1988年生まれの戸田恵梨香が陶芸家として信楽焼を追求していく101回目の朝ドラ、スカーレット 視聴の記録 第11週 「夢は一緒に」

9/30からはじまった、101回目の朝ドラ、スカーレット。

1988年生まれの戸田恵梨香が主演で、信楽焼をめぐるドラマだという。

朝ドラオリジナル脚本で、脚本家は、水橋文美江。

第 11 週 「夢は一緒に」

★今週のざっくりしたまとめ

・ふたり、抱き合っているところを父ジョージに見られる、きみこと八郎。
・あんなやつはあかん、結婚はあかん、となるジョージ。
・おおのしんさくが機転を利かして、八郎の部屋にきみこを連れてくる。
・嫁入り前の若い娘が男の部屋に、あかんです!となる八郎。
・帰りたくないです、ときみこ。
・ふたりで一緒に、ちゃんと父ジョージに認めてもらおう。
・日を改め、あいさつしにいくも、まともに取り合ってもらえない。
・何度も何度もあいさつしにいくも、跳ね返される。
・そんな最中、妊娠していたてる子が無事出産。
・きみこと八郎、てるこの出産に立ち会い、父ジョージに会いにいくの遅くなる。
・父ジョージやきもき。
・その夜、まぁあがれや、と八郎を家にあげる父ジョージ。
・陶芸家の夢をあきらめてくれるのなら、結婚よいです。夢をあきらめてください、お願いします、と頭をさげるジョージ・
・一旦、わかりました、となる八郎だったが、きみこ、そんなのあかん、と反抗。
・八郎ときみこの陶芸の道への熱い気持ち、母マツのアシスト、未来になにが起こるかわからんワクワクもあるということ、などなど、たくさん話し、父ジョージ、ついに折れる。結婚祝いと陶芸入賞祝い、一緒にしたるわ、賞取れるもんならとってみぃ。
・よろこぶきみこと八郎。
・しかし、翌日から、八郎は陶芸展への作品づくりにこれまで以上に力出す。
・よい、と思った作品、トシハルさんに見せるも、もっと時間かけて、自分だけの色を出せ、と叱咤激励。
・悩む八郎。
・そんな中、おおのさんとこの新しく開く喫茶店のコーヒー茶碗を頼まれる八郎。八郎のつくった湯のみ、すごくよかったと。
・引き受ける八郎。しかし、陶芸展の開店と陶芸展の日取りはほぼ同じ。心配するきみこ。
・作品をほめられること、求められることが、なによりも活力になるのだ、と八郎。

▪️第61話

八郎、きみこを抱き寄せる。

しかし、感極まってるきみこが前を向くと、そこには、父ジョージ!!

ジョージ、走り寄って、八郎を張り倒し、きみこを連れてく!

そして流れる、Superfly のフレア!
日々、恋をして、胸を焦がしたい。

家にもどるジョージときみこ。

どこの馬の骨かもわからんやつと!世が世なら切腹や!とジョージ。

「聞いてください、八郎さんいう人です。」ときみこ。

「八郎さんやない、ハレンチさんや、そしてお前はあばずれさんや! いいからはよ、お見合い大作戦行ってこい」と取り合わないジョージ。

しかし、きみこ、それに対して、

「結婚、考えてます。もともとそういう人や。お付き合いの先に結婚を考えてる、そういう誠実な人です。八郎さんには丸熊陶業で、陶芸を教えてもらってます。ソヨダさんは、陶芸家になりたい夢を持ってます。陶芸と真剣に向き合う、その姿をみて、うちは、あの人と、一緒になりたいです。」

それを聞き、ジョージ、

「結婚、せんでええ、ええねん」と、なんかわけわからん反応する。

なんかよくわからんが、あかん!とジョージ。

一方、八郎、おおのしんさくと一緒。

9歳のころのきみこの話を八郎にするおおのしんさく。

おとなしいしんさくだったが、きみこが垣根をこえてきた。

そっから、きみこと腐れ縁なんや、と。

そして、おおのしんさくのとこに、きみこ、やってくる。

おおのしんさくがゆりこに頼んだ。

男の一人暮らしの部屋に、嫁入り前の娘があかん!とあわてる八郎。

ほな、俺もう行かんといけんから、と二人を残して出かけるおおのしんさく。

「おじさんも、さっきはびっくりしてカーッとなっただけや、結婚ってことになったら、おじさんも大喜びや」と言い残し、しんさく出てく。

二人で話す八郎ときみこ。

張り倒され、立ち上がり、追いかけようとして、足をくじいた八郎。

八郎、あとでまたお父さんに話しにいきます、と。

「いまはいいから、とりあえず、足をなおして。とりあえず、結婚は、ええ」ときみこ。

「なんでですか、運動苦手、どんくさいのわかったからですか?」と八郎。

「そんな! 足の手当て、しましょう」

「ええです、帰ってください、ここは」

「本当に帰ってええの?もう会えんかもしれんで!」

「なんでです!!? ….お父さん、お父さんに、本当はなんて言われたの?」

「….帰りたくない。帰さんといて」ときみこ。

◆ 第 62 話

帰りたくない。帰さんといて、ときみこ。

八郎、急に呻き出す!

