粋な夜電波が教えてくれた5曲 ~あなただけ今晩は 悲しみよこんにちは そして夜電波よ さらば~

TBSラジオ「粋な夜電波」が、12月29日の放送で終了する。菊地成孔が選曲とトークを行う番組で、2011年4月から開始された。菊地の本業ジャズを始め、アンダーグラウンドのHiphop、海外のポップス、難解な現代音楽、昭和歌謡、果てはジャニーズまで紹介する懐の広さで、私のリスニングの射程は数倍に拡張された。ここではこの番組で紹介された曲のなかで、私の好きな5曲を紹介したい。

①Nabundeare  ~Nicole Bunout ~

チリのシンガーソングライターがアコギ一本で歌うこの曲。スペイン語?なのか、歌っている内容が全く分からないが、たぶん幸せな曲のような気がする。Nicoleの口の動きが伝わってくるほどの肉薄した録音。南米や東ヨーロッパといった地域の音楽も紹介したのが夜電波の大きな功績だと思う。

②Chorinho for Tati  ~Tatiana Parra&Vardan Ovsepian~

ブラジル出身歌手Tatianaとアルメニア出身ピアニストVardanのデュオ作品。Vardanのポリリズムを駆使した幾何学的な伴奏の上を、Tatianaが飄々と歌い上げていく。長調と短調の間を揺らぐようなメロディー、そして終盤のピアノと歌の掛け合い。ヴィルトーゾ2人の戯れは必聴。

③Song for Insane time  ~Kevin Ayers~

キャッチ―な明るいイントロからのアンニュイなKevinの歌へのコントラストが印象的。たしか番組中のヘッドフォン会社CMの曲として使われていたはず。

④Los Ninos Del Parque ~Liaisons Dangereuses~

特集企画クラブナルの冒頭、浜辺でのシュールな話のバックで流れていた曲。アナクロな音色のシンセが反復するフレーズ、異物感のある転調、そこに入ってくる狂女の声。一聴してこれはヤバい曲だと思った。このサイトのライターであるyamaさんから教えてもらったところ、初期のテクノ?の傑作らしい。

⑤Aguas De Marco ~Tom Jobim~

シーズン1の最後の曲として流された曲。離婚、愛犬の死などで精神的危機にあった時期にJobimが作った超有名曲。歌詞はイパネマの娘の1%のポピュラリティーもないほど、暗示的で思索的。こんな歌詞の曲が世界的大ヒットになったのだから、この世界にもまだ希望が持てる。

「そして川岸が語る 三月の水 絶望の終わり 心の喜び ~中略~ この足 この地面 枝 石ころ これは予感 これは希望」(菊地成孔訳)

②はyoutubeとamazon musicで聴ける。それ以外はApple musicで聴くことが可能だ。

 

https://itunes.apple.com/jp/playlist/%E7%B2%8B%E3%81%AA%E5%A4%9C%E9%9B%BB%E6%B3%A2/pl.u-9N9L24LIxd8xjAR

 

「大堀彩 オリンピックへの道⑲ ~K&Dグラフィックインターナショナルチャレンジ~」

山口茜(再春館製薬所)・奥原希望(日本ユニシス)という国内のトップ選手が所属実業団選手としてS/Jリーグ団体戦に参戦している中、所属実業団に女子チームがない大堀彩(トナミ運輸)はアメリカの大会に参戦していた。A代表から唯一参加した大堀は、格下相手に無難な戦いを演じ、優勝した。

 

今回のインターナショナルチャレンジという大会のランクは、世界トップ選手が出場するワールドツアー(super1000~super100)より下位の大会である。実戦感覚を維持することと、少しでも国際ランキングポイントを稼いでおくことが目的であろう。

 

前々回の記事(オリンピックへの道⑰)でも書いた通り、全日本総合で大堀が敗れた高橋沙也加は、今年はB代表として低いランクの国際大会でポイントを稼ぎ、国際ランクを上げてきたのである(高橋12位、大堀19位【12月20日現在】)。

