2020年リリースの最高だった50曲+α

1 Meitei / 冥丁 – Oiran II / 花魁 II
出会えた事に感謝「Lost Japanese mood from modern Japan. 現代の日本から失われた日本を。」https://www.youtube.com/watch?v=jlwoLqnQIOU

2位 Nic Fanciulli, Andrea Oliva – Medium Rare (Extended Mix)
老舗Saved Recordsからリリースされたベテランコンビによる疾走感                     あふれるディスコダブ 、王道の展開だが結局こういうのに弱いので何度もリピートしてしまうhttps://www.youtube.com/watch?v=5fkzwP1twRk

3 Mac Miller – Circles
デラックス盤には2曲追加されているのでオススメ2018年に26歳でこの世を去ったマックミラーの未完成だったアルバムがリリース全体的に漂う鬱々としたムードの中に太陽のごとく輝いたメロディが差し込む瞬間が圧倒的に美しい盟友サンダーキャットの新譜では最後の曲で「マック…」と呼び掛けているhttps://www.youtube.com/watch?v=V4BFGSZ_1ls

4 ASA-CHANG&巡礼 – ニホンゴ
今年最もロマンを抱いた1曲以下、YouTubeの説明欄から抜粋「『ニホンゴ』は1910年代以降、当時日本の統治下であった台湾の北東部にある「宜蘭(ぎらん)県」において、先住民であるアタヤル人によって使用されるようになった「宜蘭クレオール」とASA-CHANGが出会い、触発され創られた。「クレオール言語」とは意思疎通ができない異なる言語圏の間で交易を行う際、商人らなどの間で自然に作り上げられた言語が、その話者達の子供たちの世代で母語として話されるようになった言語を指す。当時、宜蘭県では日本語が完全に浸透していなかったため、アタヤル語の要素が混じったハイブリッドな言語が形成され、その言語を第一言語とする世代が生まれ、クレオールへと発展したと考えられている」https://www.youtube.com/watch?v=jT4rfFZQsYA
大石始さんが紹介していたhttps://twitter.com/oishihajime/status/1246093963812990976?s=21こちらのドキュメンタリーと合わせて聞くとよく分かって面白いhttps://www.youtube.com/watch?v=4x8ssD8FeW0

5 Linkwood & Other Lands – Meet in the Middle 
素晴らしい発掘音源を送り出すレーベル「Athens of the North」より新作としてFudge FingasとのコンビでリリースBPM100あたりのスローで酩酊したようなビートに気怠いボーカル、漂うバレアリック、今年多く聴きたかったのは多分このようなムードの曲だったんだhttps://www.youtube.com/watch?v=mxnQUls92Ec

6 Romano – Forever & Beyond
詳細は分からずBandcampで聞いたEPのうちこの1曲が猛烈にハマった後に調べるとイスラエルのマルチプレイヤーによるソロデビューシングルとの事徐々に高まっていく多幸感に圧倒されるhttps://youtu.be/ToYoGpfKDEw?t=132

7佐野元春 & THE COYOTE BAND – 合言葉
大ベテランのコロナ禍真っ只中にリリースされた1曲歌詞がストレートで佐野元春にしか歌えないような内容になっていると思うメロディ共に素晴らしいとしか言いようが無いhttps://www.youtube.com/watch?v=SEJk0tqMd9E

8 Chassol – Rollercoaster, Pt. 2
彼らのアルバム「Ludi」よりこの曲のMVは後楽園のコースターで撮ってるアルバムは様々な仕掛けが盛り込まれており多彩なグルーヴが味わえる年間を通して聞いていた作品https://www.youtube.com/watch?v=nv2JeWyrf4o

9 Moment Joon – TENO HIRA
2020年1月1日にYouTubeにアップされたこの動画で今年は始まった彼のスタイルはトースティングに近いがパンチラインだらけのリリック感情を剥き出しにした歌唱、内容も自分には到底説明できないほど重要なメッセージを伝えている「移民ラッパー」と決意を表明している名盤フィジカル盤を無料で送ってくれたのも新しいやり方だったhttps://www.youtube.com/watch?v=2tstbd0901E