そして流れる、Superfly のフレア!
日々、恋をして、胸をこがしたい。

「照れ隠しで、陶芸の研究ノートみます?」と話題を変えようとする八郎。

色出しの研究ノート。
自分だけにしかだせん色をみつけたい。

「このノート、持って帰って学び。今日は、帰り。」

必死に衝動を抑え、きみこを帰そうとする八郎。

色出しの本じゃなくて、今度は土についての本を渡す。

「それで勉強し、また明日から朝夕勉強や!」

きちんと話しにいくさかい、また頭下げて、お願いしにいく。

「それは、うちに任して。うちのお父ちゃんは、ほんま一筋縄ではいかんねん。うちが頭さげて許してもらう」

「あほ。あほやん。僕がおるで。これからは、僕がおる。ほな、一緒に。一緒に、頭下げよう。ちゃぶ台ひっくり返されたら、一緒にかたそう。これからは、ひとりやなくて、一緒にやってこう」

「そやけど、また殴られるかも」

「好きな人のためやったら、かまへん」

「うちも好きや 前よりもっと好きになったわ」

「僕も好きやで」

「好きの大安うりやな!」

わはは、と笑う二人。

一方、お見合い大作戦はうまくいかなかったとか。

ほとんどが冷やかしで、真面目に参加した女性はいなかった。

しかし、真面目に参加した女性、それはおおのしんさくにアタック。

企画した側だけうまくいくのは忍びない、とドギマギするおおのしんさく。

一方、川原家、翌朝。

「もういっぺん、ソヨダさんと会ってください!」と父ジョージにたのみこむきみこ。

「ええけど。かまへんよ。」とジョージ。

「ほんま?! ありがとう!」

「そやけど、結婚はあかんで。あいつはあかん。」

その後、それをソヨダ八郎に伝えるきみこ。

「会ってくれるだけでもありがたい、何度でも会いにいくわ、許してもらえるまで。一緒に乗り越えような。」と八郎。

しかし、ふたりが話してるのをほかの商品開発室のひとが聞いてしまい、それがトシハルさんの耳に。

呼び出されるきみこ。

トシハルさん、てるこも一緒だ。

怒られると思ったきみこだが、

「なんで言ってくれなかったん!いつのまにそんなんなってたんや!」と明るい調子のてるこ。

トシハルさんも笑ってる。

ソヨダ八郎からトシハルさんに、ちゃんと話もあったという。

そういうことやったら、ほかの社員の手前もあるし、所帯持ってくれたほうが、もめごとにならずにすむ。

そうしたいのはやまやまだが、まだ父ジョージからの許しを得てないきみこ。

なんでや!ソヨダさんは将来有望やで!とてるこ。

ソヨダ八郎は、トシハルさんがその将来性を見込んで連れてきた男。陶芸展での入賞も遠くない。

夜、川原家。

きみこ、ソヨダ八郎を連れてくる。

父ジョージと対面。

◆ 第 63 話

ついに、父ジョージとソヨダ八郎が対面。

ジョージ、

「この間は殴ってすまんな、…以上や!」

と言って去ろうとする。

加えて、

娘はやれへん。

と言って、風呂に入りに行こうとする。

そして流れる、Superflyのフレア!
日々、恋をして、胸をこがしたい。

また日を改め、またたのみこみにくるソヨダ八郎。まったく取り合ってもらえず。

3回目は茶の間にあげてもらえず。

4回目は、家の中に入れてもらえず。

5回目からはすっぽかされ。

6回目もすっぽかされ。

7回目もすっぽかされ。。

ソヨダ八郎が熱意ある様子をみて、取り合わない父ジョージにご立腹。

家族の多数決で、もう結婚でええやん!と。

「うちが選んだ人や、心配いらんで。お父ちゃんに許してもらえるまで、100回でも、200回でも、頼みに行くわ。」ときみこ。

ソヨダ八郎との話、東京のなおこにも届いていた。

ひとこと、ガンバリイ! と電報。

ニンマリするきみこ。

そんな最中でも、仕事終わり、陶芸習いに行く。

気を使って、掃除をしようとするきみこ。
タダで教えてもらってばかりで悪いと。

しかし、

「掃除はいい、それより、授業料、払ってもらおかな。」と八郎。

金かぁ、といやがりながらも、払うきみこ。

そして、

「よし、このお金は、どうせ結婚したら二人のお金や。たまったお金で、陶芸の道具こうたらええわ。ヘラやなんやら必要なもんどんどんでてくるで。そのための、夫婦貯金や!」