A代表としてランクの高いsuper500以上の大会に出場するのは義務だろうが、ランクの低い大会、例えば年明け1月8日からのタイマスターズ(super300)に参加するということもランキングを上げる一つの方策だろう。しかし、その後の1月13日からはマレーシアマスターズ(super500)が控えており、連戦の疲労が問題となってくる。【※12月13日発表のタイマスターズの参加者リストには大堀の名前はなかった】

 

この年末、奥原希望がユニシス退社を発表し、プロとして活動するとの報道があった。実業団選手としての国内大会よりも、オリンピックに専念するため、個人としての国際大会に専念したいということらしい。

 

どの試合に出場し、どの試合に出場しないか。奥原は適度に休むことができるようになった点で成長したとテレビで語っていた。

 

オリンピックレースは、コートの外でも行われている

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑱ ~2019年日本代表発表~

本日12月11日、2019年バドミントン日本A代表、B代表が発表された。選出された女子シングルスA代表は、山口茜、奥原希望、高橋沙也加、そして大堀彩の4人であった。先日の全日本総合において準々決勝で敗退してしまった大堀彩であったが、過去の実績、将来性等も考慮されてのA代表選出だと考える。

 

長らく代表に選出されてきた三谷美菜津、佐藤冴香(ともに1991年生)がB代表にすら選出されず、代わりに高校三年生の水井ひらり(2000年生)がB代表に選出され、世代交代を特に感じさせる代表発表となった。

 

2019年4月29日から2020年4月29日の間に開催される国際大会での獲得ポイント上位2人が東京オリンピックの日本代表となる。大堀の2019年国際大会は、おそらく1月13日からのマレーシアマスターズ(Super500)が最初となるはずだ。4月29日からのオリンピックレースの前に、国際ランキングを少しでも上げておかないと、シード権を獲得できず、初戦から強豪と対戦することとなってしまう。これから先のどの試合もおろそかにはできないのだ。

 

とにかく2019年も主要な国際大会で大堀のプレーが観ることができることが嬉しい。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑰ ~全日本総合選手権 準々決勝 【高橋沙也加と大堀彩】~

大堀の準々決勝の相手は高橋沙也加(日本ランキング5位 世界ランキング11位 高岡西高校→パナソニック→日本ユニシス 1992年生)である。この試合に勝った方が、日本A代表を内定させることができる非常に重要な試合である。

 

第1ゲームを18-21 で落とした大堀は、第2ゲームも高橋沙也加に16-19 と先行を許してしまったが、そこから挽回しファイナルゲームへと望みを託す。

 

しかし、私はアリーナ席最前列で観ていたのだが、大堀の元気がない。いつもなら気持ちのこもった掛け声を発し自分を鼓舞しながらプレーするのだが、それが今日はほとんど見られない。相手に得点を許してもあまり悔しいそぶりも見せない。また、劣勢に回った際のラインジャッジも弱気になって、ミスジャッジを繰り返していたように見える。

 

対する高橋は、いつものように激しい掛け声とガッツポーズで自分を盛り上げる。またプレー面でも特にレシーブが素晴らしく、大堀のサイドライン際のスマッシュもネットすれすれにリターンし、ミスがきわめて少なかった。

 

ファイナルゲームは序盤から高橋の強気のショットを止められず、結局終始流れをつかめないまま敗退した。

 

この試合に負けたことにより、大堀が来年の日本A代表へ選出されることは非常に難しくなった。上位の国際大会にはA代表メンバーが中心に派遣されるため、東京オリンピック代表の指標となる国際ランキングを上げることが難しく、当然東京オリンピックへの出場可能性も低くなる。

 

今日の試合は、大堀の東京オリンピック出場にとって勝利が至上命題だった。だが、負けた。

 