10村山仁 – むすんでひらいて
自分が彼に会ったのは20歳の頃で、彼は19歳で上京したばかりだったJAZZやアングラが好きだと聞いてすぐに意気投合したたまにギターを弾いて歌ってくれたのだが今年20年越しに録音したものを送ってもらうことができた
これは個人的な親交での事なので紹介するか迷ったのだけど曲があまりにも良すぎたのでぜひ多くの人に聞いて欲しいもしかすると遠く離れた地でまた音楽を作ってくれるかもしれないhttps://youtu.be/OfUH7YBc3u4

11 Jam City – I Don’t Want To Dream About It Anymore
5年ぶりのアルバムからアナウンスでは何か色々あった様子だがジャケを見て察する他無い何と言っても音が最高なのだからリスナーは関係なく楽しみに待っていたに違いないやはりこのBPM、音像はJam Cityにしか出せないhttps://www.youtube.com/watch?v=5kS_R-kJBiU

12 Photay – The People
アメリカの大手インディーレーベルMexican Summerからリリースされたアルバム「Waking Hours」より「人々のためにやっているのか?隠れようとしているのか?」この歌詞の連呼にPhotay特有のベースラインと素晴らしいホーンが合わさったら他に足すものは何も無いhttps://www.youtube.com/watch?v=6FwuiNF0TiE

13 Iku Sakan – Cerebral Repertoire
大好きなドイツのテクノレーベルWorkshopの28番は驚きの日本人コンピレーションだった、そのうち大阪のアーティストだというIku Sakanの1曲フェードインからの始まりで10秒後には恐らく電子音楽好きの多くは虜にされているだろう、ぜひ高音の心地よさに浸って欲しいhttps://www.youtube.com/watch?v=w08l361yZr8

14 mei ehara / 群れになって
2nd Album 『Ampersands』より特徴的なのはリズム隊が元どついたるねんのベースとドラムである事、この二人はどつの名盤「ミュージック」の基盤を作り上げた素晴らしいアーティストであり、mei eharaからのオファーで実現した布陣だそうだよく耳をすまして楽器隊を聞いて欲しい、ボーカルの良さはもちろんの事だが楽曲の魅力を何倍にも増幅している事が分かるhttps://www.youtube.com/watch?v=sfLjBsSqqJk

15 DJ Python – Pia
ディープレゲトンと言われるジャンルを確立したNYのプロデューサーによる2nd身体を動かさずにはいられないグルーヴアルバム全8曲はBPM92で繋がっているので全体で1曲と捉える方が分かりやすいかもしれないhttps://www.youtube.com/watch?v=9X5QvRWh8cI

16 Adda Kaleh & Suzanne Kraft – Special Times & Places
大好きなスザンヌ・クラフトの新作、この人はコラボにまったくハズれがない今回はAdda Kalehをボーカルに迎えてのシンセポップなのだが、新しいリズムに毎回挑んでいるのでいつも新鮮な視点をリスナーに与えてくれるアルバム全曲オススメ、後半DUB Verが収録されてるのも嬉しいところhttps://www.youtube.com/watch?v=OwrwkLVvprg

17 Blazer Sound System – Tanka Riddim
CS + KREMEとのスプリット10inchシングルでテーマは「ダブ」この狙いは大当たりしていて、旬なアーティストの攻めな姿勢がハッキリと音に表れている秋本”HEAVY”武士は「癒やし系ダブってなんなんだ?」と20年前に言っていたけど自分も同じ考えで、ダブは技術でもあるが根底として使われるべき意味は「姿勢」だと思うhttps://www.youtube.com/watch?v=b0kVYBxe-0M

18電気グルーヴ – Set you Free
上半期の衝撃から約半年を経ての新曲「はじめからSet You Free」生まれたときから解放されている友でもパートナーでも仲間でも無い二人だけの狂詩曲https://www.youtube.com/watch?v=epNJOZR5RF4

