「大堀彩 オリンピックへの道⑲ ~K&Dグラフィックインターナショナルチャレンジ~」

山口茜(再春館製薬所)・奥原希望(日本ユニシス)という国内のトップ選手が所属実業団選手としてS/Jリーグ団体戦に参戦している中、所属実業団に女子チームがない大堀彩(トナミ運輸)はアメリカの大会に参戦していた。A代表から唯一参加した大堀は、格下相手に無難な戦いを演じ、優勝した。

 

今回のインターナショナルチャレンジという大会のランクは、世界トップ選手が出場するワールドツアー(super1000~super100)より下位の大会である。実戦感覚を維持することと、少しでも国際ランキングポイントを稼いでおくことが目的であろう。

 

前々回の記事(オリンピックへの道⑰)でも書いた通り、全日本総合で大堀が敗れた高橋沙也加は、今年はB代表として低いランクの国際大会でポイントを稼ぎ、国際ランクを上げてきたのである(高橋12位、大堀19位【12月20日現在】)。

A代表としてランクの高いsuper500以上の大会に出場するのは義務だろうが、ランクの低い大会、例えば年明け1月8日からのタイマスターズ(super300)に参加するということもランキングを上げる一つの方策だろう。しかし、その後の1月13日からはマレーシアマスターズ(super500)が控えており、連戦の疲労が問題となってくる。【※12月13日発表のタイマスターズの参加者リストには大堀の名前はなかった】

 

この年末、奥原希望がユニシス退社を発表し、プロとして活動するとの報道があった。実業団選手としての国内大会よりも、オリンピックに専念するため、個人としての国際大会に専念したいということらしい。

 

どの試合に出場し、どの試合に出場しないか。奥原は適度に休むことができるようになった点で成長したとテレビで語っていた。

 

オリンピックレースは、コートの外でも行われている

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑱ ~2019年日本代表発表~

本日12月11日、2019年バドミントン日本A代表、B代表が発表された。選出された女子シングルスA代表は、山口茜、奥原希望、高橋沙也加、そして大堀彩の4人であった。先日の全日本総合において準々決勝で敗退してしまった大堀彩であったが、過去の実績、将来性等も考慮されてのA代表選出だと考える。

 

長らく代表に選出されてきた三谷美菜津、佐藤冴香(ともに1991年生)がB代表にすら選出されず、代わりに高校三年生の水井ひらり(2000年生)がB代表に選出され、世代交代を特に感じさせる代表発表となった。

 

2019年4月29日から2020年4月29日の間に開催される国際大会での獲得ポイント上位2人が東京オリンピックの日本代表となる。大堀の2019年国際大会は、おそらく1月13日からのマレーシアマスターズ(Super500)が最初となるはずだ。4月29日からのオリンピックレースの前に、国際ランキングを少しでも上げておかないと、シード権を獲得できず、初戦から強豪と対戦することとなってしまう。これから先のどの試合もおろそかにはできないのだ。

 

とにかく2019年も主要な国際大会で大堀のプレーが観ることができることが嬉しい。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑰ ~全日本総合選手権 準々決勝 【高橋沙也加と大堀彩】~

大堀の準々決勝の相手は高橋沙也加(日本ランキング5位 世界ランキング11位 高岡西高校→パナソニック→日本ユニシス 1992年生)である。この試合に勝った方が、日本A代表を内定させることができる非常に重要な試合である。

 

第1ゲームを18-21 で落とした大堀は、第2ゲームも高橋沙也加に16-19 と先行を許してしまったが、そこから挽回しファイナルゲームへと望みを託す。

 

しかし、私はアリーナ席最前列で観ていたのだが、大堀の元気がない。いつもなら気持ちのこもった掛け声を発し自分を鼓舞しながらプレーするのだが、それが今日はほとんど見られない。相手に得点を許してもあまり悔しいそぶりも見せない。また、劣勢に回った際のラインジャッジも弱気になって、ミスジャッジを繰り返していたように見える。

 

対する高橋は、いつものように激しい掛け声とガッツポーズで自分を盛り上げる。またプレー面でも特にレシーブが素晴らしく、大堀のサイドライン際のスマッシュもネットすれすれにリターンし、ミスがきわめて少なかった。

 