しかし、試合後、試合の記録用紙へ勝者のサインをする高橋沙也加とうなだれる大堀彩という二人の姿を見たとき、私は思った。いま大堀が手本とするべきなのは、目の前にいる自分を打ち負かした高橋沙也加なのではないかと。

 

高橋沙也加は、大堀より4歳上の26歳であり、ちょうど4年前のリオオリンピック代表をかけた選考レースでは、奥原、山口につぐ3番手あった。まさに今の大堀の立場だったのだ。しかし、オリンピックレース中盤の2015年10月のデンマークOPにおいて、右ひざの前十字靱帯断裂の大怪我を負い、リオオリンピック出場への可能性は消えた。

 

一年に及ぶリハビリの末、復帰を果たすが、やはり全盛期のプレーには程遠い。大堀などの若手の台頭もあり、2017年の全日本総合は2回戦敗退、今年はB代表であった。しかし、A代表が出場しないような小さな国際大会でポイントをコツコツ稼いだ結果、現時点ではA代表の大堀彩(世界ランキング18位)と佐藤冴香(同23位)より上位の11位につけている。このランキングは怪我をする前より上位の数字である。

 

大けがによってリオオリンピックへの出場を断たれた時、高橋は打ちひしがれたはずだ。しかし、それから3年後、またオリンピックを狙える位置にまでたどり着いた。本当に苦しかっただろう。何度も諦めたくなったはずだ。

 

諦めないでほしい

 

君を応援してる人たちは君が思ってるよりずっと多いはずだ

 

大堀がオリンピックに出場するまでこの連載は続く

 

それが4年だろうが、8年だろうがだ

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑯ ~全日本総合選手権1回戦、2回戦~

11月27日から始まった全日本総合選手権は、日本のバドミントン選手にとって、特別な大会である。サッカーの天皇杯のように、中学~大学、社会人などあらゆるカテゴリーの有力選手が参加する大会であり、真の日本一を決める戦いが繰り広げられる。

 

過去の女子シングルスの優勝選手は以下の通り

 

2017年 山口茜

2016年 佐藤冴香

2015年 奥原希望

2014年 山口茜

2013年 三谷美菜津

2012年 今別府香里

2011年 奥原希望

 

大堀彩(日本ランキング4位、前回大会準優勝)の一回戦の相手は 青森山田高校の高橋美優(青森山田高校1年 日本ランキング45位)だった。動画配信はなく、スコアのみの確認だったが21-5 21-9 で危なげなくストレート勝ちを収めた。

 

続く二回戦の相手は中西貴映(日本ランキング15位 大宮東高校→早稲田大学→日本ユニシス 1995年生)である。同じサウスポーで、身長も長身170㎝(大堀は169㎝)の中西との対決は、21-19、21-8 で大堀のストレート勝ちであった。

 

30日の準々決勝へと駒を進めた大堀とおそらく対戦するのは、高橋沙也加(日本ランキング5位 高岡西高校→パナソニック→日本ユニシス 1992年生)になるはずだ。大堀にとって、高橋沙也加という存在は、特別な存在だ。

 

まず、国際大会において、大堀は高橋に勝利したことが一度もない。また、今年5月のユーバー杯では、国際ランキングでは上位だった大堀ではなく、なぜか高橋が選出された。加えて、国内チーム団体戦のS/Jリーグで、所属チームユニシスの優勝がかかった最終戦において、高橋は二年連続で山口茜を倒している。調子のいい時の高橋は、世界ランキング2位の天才山口茜をも凌駕する力を発揮する。

 

2人の直近の対戦は2015年であり、高橋が膝の大けがをする前なので、現時点での実力差は不明だが、大堀にとって強敵であるのは間違いない。

 

もし、その高橋に大堀が勝利すれば、山口茜と準決勝で戦うことになるはずだ。

 

私は、大堀は山口に勝てると考えている。本気でそう考えてる。

 

ブレイクスルーはもうそこまで来てるはずだ

 

明日から会場に応援に行く

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

面談中毒者の手記~38歳、彼女いない歴5年の男がペアーズを半年間やってみた~

11月某日、都内のパチョレック大学社会学部において婚活社会学を専門とする独居慰実(ドッキョ・ナグサミ)教授とペアーズ経験者男性(A氏)との対談が行われた。以下はその記録である。

 

 

【独居】 まず、Aさんのプロフィールからお聞かせ願いますか?