19 Third Son – Faint Harmonics
自分が知るだけで今年EPを5枚、フルアルバムを1枚、REMIX盤を2枚リリースしたプロデューサーの最新作この時代にこのポテンシャル、且つ高密度な内容、いくら王国が分断しようがEU離脱しようがコロナが流行ろうが音楽というアートをリードする力強さはさすがイギリス個人的、アーティストオブイヤーhttps://www.youtube.com/watch?v=QINGT0BvbXk

20舐達麻 – BUDS MONTAGE
この曲を初めて聞いた時真っ先にビートに耳を奪われた、グリーンアサシンダラーが紡ぐ音は哀愁と美そして影が混在しており、絶妙なサンプリングが重なっていく様は本物の芸術と呼ばざるを得ない舐達麻の3人は主にチャリスと仲間との事、つまり自分に本当に起こった事のみを歌詞にしている、少ないカードで信じられないほど人生の奥深さを表現する事が出来ておりこれも何度となくリピートをしてしまうhttps://www.youtube.com/watch?v=zaBp1Jh3Bkc

21 Roberto Rodriguez – What You Put Me Through (Instrumental Mix)
2019年末リリースのEP「Rain Dance」よりストレートなハウスで上モノの載せ具合も多くも少なくも無くワンフレーズで6分聞かす事が出来る好例だと思うつまりハウスというフォーマットの教科書https://www.youtube.com/watch?v=ilVHexRReMQ

22 Mighty Crown – Stay Together (feat. SUPER CRISS)
SAMI-Tプロデュースの4曲入りEPよりFireBallのメンバーでもあるCRISSのソロ名義でのリリースは結構レアバックトラックもレゲエではなく、どちらかというとソウルやR&B寄りのBPM早めという感じで、この音像はMighty Crownならではだと思った、楽曲、歌詞も素晴らしい世間的には緊急事態宣言発令の直前で街にほとんど人がいない時期だった自分はこのEPにとても勇気づけられ、音楽の力を思い知ることになるhttps://www.youtube.com/watch?v=nxTrX6fVmeE

23 Jitwam – Sun After Rain (feat. Folamour)
インド出身でMoodymannも才能を認めたというプロデューサーまったく知らなかったので最初は12inchのアートワークに引っ掛かった良く言われる事だけどジャケットが良い盤は中身も最高というやつ、あれは個人的な経験からも本当だと思う聞いた瞬間に身体を動かさずにはいられないhttps://www.youtube.com/watch?v=QE46n3mFi-g

24 BTB特効 – Be Thankful For What You Got
ソウル界隈では「国家」と呼ばれている事を知ったWilliam De Vaughnの名曲をトークボクサーのLUVRAW & BTBのBTBによるソロレゲエverでのカバー正直名前勝ち感はあるが、BKBが何で売れてるかに近いものがある、しかも特効ってちなみにこの曲ONUR ENGINによるEditがあって、そちらは永遠の1位https://www.youtube.com/watch?v=XgZNhfapsPw

25 Jun Kamoda – Funky Protection
イルリメによるハウスプロジェクト在日ファンクを大胆にサンプリング(レーベルメイト)した今年のフロアボムhttps://www.residentadvisor.net/reviews/25132何気にレジデントアドバイザーの今年のリコメンドにも選出されているhttps://www.youtube.com/watch?v=6zcB6UEb75Y

26 SunPalace – Rude Movements (Moodymann Remix)
故David Mancusoが主催した伝説のパーティー「THE LOFT」を象徴する1曲を現代の「謎」であるとされるMoodymannがRemix文字面だけで興奮した人、少なくないのでは?あと何故かリリース直後に削除されたMoodymannのアルバムも良かったhttps://www.youtube.com/watch?v=8vMzxWMA2qw

27 Quantic – Theme from Selva
クアンティックがここまでハウスよりになるとは驚いた、いつもの重厚なビートが影を潜めカリブの楽園要素がたくさん詰められているご陽気ものこちらは彼主催のレーベルコンピからなので全曲チェックすべしhttps://www.youtube.com/watch?v=SwAnSlLtVXs