ファイナルゲームは序盤から高橋の強気のショットを止められず、結局終始流れをつかめないまま敗退した。

 

この試合に負けたことにより、大堀が来年の日本A代表へ選出されることは非常に難しくなった。上位の国際大会にはA代表メンバーが中心に派遣されるため、東京オリンピック代表の指標となる国際ランキングを上げることが難しく、当然東京オリンピックへの出場可能性も低くなる。

 

今日の試合は、大堀の東京オリンピック出場にとって勝利が至上命題だった。だが、負けた。

 

しかし、試合後、試合の記録用紙へ勝者のサインをする高橋沙也加とうなだれる大堀彩という二人の姿を見たとき、私は思った。いま大堀が手本とするべきなのは、目の前にいる自分を打ち負かした高橋沙也加なのではないかと。

 

高橋沙也加は、大堀より4歳上の26歳であり、ちょうど4年前のリオオリンピック代表をかけた選考レースでは、奥原、山口につぐ3番手あった。まさに今の大堀の立場だったのだ。しかし、オリンピックレース中盤の2015年10月のデンマークOPにおいて、右ひざの前十字靱帯断裂の大怪我を負い、リオオリンピック出場への可能性は消えた。

 

一年に及ぶリハビリの末、復帰を果たすが、やはり全盛期のプレーには程遠い。大堀などの若手の台頭もあり、2017年の全日本総合は2回戦敗退、今年はB代表であった。しかし、A代表が出場しないような小さな国際大会でポイントをコツコツ稼いだ結果、現時点ではA代表の大堀彩(世界ランキング18位)と佐藤冴香(同23位)より上位の11位につけている。このランキングは怪我をする前より上位の数字である。

 

大けがによってリオオリンピックへの出場を断たれた時、高橋は打ちひしがれたはずだ。しかし、それから3年後、またオリンピックを狙える位置にまでたどり着いた。本当に苦しかっただろう。何度も諦めたくなったはずだ。

 

諦めないでほしい

 

君を応援してる人たちは君が思ってるよりずっと多いはずだ

 

大堀がオリンピックに出場するまでこの連載は続く

 

それが4年だろうが、8年だろうがだ

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑯ ~全日本総合選手権1回戦、2回戦~

11月27日から始まった全日本総合選手権は、日本のバドミントン選手にとって、特別な大会である。サッカーの天皇杯のように、中学~大学、社会人などあらゆるカテゴリーの有力選手が参加する大会であり、真の日本一を決める戦いが繰り広げられる。

 

過去の女子シングルスの優勝選手は以下の通り

 

2017年 山口茜

2016年 佐藤冴香

2015年 奥原希望

2014年 山口茜

2013年 三谷美菜津

2012年 今別府香里

2011年 奥原希望

 

大堀彩(日本ランキング4位、前回大会準優勝)の一回戦の相手は 青森山田高校の高橋美優(青森山田高校1年 日本ランキング45位)だった。動画配信はなく、スコアのみの確認だったが21-5 21-9 で危なげなくストレート勝ちを収めた。

 

続く二回戦の相手は中西貴映(日本ランキング15位 大宮東高校→早稲田大学→日本ユニシス 1995年生)である。同じサウスポーで、身長も長身170㎝(大堀は169㎝)の中西との対決は、21-19、21-8 で大堀のストレート勝ちであった。

 

30日の準々決勝へと駒を進めた大堀とおそらく対戦するのは、高橋沙也加(日本ランキング5位 高岡西高校→パナソニック→日本ユニシス 1992年生)になるはずだ。大堀にとって、高橋沙也加という存在は、特別な存在だ。

 

まず、国際大会において、大堀は高橋に勝利したことが一度もない。また、今年5月のユーバー杯では、国際ランキングでは上位だった大堀ではなく、なぜか高橋が選出された。加えて、国内チーム団体戦のS/Jリーグで、所属チームユニシスの優勝がかかった最終戦において、高橋は二年連続で山口茜を倒している。調子のいい時の高橋は、世界ランキング2位の天才山口茜をも凌駕する力を発揮する。

 

2人の直近の対戦は2015年であり、高橋が膝の大けがをする前なので、現時点での実力差は不明だが、大堀にとって強敵であるのは間違いない。

 

もし、その高橋に大堀が勝利すれば、山口茜と準決勝で戦うことになるはずだ。

 