【A氏】 はい、私は38歳で、彼女いない歴5年で、職業は公務員で、一人暮らしです。

 

【独居】 ペアーズを始められたきっかけは何ですか?

【A氏】 出会いがないからですね。歳も歳ですし、結婚したいなと思いまして。

 

【独居】 なるほど、では、実際にAさんがペアーズで面談(注)された女性たちのデータをご覧ください。

 (注)面談:マッチングアプリで会う男女が、互いの五感を研ぎすまして、相性を探り合う、または相手を見定める儀式。面談に使われるお店の選定、そこでのお会計を巡る攻防など、高度な知的ゲームの様相を呈する

 

A氏が面談した相手データ

期間    6ヶ月 

総人数   16

相手の年齢 平均年齢35歳  最年少31歳  最高齢38

職業    OL4人 看護師2名  教員(義務教育課程)2名 

    以下1名ずつ

大学教員 webデザイナー 美容師  アニメーター 公務員 建築士 翻訳家

 

【独居】 実際に面談されてみての感想は?

【A氏】 まず言いたいのは、本当にしっかりした方たちと面談できて感謝しるということです。私は古い人間ですので、こういうマッチングアプリに対する偏見が多少あったのですが、みなさん誠実な方たちでした。本当にありがとうございました。

 

【独居】 お付き合いまで発展されたことはあるのですか?

【A氏】 いえ、6ヶ月のペアーズ利用期間のなかで、お付き合いにまで発展することはありませんでした。

 

【独居】 面談相手はしっかりしたまともな方たちだったのに、なぜなのでしょう?

【A氏】 はい、私なりに考えてみました。第一に、とりあえず付き合ってみるということに踏み切れる人間でないとペアーズでの交際は難しいと思います。つまり、自分の相手への感情が高まっていなけど、試しに付き合ってみるということができる人でないと、マッチングアプリでの交際は難しいと思います。

 

 

【独居】 なぜでしょうか?

【A氏】 たとえば面談に来た女性が、完全に100%自分の好みの場合は感情が高まるでしょうね。しかし、そういう可能性はかなり少ないです。多くの場合、「悪くはないな」という感情を持つことになるはずです。となると、もちろん1回目の面談では交際しようということにはならないですよね。すると、相手を知るために2回、3回と面談を続けていく必要が出てくるわけです。

 

【独居】 なるほど

【A氏】 しかし、そこでもう一つの問題がでてきます。ペアーズの登録者数がかなり多いので、おそらく、普通のスペックの登録者なら、他の登録者からいいねが来ます。私みたいな男でもマッチングした数だけだったら、ゆうに100は超えてるはずです。

 

【独居】 ふむ

【A氏】 もし、1回目の面談相手が自分の100%好みではなく、その相手との2回目の面談を決めあぐねてるときに、他の女性からいいねが来たら、どうします? 気持ちがそちらに流れますよね。もちろん、並行していろんな女性と面談する人もいます。しかし、限度がありますよね。メッセージのやりとりも同じです。

 

【独居】 ふむふむ

【A氏】 そんな感じで新たに次々とくるマッチングを処理しているうちに、最初に面談した人と連絡をとらないことになります。そして、新たな人と面談をする。その人はやはり100%好みではない。そして新たないいねが来る。その人の方がよく見える。前回の人と連絡を取らなくなる。これを男女相互で繰り返してるわけです。

 