28 Call Super and Parris – Design Of A Body Sublime (feat. Fox)
Call Superの今年リリースされたアルバムもかなり良かったのだけどレーベルメイトのParrisとの共作となればコチラを選ばざるを得ないどちらもHessle Audio以降のベースミュージックを基盤にオリジナリティを追求しているhttps://www.youtube.com/watch?v=T6L2i5Jx1eA

29 Boston Bun – Forty Deuce (Extended Mix)
フランスのプロデューサーによるアッパーチューン、アンダーからオーバーまで対応可能な曲でとても好みhttps://www.youtube.com/watch?v=0bSVmux-AAg

30木村拓哉 – Flow
これはクレジットがコーネリアスとなっているので実質小山田作品になる軽快なハウスしかしアルバムの1曲目にこれほどふさわしいのも中々無いと思うhttps://www.youtube.com/watch?v=NahsfzsqK70

31 Scuba – This is For You
彼のBandcampを上から過去4作品見て欲しい、その鮮やかなアートワークに見入ってしまうだろう最初の「Expectations」は2019年10月だからコロナとは関係無いがよく見ると全て人類滅亡後のような世界を描いているhttps://scubaofficial.bandcamp.com/music

32 New Order – Be a Rebel
何も変わってなくいつもワクワクさせてくれるN.O. 最高!https://www.youtube.com/watch?v=JOoyPT6RoF4

33 TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA – Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko
スカパラは有名アーティストと死ぬほどコラボしてるからもちろん知ってるけど、初期のアルバムを聴くともちろんジャマイカンスカをやってるわけで、20代には到底聞いてられないと思ってた。中々聞くタイミングが無い中、このコロナ絶頂のタイミングでYouTubeにあがったaikoとのコラボは乾ききった地面に大量に水を注ぎ込むかのように感じたhttps://www.youtube.com/watch?v=ZLjFmeeDMNw

34 Four Tet –  Surprise EP
例による文字化けタイトルのEPなんですが、タイミングが5月下旬リリースという事もあり、いつもより意味合いがリスナーにとって変わったんじゃないかと思うFour Tetはフルレングスもリリースしたのだけど、正直長すぎて聞く気がしなかったEP、あるいは1曲が丁度良いhttps://www.youtube.com/watch?v=70crnR6Xg-o

35 Osunlade – Moon In Daylight
80年代から活動する大ベテランはリリース量がまったく減っていないのにも驚かされるが、毎回音のアップデートがしっかりしているところが素晴らしいトレンドを取り入れてるわけでは無く、自分で良いというものをブレずに持っていて軸がしっかりしているので新譜は必ずチェックするアーティストの1人https://open.spotify.com/track/7LT1AnB1N9fAMPQ5iJd5qS

36 Wool & The Pants – I’ve Got Soul
東京発の20代の若者の全てが詰まってる気がする、詳しくはhttp://www.ele-king.net/interviews/007665/なんと言っても衝撃的だったのは使用機材がジャンク品のMC-909でメモリーが壊れているので保存が出来ず、最終的にiPhoneのボイスメモで録音をするとの事、それでこの音像が出来上がっているhttps://open.spotify.com/track/6m5w0mTXmJCx0TPzmtddDN

37 Rangers – Zeta Plain
Rangersを覚えているだろうか?Chill Wave全盛期の2010年「Suburban Tours」2011年「Pan Am Stories」で僕らの心を掴んだ、いやそのまま10年経っても離れる事は無かった自分のiPhoneには常にRangersのアルバムが入っている普段は音楽の先生をしているJoe Knightはこの10年アルバムをコンスタントにリリースをしていて本当に音楽が好きだという事が伝わってくるこの盤でも素晴らしい演奏をしているのでぜひ聞いてみてほしいhttps://rangers1.bandcamp.com/track/zeta-plain

38 GEZAN – I
アルバム「狂(KLUE)」よりラストの曲マヒトの活動は多岐にわたり全てが気になる存在だコロナ禍前にリリースされたアルバムはまるで予言していたかのような内容になっている「信じている」この言葉が今となっては意味が違ってくるのだろうかhttps://www.youtube.com/watch?v=7vaDLm3ULuc

