝ち、パクパク。

そして、夜、お詫びの手紙と、お金の入った封筒を受け取るきみこ。

そして、かばんをあけると、荷造りしたときにいれた覚えのないものが

くさっ! なんだこれ?!

その下に手紙。

母から。

“きみこへ。余計なこと言うな言われてるので、要点だけ書きます。同封したはがきには、こっちの住所と宛名が書いてある。そのまま送れば、お母ちゃんに届く、魔法の手紙や。用意したんは、ようこさんたちです。あんたのために縫ったスカートと一緒に届けてくれました。信楽の人は、みんな優しい、ってお母ちゃんが言いました。そしたら、ようこちゃんが言いました、一生懸命やってるのをみてきたからや、と。一生懸命手伝いしてたきみちゃんを、ようみてきたからや。きみこ、どんなことでも、一生懸命やってたら、だれかがみててくれんやな。もひとつ。お父さんが自分の手ぬぐいいれました。わざと洗ってないの。くそうて腹たって、負けるもんかと思う、って。ほんまやろか。そしたらそれも、魔法の手ぬぐいや。お父ちゃんの働いた汗の匂いです。”

涙を流すきみこ。手ぬぐいのにおいかぐ。臭い! 臭いが、涙が流れる。

◆ 第15話

手紙を読み、決意するきみこ。

そして流れる、Superflyの、フレア。
日々、恋をして、胸をこがしたい。

早朝から、きみこ、荒木荘ではりきり働く気まんまん。

朝帰り、新聞記者の庵堂ちや子。

酒田圭介も起きてくる。

きみこ、話がある、と。

大久保さんは、うちにはつとまらんと話をされました、大久保さんはいま、柔道でいうところの対戦相手です、と。

そして、草間流柔道は、相手を敬うところからはじめます、と言い、大久保さんのいいところを述べるきみこ。

大久保さんは、女中など誰でもできるというが、大久保さんのつくるご飯は、大久保さんにしかつくれんものです。

うちは、家の中の仕事も、大事な仕事や、いつか、あんたにしかできひん、と言わせてみたい、そう思いました。

どうか、やらせてください、戦わせてください、お願いします!

頭を下げるきみこ。

たたかう、て、子供相手に、あほらし、と大久保さん。

去っていく。

愕然とするきみこ。

しかし、テーブルの上にお茶。

大久保さん、あえて、お茶を淹れる仕事をきみこに残す。

働けることになった!

庵堂ちや子と酒田圭介、ここにいるもう一人の住人、一番広い部屋で一番長く住んでる人が、ずっと顔見せないことを気にかける。

部屋をおとずれる。しかし、出てこない。

田中ゆうたろうさん。

きみこ、通りかかる。

田中ゆうたろうさんにあいさつや。

ノックするもでてこない。

朝の溺死体のニュースはまさか?!

ノックする、

やっとでてくる。

しかし、かわるがわる、違う感じの人出てする。

三つ子です!と。

全部ゆうたろうさん!
へんなひとだ!

荒木荘の朝は早い。

慣れないうちは、4時半起き。

朝から、掃き掃除。

炊事。

起きる時間も出かける時間も、まちまちな、荒木荘の面々。

お弁当も用意する、きみこ。

買い物、御用聞きの応対も。

洗濯は、ちゃんと分けてやる。

市役所勤めをやめたゆうたろうさん、なにをしてるか不明。

冷たくなったごはんは蒸し器で温める。

夕ご飯もバラバラ、その都度用意する。

自分のご飯は、空いた時間に。

覚えること考えることたくさん。自由な時間はほとんどない。

寝る前のひとときにホッとする。

はじめてのはがきに、おかあちゃん、楽しいです、と書くきみこ。

◆ 第 16 話

大阪のきみこから、信楽にハガキが届いた。
縁側で読む、母。

大阪では、がんばって働くきみこ。

そして流れる、Superflyのフレア。
日々、恋をして、胸をこがしたい。

電話対応のやりかたの説明をうけるきみこ。

まず、電話やってみい、ナメられんように、大人のええ声だすんやで、と大久保さん。

荒木荘でございます、を練習。

信楽でも、おおのさんとこに、電話が置かれてる。

きみこ姉ちゃん、大阪で楽しんでるなんて許せん!電話する!

と、なおこ。

電話は金かかる。ふてくされるなおこ。

難しい年頃。

住み込みで働く、ふたりの坊主頭に、めしをふるまい、飲み屋に連れてくジョージ。

酔いつぶれて、マギー演じるおおのさんに迎えにきてもらい、家まで運んでもらうジョージ。

そして、大阪、荒木荘に電話するジョージ。

きみこが出る。

いい声だそうとがんばるきみこ。

なんも喋らないジョージ。

なんも喋らないから、誰からかわからず、電話切るきみこ。

嗚咽して泣く、ジョージ。

きみこ、頑張れよ、きみこ…

それから、信楽に手紙が届く。

熊谷てるこからだ!

