【仮装通貨】いつ売るの?今ですか?

ありがとうリップル

そんな記事を書いたのはわずか2週間前。

ご祝儀返して頂いた3万+1万を仮想通貨に突っ込んでみたらどうなるか、

と試したくなったのがきっかけでした。

投資先に選んだコインはリップル。

買った当時は25円。

そんなリップルと共に仮想通貨バブルの波に乗り、

一緒に駆け抜けてきました。

 

わずか2週間でしたが、色々ありましたね。

 

そんな、そんなリップルが昨日200円を超えて、

この記事を書いている時には280円にまで成長した!!!

10倍以上の成長ですよ!

 

リップル高騰の原因

今回の高騰の原因は以下の通り

社長さんがテレビに出演し、

銀行間の送金で使用されるときっちり明言した事でリップル

への期待感が高まった模様。

 

今回の件だけでもこれだけ動いたのに、

これから先リップルの実用化がもっと見えてきたらどれだけ上がるんだろうか、

と想像したらワクワクしてきましたね!

 

ホント1000円なんて普通にいきそう。

 

2018年はリップルみたいな実用性のあるコイン以外は淘汰されていきそうな雰囲気ですが、

まだまだ仮想通貨は終わっていないという事が実感できた気がします。

自分もしっかりとしたビジョンを持ってどんどん資産を増やしていきたい。

勉強する事はもっともっとある。

 

で、現在の資産は?

そして、肝心の僕の現在の資産ですが、こう!

え?

ええ、飛び降りましたよ( ;∀;)

200円に差し掛かった所でさすがに暫くは停滞するだろうという事と、ちょうど利益が20万になる所※だったので今年は利確しようかな、とね。

※20万までなら税金がかからない

 

ガチでホールドしてたら50万いってましたね。。。

もうしばらくリップルにも近づけないや。

あぁ、どうやら僕には根っからの貧乏神がとりついているらしい。

年末だし、現金ないと不安だもんねーボンビボンビ〜(白目)

【仮装通貨】勝っても満足できない、それが仮装通貨バブル

というわけで現在のご祝儀。

4万が約5倍近くですか・・・ハハハ

 

ダメ・・・全然ダメ

全然気持ちよくない

このくそバブルの中たかが10万ちょっとの増加て?

最低でも2,30万増えてなきゃおかしいでしょ??

 

 

確かにここではリップルしか握っていないのでしょうがないように見えますが、ここ1週間、ほかの取引所では

散々失敗を繰り返してきました。

 

まずはなんといってもXVG(ヴァージ)

気づいたのは先週の金曜日、これから上がりそうな通貨として注目していてひそかに狙っていた通貨でした。

一晩様子を見て、次の日に買おうと思っていたところ、朝からK君に拉致!

次の日に解放されたときには赤から黄色の所まで高騰していました(´;ω;`)(下の図参照)

こんなに高騰していたのが悔しかった私は、焦りもあったのか、何としてでも掴みたいと意気込んでINしたのが次の図の赤印。

そして諦めて手放したのが黄印。

で、その後は(ry

下手すぎる。。。

素直に持っていても2倍。土曜の朝から持ってれば8倍以上は固かった。

典型的なダメパターンすね。

最近はいろんな通貨に手を出しすぎていて手替わりが激しくなっていたのが原因です。(だって次から次へと高騰していくんだもん)

しかも移っていくコインも全部高値掴みでピークに近いところで買っているから、冷静になってみると、値段が上がらない期待値の低いものばかりでした。

【今週の反省】

ワンピース読んで一番心に響いた言葉。

なんでもそうですけど、自分が一度これと決めたものに自信をもっていかないと何にも成し遂げられんとです。

そして、もう一つ。

インベスターZでも言ってたやんけ。何を学んできたんや。

仕事などもしている傍ら、あれもこれも買ってたら頭の中で整理ができなくなってきていました。

元々原資も少ないのでこれからは集中投資で臨みたいと思います。

 

今週はこんなのばっかりでコインの買い方とか教える気力もないので、また今度。

【仮想通貨】情報は嘘か真か(仮装通貨の買い方とは?)