39宮本浩次 – あなた
エレカシのVoとしての活動と並行してのソロプロジェクトで女性の曲だけをカバーする企画 驚くべきは宮本の声の帯域で自分の歌い方ではなく忠実にオリジナルの歌い方に沿っている初回特典では竹内まりやのSeptemberをアコースティックにカバーしているのでこちらもオススメhttps://www.youtube.com/watch?v=TbhNC64-Bhg

40 LONE X KETTAMA – The Way You Feel
Loneにとってはかなり厳しい年だったと思う、未発表作品をいくつもBandcampでリリースしていて正直ファンとしてはあまり良いとは思えないものもいくつもあった、だがここぞという時にはキメる、それを10年以上繰り返してきたアーティストは中々いないhttps://www.youtube.com/watch?v=uRJGBsSpQvg

41 valknee + ANTIC – 人生最高のSSS2020 Mix
ZoomgalsのメンバーでもありPodcast番組「ラジオ屋さんごっこ」でもおなじみのバルニーのコンピ参加曲3つのS 「SEX、Saturday、新譜漁る」とラップし、独特の声色を使い分けグルーヴを生み出すスタイルを確立したと思う、この勢いでギャルパワーを爆発させて欲しいZoomgalsの新作でMVに宮台真司も参加した曲もヤバかったhttps://www.youtube.com/watch?v=-xr7RmPeRLw

42 MS-DOS – CD
正体不明のアーティスト、恐らくベテランの変名だと思うが内容は雑味が無いどストレートなミニマルハウスで、丁度聞きたくなっていた時期にピッタリと重なったhttps://soundcloud.com/stradarecords/a-ms-dos-cd-sample

43 ZORN – Don’t Look Back
この曲は去年だけど、新しいアルバム「新小岩」に収録されていたので選曲般若主催の昭和レコードから脱退しソロになっての第一弾リリックでも言っている武道館公演を2021年1月に予定しているビートは鉄壁のBACHLOGICであり、完成度が非常に高いアルバムになっているhttps://www.youtube.com/watch?v=FQ_ryBw_0PQ

44銀杏BOYZ – DO YOU LIKE ME
約6年半ぶりとなるフルアルバム、これで自分は銀杏BOYZを初めて聞いた1曲目のストレートなハードコアに「おお」と思いながら1’35”からに展開に感動しこれがあるからここまで人気なのだと一瞬で悟るリリースと相まってラジオ番組「空気階段の踊り場」にゲストで出た回は今年聞いた中でもTOP3に入るエモさだった(もぐらは元ローディー)https://www.youtube.com/watch?v=_–GwXpeyTk
https://www.youtube.com/watch?v=-JqHfrhIVVM

45 A. G. Cook – Oh Yeah
数年前にクラブミュージック界に凄まじい議論を巻き起こしたPC Musicを主催していたガチオタ青年は暫く目立った活動が無かった、と思ったら見た目が完全にジョンレノンと化し驚きのソロアルバムをリリースした一聴するとPOPにも聞こえるが何かヘンだ、聞き続けていくとハッキリと分かるがこれは憎悪に満ちあふれている、が彼の歌声は非常に暖かく優しいリードシングルのこの曲では「生き生きとするのはどうするのか教えてあげよう、人生は一度きりだ」と語っているhttps://www.youtube.com/watch?v=koI7IRSjfxc

46 Spinna B-ILL & HOME GROWN – ミテルヨ
ライオンの子であるスピナのフルアルバム、バックはレゲエ界の大御所Home Grown、バンドが「やっと心から一緒に音楽をやりたい相手を見つけた」と語るようにレゲエのスピリット全開で間違いない1枚、MVも素晴らしいのでぜひチェックhttps://www.youtube.com/watch?v=k2r1Xx4We3g