いかに楽しい高校生かの自慢の手紙。楽しいの文字が36個もあった。

てるこらしい、とニンマリするきみこ。

信楽の高校で、楽しい様子を演出して、写真撮りまくったてるこの写真が同封されてる。

手紙読み終え、きみこ、家事で荒れた自分の手を眺める。

遠くを見つめるきみこ。

そして、庵堂ちや子さん、帰宅。新聞記者だから、帰り遅い。

お、手紙、みてもええ?

てるこからの手紙と写真をみる、庵堂さん。

おお、高校か。

世間話、身の上話をする、きみこと庵堂さん。

大阪にでてきたいきさつを話すきみこ。

旅のお供に連れてきた、夕陽をみて拾った、信楽焼きの破片を、庵堂さんにみせる。

「お、信楽焼きやん。価値わかるひとに、みせてみるか? 」

え!?

価値あったらどないしよ!??と興奮するきみこ。

◆第 17 話

歌える喫茶、さえずりのチラシもらってるきみこ。

荒木荘にきて、もうすぐ一月。

そして流れる、Superflyのフレア!
日々、恋をして、胸をこがしたい。

仕事の段取りにも慣れ、叱られることも少なくなった。

気持ちの余裕も生まれた。

靴箱にはる名札とか作ったり、絵を描いたり。

そんな中、先輩の記者が辞めたとやらで、いつもにもましてつかれてる庵堂ちや子さん。

大久保さんは、きみこが絵を描いたりするひまをあんまりよく思ってない様子。

やぶれたストッキングを箱で持ってくる大久保さん。

「絵を描くより、これをなおし!」

「これ、荒木さんのですか? うーむ」

「できるかできないかどっちや!」

「できます!!」

夜、ストッキングを繕うきみこ。

夜なべして、次の日、寝坊してしまうきみこ。

ストッキング治す箱を追加で持ってくる大久保さん。

ひゃー!

ストッキング縫いに追われながら、家事もこなすきみこ。

また持ってくるさかいな!と大久保さん。

ストッキング縫いすぎて、ストレスたまるきみこ。

大久保この野郎、と枕を大久保さんに見立てて、ボコボコにしてストレス発散。

気を取り直して、また縫い。

その後、荒木サダに頼まれ、久々に荒木商事へ。

お弁当を届け。

ヘアメイク、わいわいしてる、荒木商事の女性たち。

そして、荒木サダさん、一月のお給金を、きみこに渡す。

入ってたのは、千円札、一枚。

大卒の初任給は、6千円くらい、の時代。

大久保さんがいるうちはまだ見習いやから、ちゃんとしたお給金は、大久保さんいなくなってからや、とサダさん

げぼー!

きみこ、大久保この野郎!!!と枕にプロレス技かける。

◆ 第 18 話

信楽にて、父ジョージ。

きみこから、初任給が全額送られてきた。

家族総出で、封を開けると、

中には

少ないけど、生活の足しにしてください、ときみこの手紙。

中に入ってたのは、1000円。

大卒の初任給が6000円だった時代。

大阪では、大久保さんのストッキング地獄と戦うきみこ。

そして流れる、Superflyのフレア!

夜中、ストッキングを縫ってると、庵堂ちやこさん、帰宅。

給料が1000円だった、という話をちやこさんにする。

ほんとは、実家にお給金ぜんぶ送らず、口紅ひとつ、こうてあげたかった、と。

「誰に? ….え、うち?」

「いつもおつかれだったんで、少しでも元気なってもらおうって」

「きいつかわせてしもたな。ありがとう。」

最近、会社のひとが引き抜きにあって、残されたちやこさんはてんてこ舞い。

そして

下着ショーの日。

きみこは、休みをもらった。

下着ショーには、ちや子さんも一緒。

出かけるに際し、はいてくくつがない、ときみこ。

ほなこれ履いてみ、とちやこさん、靴を貸す。

行く途中で会社も寄るから、旅のお供、みてもらおう。

旅のお供とは、信楽焼の破片。

ちやこさんが務めるデイリー大阪は、戦後できた、夕刊紙。

デイリー大阪、なかに入ると、社員もめてる。

荒くれどもが集っている。

信楽焼のかけらも、わかる学者にみてもらう。一旦、預け。

きみこ、汚れてる湯のみがきになり、洗っていいですか、とみんなの湯のみを洗う。

そして、下着ショーへ。

「アメリカでは、婦人がブラジャーをするのは常識よ。洋服を着た時、美しく、バストラインを出すことができるんです。」

荒木サダのプレゼン。

下着ショーに笑顔で拍手するきみこ。

帰りに、喫茶店に寄るきみことちやこさん。

ちやこさんは喫茶店で早々に記事を書き上げ。

喫茶店、歌える喫茶なので、歌集もある。

ふと振り向くと、ゆうたろうさんが、歌ってる!

そして、喫茶店で電話して戻ってきたちやこさん、ひきぬきや!と。

なんと、デイリー大阪から、引き抜き!
お給料5倍は出す?!

★感想

荒木荘で住み込みで働きはじめ、大久保さんの厳しい指導のもと、家事をこなし、個性豊かな住人と交流を深めていくきみこ。きみこの負けないぞ根性が大きな山も、大久保さんも、動かしていきそうだ。

初任給が6000円の時代に1000円しかもらえないという苦行! 新聞社からの引き抜きが転機となるか! がんばれきみこ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です