週明けて3日ぶりのコインチェック資産

資産はほとんど変わらず、というかコインチェックの資産がほぼリップルなんで

ここ数日、ヨコヨコで変わらずならば上がるわけがない。

まあ「しばらくはこのままかな」と思っていた所でこんな情報が。

調べてみると、金曜あたりになにか発表がありそうな予感。

明日はBTCの先物上場もあるようだし、一旦様子を見つつ木曜あたりに追い銭したい。

仮想通貨の買い方

新規で仮想通貨を買い始めた人が多いようなので、改めて仮想通貨を買う流れを説明したいと思います。

 

①取引所にアカウントを作る。

↓(アカウントを作成してから本人確認の通知(ハガキ)を受け取るまで待機)

②(本人確認ができたら)入金

③コインを買う

 

アカウントの詳しい作成の仕方などは、取引所を決めたら、それぞれ違うので、作成の仕方などを検索して作成してみてください。

取引所もどこに作ったらいいのかという事も、この前の記事でも紹介した国内の有名取引所と、最近リップル用に登録したビットバンクという取引所をお勧めしたいと思います。

それぞれ取引所によってメリットデメリットあるし、アカウント代もタダなので、とりあえず全部の取引所にアカウント作成するのがいいと思いますね。

国内の取引所はアカウント作成から、実際に入金できるようになるまでは本人確認がいるので、1週間くらい空いちゃうんですよね。

その間に他の取引所でしか取り扱っていないコインが値上がりしたら、ただ指を加えてみているだけになってしまいます。

海外に取引所を作るという手もありますが、サポートなど、初心者には難しいところもありますし、まずは国内の取引所で資産を回すことを目標にしていきましょう。

入金する取引所を決める

BitFlyer コインチェック Zaif ビットバンク
コインの種類
取引所 ビットコインのみ ビットコインのみ 全通貨 全通貨

入金できるようになったところで、実際に取引する登録所を選んでみましょう。最初に入金するのは、メインで使いたい取引所にしたいですよね。

簡単に表にしてみましたが、私の中での選ぶ際の要因としてはこの2つ、特に大きいのが取引所の有無です。

僕がなぜコインチェックからビットバンクにメインの取引所を移そうと思っているのかというのもここにあります。

取引所と販売所の違い

販売所・・・運営会社(bitflyerやコインチェック)から直接買う所

取引所・・・ユーザー間同士でコインの売買をする所

例えて言えば、農家がとってきた野菜をお店で買うのか、農家と直接売買をするのかというようなもの。

そりゃ直接売買するほうが安いに決まってますよね。

例えばこの例では、

1BTC=2,179,536円の時に売買しようとした場合

購入時

売却時

それぞれ実際の値段と3~40000円近く差があるのがわかります。これが手数料です。

結構バカにならない金額ですよね。買ってすぐ売ってしまったら、1BTCあたり8円近くの損ですよ(笑)

この手数料の観点などからコインは取引所で買う方が断然お得です。

あえて販売所で買うメリットとしたら、「確実にその値段でコインが買える。」っていうくらいですかね。

ということで、4つ取引所を紹介はしましたが、ガンガン売買したいならば、使いたい取引所は絞られてきましたよね。

では、次回はその取引所でのコインの買い方などを説明していきましょう。

【仮装通貨】ありがとうリップル

昨日から始めた仮想通貨ブログ、2日目はどうなったかというと、、、

なんと10万オーバーになっていました。
1週間で原資以上に儲かってしましまって、逆に不安です。

ちなみに僕が持ってる通貨はリップル(XRP)という通貨なんですが、
これで年内100円の大台も見えてきました。
ここらで一度利確したいところですが、来年度は1000円にも到達するんじゃないかと夢見てる通貨なんで、
ここは歯を食いしばってホールドします。

リップルには過去にもこんな記事がありました。
http://coinpost.jp/?p=6049

でもほんとにこれはリップルという通貨をきちんと調べている人達からしたら夢物語ではなくて、
仮想通貨の中では国際送金などで最も実用的なコインであると同時に、
スタンダードになれる通貨だと思いますので、
皆さんもぜひ注目してみてください。

【仮想通貨】仮想通貨で僕はどうなってしまうのだろう

仮想通貨がここ最近、一般人にも知れ渡ってきてブームになっていますね。
僕も今年の9月頃から本格的に仮想通貨への投資を始めたのですが、
ここ半月ほどは特にバブルを感じています。

ご祝儀で仮想通貨を購入

実際、先日友人Kの結婚式のご祝儀が返ってきたので、
それをそのままそっくり+1万して
入金したところ、4万円がわずか1週間で2倍近くになりました。

これすごくないですか?

資産価値がわずか1週間で2倍ですよ!
K君が僕に100万預けてくれたら今頃200万になっていました。
K君、今からでも遅くはないです。僕に100万投資してください。

新規参入者がかなり入ってきていることでかなりの資産が仮想通貨へと入ってきていて、
ジャパンマネーが吹き荒れています。ここしばらくは仮想通貨の値段は上がり続けるでしょう。
これは祈りでもあります。

こんな波は、そうそうないです。
とりあえず乗っておけるものならばどんどん乗っかって、
どこまでいけるかということをまとめていきたいと思います。