それをきいて、心底嬉しそうにニンマリするきみこ。

「お父さんの許しが得られたら、大阪に映画見に行こう。美術館もええな、デパートの作品展みたり」と夢を語る八郎。

その様子を聞いて、部屋に入ってきた、てるこ。

デパート、いま彫刻展やってるで、行ってきたらええんや。と。

若社長トシハルさんとしては、新しいものをどんどんみて、感性を磨いてもらいたいと。

楽しそうに話すきみこと八郎、てるこ。

ソヨダさん、きみこのこと、よろしゅう頼みます、とてるこ。

そんな中、てるこ、陣痛か?!

いや、大丈夫だった。

いや、やっぱり陣痛か?!

コミカルなやりとり。

その夜。

川原家、父ジョージ。

毎日来てたきみこと八郎がなかなか来ないので、ソワソワしてる。

◆ 第 64 話

ソワソワしてる父ジョージ。

そもそも、あいつら、いつからやねん、と妻のマツに問い質すジョージ。

「知りませんよ、大阪からきはった方ですからね」

「大阪からって、…きみこが大阪にいるときから、…どうすんねん!」

「気になんなら、会って話したらええやん!」

「話したら、なし崩し的に結婚や、ってなるやろ、まだ早いやろ、結婚は。きみこはまだ俺ん中で、3歳や」

呆れて相手にしない母マツ。

そして、なかなか来ない二人。

「俺らんときみたく、駆け落ちしたんちゃうか?!! 熱情が燃えたぎって!」とやきもきを募らせるジョージ!

そして流れる、Superflyのフレア!!
日々、恋をして、胸をこがしたい。

別の部屋で話を聞いてたゆりこ、お父ちゃんとお母ちゃんは、駆け落ちしたん? と。

「若いときやったからな」

「そんで、お父ちゃん、熱情が燃えたぎってたん?」

「若いときはな」

気色悪っ!!と拒否反応示すゆりこ。

そんな中、きみこと八郎が帰ってくる。

遅れたのは、てるこの出産に立ち会ってたからだとか。

てるこの赤ん坊は、安産で、女の子だったとか。

今日はもう遅いから、八郎、とりあえず帰ります、と。

しかし、ジョージ、

まぁ、あがれや、と。

驚く一同。

ほな、上がらせてもらいます、お言葉に甘えて、とかしこまり、居間に上がる八郎。

ジョージの、一通り、ちゃぶ台ひっくり返し、それを止める、のコントがあったあと、

「もうええ、足崩せや。」と正座してる八郎へ。

「ソヨダ八郎といいます。」と改めて自己紹介。

俺、ジョージ。 と、なんか子どもっぽく言う父ジョージ。

なんやそれ! ときみこ。

「最初は砕けた感じで行くねん!」

寝転びだすジョージ。

なんやそれ! と起き上がらすきみこ。
仕切り直し、八郎の出身地の話、家族の話などする。

一通りきいて、

「あの、ひとつだけな、あの、ソヨダくん、八郎くん、腹割って、話すな。俺はずっと、こいつと一緒になって、ずっと苦労ばっかかけてきたんや。どこの馬の骨かわからんやつにはやらん、言われて、駆け落ち同然で飛び出してきて。泊まるとこなくて、橋の下で雨しのいだな。幸せにしてやろおもうとうたんや。幸せにできるおもうとうたんや。夢もいっぱいあった。大きい家たてよ、いうて。ハイキングも行きたいいうて、それなんも、叶えてやれんかったんや。ここも逃げるようにきて、みての通りオンボロで、失敗ばっかりの人生や。せやから、わかってくれるかな、八郎くんは、丸熊陶業いうとこで、社員さんでおられるやろ。ほんで、ええんちゃうの。きみこから、きいたんや。陶芸家になる夢ある、って。そんなん、夢、必要ですか。それだけがな、それだけがきになんねん、それだけが、わからへんねん。約束してください一個だけ、きみこと一緒になるんやったら、そんなふわふわしたこと言わへん、って。ひとつ、約束、してください。」

と、神妙に述べるジョージ。

「陶芸家になりたいいうのが、あかんのですか。夢を持つな、というのですか。」

「好きだけでは、夢というのは、叶いません。どうからお願いします。」

頭を下げる、ジョージ。

むむむ!