47 Walton – Debris
安定のILIAN TAPEよりこことWorkshopとHessle Audioは必ず定期的にチェックするレーベルyoutube.com/watch?v=J46ucbf3jr0

48 PUNPEE – Wonder Wall feat. 5lack
2020年のナンバーワンエモソング引用の仕方がどこをとってもセンスありすぎてエグいhttps://www.youtube.com/watch?v=zVmYWuLC4Ek

49 Superpitcher – Cats and Girls
Kompaktレーベルで聞いてた自分にとってこのリリースは驚きで、まるでLee PeryyのBlack Arkで録ったかのような凄まじい低音と乾いたリズムギターが現代に蘇ったかのように感じるなんとDub Versionもありhttps://www.youtube.com/watch?v=I8H1COGtNGo

50藤井風 – 青春病
とても23歳とは思えない顔立ちで驚くのと同時に歌詞に「どどめ色」を使っているのでどこでそんな言葉知ったんだと今年リリースのアルバムに収録されてた岡山弁でまくしたてる「何なんw」も好きだったけどこちらのサブタイトル(Seishun Sick)にヤラれたMVの作りも良くてジャンルもアプローチもまったく違えどOTOGIBANASHI’SのPoolを初めて見た時の雰囲気を思い出す

https://www.youtube.com/watch?v=kQvT37OzkP8


————————以下番外編 —————————

● リイシュー

Derrick May – INNOVATOR – SOUNDTRACK FOR THE TENTH PLANET
セクハラ疑惑で窮地に立たされてるイノヴェーターの80年代の音源集テクノファンがこれを聞いて何かを感じずに終える事は不可能でしょう音も良くなってて新たな発見があるかもしてないhttps://www.youtube.com/watch?v=WU2D58QrIms

Nightmares on Wax – Smokers Delight (Digital Deluxe)https://www.youtube.com/watch?v=zI17p0LA-ic

World Standard – ASAGAO
鈴木惣一朗と児島路夫の二人が細野晴臣プロデュースによりデビューする前、1982年に2台のカセットデッキのピンポン録音を駆使し制作され20本ほどダビングされたという1stデモ・テープ音源をリマスタリングしレコード化宅録の良さと相まってすごく気持ちが落ち着く音楽https://www.youtube.com/watch?v=ht8c8TSy6xo

V.A. – PIRATES CHOICE 2
旋回の1が出た時がだいぶ前でその内容の良さに驚いた記憶がある2もレア音源満載でオールディーズファンならば買って間違いなし特にFreedie MaGregorのSweet Childが収録されてるのが嬉しいhttps://www.youtube.com/watch?v=Tkjcn1hrkZw
● MIX

RA 720 : JOEhttps://soundcloud.com/resident-advisor/ra720-joe

ヤン富田 – SPACEWAR!
最初はトーク1時間、後半1時間がヤンさんのMIXです相当レアな回だったので永久保存版ですhttps://www.mixcloud.com/hiroyoshitamamushi/tokyo-maad-spin-20200414-kan-takagi/

Hiroshi Kawanabe – Lazy Summer Mixhttps://www.youtube.com/watch?v=3UJoUrWKY5c

KAZU (NAT Reggae) – LYL Radio Show 12.05.20https://soundcloud.com/fewcrackles/kazu-nat-reggae-lyl-radio-show-120520

In Focus: Tatsuro Yamashita – 17th April 2020
UKのラジオ局「NTS Radio」による山下達郎の楽曲だけを使った2時間のMIX SHOW!! 選曲もグルーヴも最高でなんで日本で演らないんやと叫びたくなる、ラストは竹内まりや「Plastic Love」の達郎カバーhttps://www.mixcloud.com/NTSRadio/in-focus-tatsuro-yamashita-17th-april-2020/

● LIVE

Koffee: NPR Music Tiny Desk Concert
レゲエ界の新星として注目を浴びるシンガーKoffeeここでのライブは彼女の魅力をたっぷりと味わえる事が出来るhttps://www.youtube.com/watch?v=0Cmzn8BIOdA

● 読み物

渋谷でカラーギャングに半年間追い回された話

https://note.com/kyaba_np/n/n1390a51019bb

Nariaki 「新時代」https://note.com/nariaki0296/n/n5b50a842af4f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です