【独居】 なるほど。社会学用語でいうペアーズジレンマという状況ですね。

【A氏】 はい。たぶん、ある程度好み、70%ぐらいの人が来たら思い切って交際へとつなげる思いっきりがない限り、ペアーズ上での交際は不可能な気がします。

 

【独居】 ふむ

【A氏】 また、昨今のマッチングアプリへの抵抗感のなさから、通常の社会生活、職場、学校、友人関係等において出会いがありそうないわゆるリア充層もペアーズに流入してきてます。となると、私のような非モテ中年は、さらに好みの女性とペアーズで交際までこぎつけることは難しくなっています。

 

【独居】 せつないね。

【A氏】 はい、せつないです。ペアーズをやって感じるのは徒労感だけです。ペアーズで幸せになれそうにありません。だけど、通常の社会生活に出会いはありそうにありません。たぶんこれからもペアーズを続けてしまうような気がします。

 

【独居】 なるほど。じゃあ今度うちの助教と合コンしますか? 36歳のオーバードクターで、交際経験一切なし、ぽっちゃり、趣味はスターダストレビューを聴くこと

【A氏】 えっ! いいんですか? スターダストレビューってのが少し引っかかりますがうれしいです! ありがとうございます!

 

 

そうして、A氏は研究室を後にした。

 

To be continued

 

大堀彩 オリンピックへの道⑮ ~ 香港オープン1回戦【2018国際大会総括】~

大堀の一回戦の相手はSun Ji Hyun(韓国 1991年生 世界ランキング10位)だった。

いつものLive scoreで得点推移を確認していたが、あっさり10-21 12-21 で大堀のストレート負けだった。

 

これで、5大会連続の1回戦負けである。9月にコリアオープンでSun Ji Hyunに負けた際は1ゲームを取り、相手を苦しめていただけに、今回も期待していたのだが、残念な結果となった。ここ数大会、勝てる可能性が十分ある相手に負ける試合が続いている。

 

 

これで2018年の大堀の国際大会はすべて終了した。以下が、2018年のSUPER500以上の大会と世界選手権、アジア選手権の結果である。

 

ベスト4  1回  (ジャパンオープン)

ベスト8  2回  (タイオープン、全英オープン)

ベスト16 3回  (マレーシアマスターズ、インドネシアオープン、チャイナオープン)

ベスト32 1回  (世界選手権)

1回戦負け 8回

 

 

結果が出ない状況で苦しいかもしれないが、26日からの全日本総合選手権は心機一転臨んでほしい。

 

もちろん応援に行く。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

【実録】2ヶ月でTOEICスコア250から500点を目指すにはこれで勉強しろ!              

私は2019年1月13日のTOEICで500点を取れなかった場合、本ブログライターJinkouchinou03に焼肉をおごります。はい、ここで宣言しました。

英会話勉強しなきゃ、英会話ぐらいと思いながらもう20年ぐらいが経ちましたね。その間、受験や就職で英語試験はありましたが、それはリスニング無しなんで、なんとかしのいできました。

ですが、最近まわりを見渡すと結構普通に英語しゃべれる人多いんですよ。バドミントンクラブに外国人の方が来ること結構あるんですが、その外国人に対してチームメイトが、喋ってたりすると、えっ 喋れたんだ? てなりますね。そして、全く英会話を話せない私は、そっとクロスステップでその場から距離を取っていくのが常でありまして…

外国人と会話できるって、知的アピールの最もわかりやすいものですよね、考えが古いかもですが。

単純にかっこいいんですよね。あの光景をみると。おーってなります。だから話せない自分が悔しくてなりません。

なんか仕事でも必要かもなので、ここで英会話、TOEIC勉強しようかなと。でさっき申し込みました。

とりあえず、2年前に受験した際のスコアをここにさらします。

どうしちゃったんでしょうね、このスコアは。TOEICテストってほぼ4択なんでカンでマークしても、この点数はとれることになるのですが(汗)