◆ 第 65 話

八郎に、夢を諦めてください、と頭を下げるジョージ。

それをきき、

「わかりました。きちんと定職について、合間の時間で陶芸をやります。丸熊陶業をやめるようなことはしません。約束します。」

と、真摯に答える八郎。

そして流れる、superflyのフレア!
日々、恋をして、胸を焦がしたい。

八郎が真摯に答える中、きみこ、

「もう遅いで。もううち、見てるんや、ソヨダさんと、夢。お父ちゃんの許しもろたら、美術展行ったり、映画館行ったり」

「行ったらいいがな」

「陶芸家になるための勉強やで。完成磨くんや。夫婦貯金いうのもはじめたで。電気釜買おう言って。ふたりでお金貯めて、陶芸家になって、ひとりだちして食べていける、そういうソヨダさんの夢を、うちはもう見てるんやで」

それを横で聞いて、八郎、

「食べていくのは大変や。苦労かけさせたくないいうお父さんのいうこともようわかる。…..趣味で、….趣味でやってくんのでも、ええよ」

「ええことないよ!自分だけの色出したい言うてたやん!!」ときみこ。

「ちょ、ちょ、待てよ、なんぼでも空いた時間にやったらええやん」とジョージ

「ものづくりはそんな甘いもんちゃうわ!そんな片手間でできるんやったら、みんな陶芸家なってるわ、絵付け師なってるわ! お父ちゃんが酒飲むとは違うんや!一緒にすなや!!」

と、涙を浮かべ、ジョージにかみつくきみこ。

ちゃぶ台をひっくり返そうとするジョージ、

しかし、それを止める、きみこと、八郎。

「….優しいで。お父ちゃんが思ってる以上に、この人優しいで。お父ちゃんがそんなこと言うたら、わかります、言うに決まっとるやん。ほんで、この人、陶芸なんて、いうて……」

うつむいてしまうきみこ。

「やめへんよ。やめへんて。信楽の土好きやし。ものづくり好きやし、自分だけの色出したいう。ここで投げへんよ。」と八郎。

それをきいてたジョージ、

「やめたら、ええねん。片手間でできんいうんやったら、やめたらええねん。….丸熊陶業やめて、陶芸家なったらええ。仕事おわりに酒飲むしかない俺にはもうわからんわ。お前らの世界のこと口出して、悪かったな。もう、勝手に、夢見たらええねん、もう!」

きみこ、立ち上がり

「ほな、そうします! うちが、支えます。」

支える?!

「陶芸家になるまで、うちがささえます!」

「支えるの意味わかってんのか! そんなんで、一本も二本も下がって生きていけんのか」

八郎も立ち上がり、

「一本も二本も下がらんで、ええんです。並んで歩いていけたら」

「並んで、って、こいつのほうが、さっきからしゃしゃりでてきとるやんか」

「しゃしゃりでることがあってもええし、のうてもええし、並んで歩いていけたら」

そこで、母マツ、立ち上がり、

「あのな、駆け落ち同然で飛び出したときな、泊まるとこのうて、橋の下で、ふたりで雨しのいだ、あれ、ワクワクしたで。この先どんなことが待ってるんやろ、て。うちはいっぺんも、あんたの人生失敗や思うたことないで。」

ゆりこ、立ち上がり、

「気色悪いいうて、ごめんなさい。」

頭下げる。

気づけば、全員立ち上がってる。

一旦すわり、八郎、

「聞いてください。たとえば、四年前に、陶芸展で入賞しま山田さん言う人は、僕の大学の8年先輩です。山田龍之介、いう名前で、いま陶芸家として活躍してます。」

「信楽のひと? 」ときみこ、

「加賀ひとや。…..小さな湯のみを作って、出すと、五万で売れます、大学の初任給の、3倍くらいです。なんで五万で売れるか、わかりますか? それだけ、心が動いたからです。お金に換算して、説明しました。僕は、人の心を動かすような作品を作りたい。….僕の部屋に、絵が飾ってあります。深野先生の絵と、もう一枚。秋口に、風邪ひいて寝込んでご飯食べられへんかった時に、その絵みて、元気を出しました。誰かの描いた絵が、誰かを支えるように、僕も誰かの心ささえたり、励ましたり、そういう…….すみません、ほんまにすみません、先ほどの約束見合わせてください。僕は陶芸展で賞をとり、陶芸家になります! 一緒に夢を見させてください!お願いします。」