で、今後の勉強としてはTOEICのセクションPART2,1,5,6の順に得点が稼ぎやすい模様らしく、それらを重点的に勉強し、あとは取れたらモウケということにしました。それで500点はイケるとみた。

念の為にTOEICを解説しますと、PART1から4がリスニング、5から7がリーディングの問題です。

で、私が調べた限り、以下の問題集が評判がいいということ。

 

①世界一わかりやすいTOEICテストの授業[PART1-4リスニング]

とにかくリスニング能力が全くないと言ってもよいのでわかりやすすぎるぐらいが良いというので、これをセレクト

 

②TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

文法や単語は多少わかるので、この中級者向けを選んだ。600以上を目指す際も使えるとのこと。とりあえず目標500なんで1000問のうちからトレーニング編、基礎編を先に取り組もうと思います。

 

③DUO3.0

巷で最高のTOEIC参考書のとの評価もうけてるDUO3.0。重要単語1600 熟語1000 それらを重要な構文により560の例文に凝縮しているとのこと。別売りのリスニングCDも購入すればリスニング対策も図れるというとにかくコスパ最強参考書

決してジョジョの宿敵ではない。

あとダイエットも頑張ります(汗) ダイエットと英会話学習は似てるって誰かいってました。二つとも継続が必要なものなので。

TOEICの試験日1月13日には、68kgになってますように。そしてTOEICも500点取れてますように。

ではでは。

 

「大堀彩 オリンピックへの道⑭ ~福州中国オープン 1回戦 ~」

11月6日から始まった福州中国オープン、大堀の一回戦の相手はHan Yue(中国 1999年生 世界ランキング34位)だった。ちょうど自分のバドミントン練習と時間が重なり、練習のあと試合結果を確認してみると、6-21 17-21 で大堀のストレート負けという結果に、驚いた。

これで、4大会連続の1回戦負けである。コリアオープンのSun Ji Hyun 以外は、世界ランキングでも同等もしくは下位の相手であり、勝てる可能性は十分にあったはずだ。

先日、文春オンラインに「男子チームで猛特訓 バドミントン・大堀彩が挑戦する2つの”壁“~東京オリンピック出場枠は2つだけ~」というロングインタビューが公開された。そこで大堀は、山口、奥原という傑出した選手たちと同じ時代に生まれてきたのは運命だと、その二人がいなかったら、成長はなかったので感謝していると語っていた。

自分のオリンピック出場を拒むかもしれない存在に感謝し、男子チームしかない環境に移籍し自分を追い込むことの出来る大堀なら、今のこの結果が出ない状況に何らかのプラスの意味を見出すことができるはずだ。

来週13日からの香港オープンで2018年の大堀のワールドツアーは終了する。その後には、全日本総合がすぐ控えている。

やまない雨はない  がんばれ大堀

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

文春記事
http://bunshun.jp/articles/-/9559

 

大堀彩 オリンピックへの道⑬ ~フランス・オープン 1回戦 ~

23日から始まったフランス・オープン(super750)、1回戦は先月のジャパンオープンでストレート勝ちを収めたGao fangjie(中国 1998年生 世界ランキング13位)であった。今回はTVネット等での放映はなく、Bwf のLive scoreでの観戦?となった。

 

1ゲーム目、中盤まで拮抗した状況が続くが、13点過ぎからGaoが5連続得点で抜け出し、13-18となる。そこから大堀も追い上げ、20オールでデュースとなるが、結局押し切られ、1ゲーム目を失う。2ゲーム目もGaoの連続得点で、7-15となるも、そこから大堀も6連続得点で2点差まで詰め寄るが、結局18-21で敗戦となった。一旦相手のペースになった際にいかに立て直すか。簡単に言うようだが、本当に難しい。試合の流れ

 

 

これで、デンマーク、フランスと2大会連続の1回戦敗退である。11月6日から福州中国オープン、13日からは香港オープンが行われる。ここで好成績を出して、11月27日からの全日本総合選手権に弾みをつけてほしいものだ。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/