土下座する八郎。

きみこも、土下座する。

….ソヨダの姓は、どうすんねん、

「ソヨダの姓は、兄弟が継いでくれます。川原八郎になります。きみこさんと、一緒にならせてください、きみこさんと、結婚させてください、お願いします、お願いします!」

再度、土下座。

「……..陶芸展で、賞とったら、金賞祝いと、結婚祝い、一緒にしたる。取れるもんなら、とってみい!」と父ジョージ。

「八郎さん、よろしゅうお願いします。」と母マツ。

認められた!!

翌日、朝。

いつものように、きみこ、商品開発室へ。

憑き物がとれたような表情のふたり。

「今日から、…今日から、出品作品に集中して取り組まんといけない。あまり、教えてやれないかもしれない。」

「うちのことは、気にしんといてください。うちはまだ、土と友達になること目指してます。勝手にやってます。」

「うん。ききたいことあったらいうてな。」

「ソヨダさんも、いうてな。」

「いてくれるだけでええよ。よこに。いてくれるだけで。」

八郎ときみこのやりとり。

そして、ふたり、土と向い合う。

◆ 第 66 話

仕事がはじまる前の朝二時間、陶芸タイム。それから、普段通りにそれぞれの仕事をこなし、そのあと、ふたたび、二、三時間、陶芸タイム。

一度素焼きをしたあと、自分で調合したユウヤクをかけ、高い温度で焼く。

納得した作品に仕上がるかどうか、焼いてみるまで、わからない。

そして流れる、Superflyのフレア!!
日々、恋をして、胸を焦がしたい。

焼きあがった、八郎の出品作品。

若社長のトシハルさんに、みせる八郎。

陶芸展しめきりは、年明け一月末。

「日曜も、使っていいさかい、がんばり」とトシハルさん。

「これでは、あかんということですか?」と、自信作を認められず不本意な八郎。

「なに焦ってるんや、この色でええんか? きれいに焼けてはいるけど、それだけ。自分がようわかってるんちゃうか。」

トシハルさんの厳しい言葉。

八郎の作品づくりは、一からやり直しに。

がんばる八郎。

休みの日も、こもりきり。

きみこ、それを案じて、

「映画いこう、言うてたやん、美術展とか。」

「お父さんから許しが出たらね」

「とりあえず、ご飯、食べ!」

おにぎり食べさす。

「ひとりでもええから、行ってきい。」

「時間がないわ」

「一息いれて頭やわらこうすんの、今日くらいしかないやん!」

一方、おおのしんさく、お見合い大作戦で出会った女につきまとわれてる。

きみこと八郎、おおのさんとこが新しく開いた喫茶店へ。コーヒー飲む。

「おおのしんさく、なんか気づかんか? 」ときみこに。

湯のみ、八郎が作ったやつだ!

コーヒー茶碗も、お願いしたい、と、おおのさん夫妻。

信楽で作った、コーヒー茶碗。

15セットくらいほしい、と。

開店は、年明け、15日前後。

む、それは、八郎の陶芸展の日付と重なる?!

八郎、大丈夫です、と引き受ける。

心配そうなきみこ。

商品開発室。

「やっぱり断ろう」ときみこ。

「ええねん。ええいうてるやろ。」

「逃げてるんちゃうん? 作品づくり思うようにいかないから、コーヒー茶碗に。」

八郎、きみこを、座らせ、

「僕は、自分の作品否定されたら、自分も全否定去れた気持ちになる。今日、湯のみ茶碗好きや、言われて、ものすごい救われた。コーヒー茶碗も、作品づくりに活かせる。」と八郎。

しかしまだ、心配そうな表情のきみこ…

★感想

八郎ときみこが、父ジョージに結婚を認めてもらうべく奮闘する様子、その中で
問題になってくる、陶芸家の夢。人は芸術に金を払う。心か動いた分。芸術でも、食っていける。ジョージの言う、生活の厳しさもひとつの真実だが、生きる、ということは、それだけではままならないもの。結婚はとどのつまり、当人の問題ではあるが、父ジョージと向かい合い、筋を通そうとする八郎ときみこの男気に痺れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、音楽、本のことを中心に、役に立つかどうか度外視して書きたいこと書こうと思っています。サブカルなイベントもよく行くので、そのレポートみたいなことも書くかもしれません。