私は、大堀は山口に勝てると考えている。本気でそう考えてる。

 

ブレイクスルーはもうそこまで来てるはずだ

 

明日から会場に応援に行く

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑮ ~ 香港オープン1回戦【2018国際大会総括】~

大堀の一回戦の相手はSun Ji Hyun(韓国 1991年生 世界ランキング10位)だった。

いつものLive scoreで得点推移を確認していたが、あっさり10-21 12-21 で大堀のストレート負けだった。

 

これで、5大会連続の1回戦負けである。9月にコリアオープンでSun Ji Hyunに負けた際は1ゲームを取り、相手を苦しめていただけに、今回も期待していたのだが、残念な結果となった。ここ数大会、勝てる可能性が十分ある相手に負ける試合が続いている。

 

 

これで2018年の大堀の国際大会はすべて終了した。以下が、2018年のSUPER500以上の大会と世界選手権、アジア選手権の結果である。

 

ベスト4  1回  (ジャパンオープン)

ベスト8  2回  (タイオープン、全英オープン)

ベスト16 3回  (マレーシアマスターズ、インドネシアオープン、チャイナオープン)

ベスト32 1回  (世界選手権)

1回戦負け 8回

 

 

結果が出ない状況で苦しいかもしれないが、26日からの全日本総合選手権は心機一転臨んでほしい。

 

もちろん応援に行く。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

「大堀彩 オリンピックへの道⑭ ~福州中国オープン 1回戦 ~」

11月6日から始まった福州中国オープン、大堀の一回戦の相手はHan Yue(中国 1999年生 世界ランキング34位)だった。ちょうど自分のバドミントン練習と時間が重なり、練習のあと試合結果を確認してみると、6-21 17-21 で大堀のストレート負けという結果に、驚いた。

これで、4大会連続の1回戦負けである。コリアオープンのSun Ji Hyun 以外は、世界ランキングでも同等もしくは下位の相手であり、勝てる可能性は十分にあったはずだ。

先日、文春オンラインに「男子チームで猛特訓 バドミントン・大堀彩が挑戦する2つの”壁“~東京オリンピック出場枠は2つだけ~」というロングインタビューが公開された。そこで大堀は、山口、奥原という傑出した選手たちと同じ時代に生まれてきたのは運命だと、その二人がいなかったら、成長はなかったので感謝していると語っていた。

自分のオリンピック出場を拒むかもしれない存在に感謝し、男子チームしかない環境に移籍し自分を追い込むことの出来る大堀なら、今のこの結果が出ない状況に何らかのプラスの意味を見出すことができるはずだ。

来週13日からの香港オープンで2018年の大堀のワールドツアーは終了する。その後には、全日本総合がすぐ控えている。

やまない雨はない  がんばれ大堀

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

文春記事
http://bunshun.jp/articles/-/9559

 

大堀彩 オリンピックへの道⑬ ~フランス・オープン 1回戦 ~

23日から始まったフランス・オープン(super750)、1回戦は先月のジャパンオープンでストレート勝ちを収めたGao fangjie(中国 1998年生 世界ランキング13位)であった。今回はTVネット等での放映はなく、Bwf のLive scoreでの観戦?となった。

 

1ゲーム目、中盤まで拮抗した状況が続くが、13点過ぎからGaoが5連続得点で抜け出し、13-18となる。そこから大堀も追い上げ、20オールでデュースとなるが、結局押し切られ、1ゲーム目を失う。2ゲーム目もGaoの連続得点で、7-15となるも、そこから大堀も6連続得点で2点差まで詰め寄るが、結局18-21で敗戦となった。一旦相手のペースになった際にいかに立て直すか。簡単に言うようだが、本当に難しい。試合の流れ

 

 

これで、デンマーク、フランスと2大会連続の1回戦敗退である。11月6日から福州中国オープン、13日からは香港オープンが行われる。ここで好成績を出して、11月27日からの全日本総合選手権に弾みをつけてほしいものだ。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/

 

大堀彩 オリンピックへの道⑫ ~デンマーク・オープン 1回戦~

デンマーク・オープン(super750)1回戦の相手は、地元のLine Hojmark Kjaersfeldt(1994年生 世界ランキング27位) である。先日の台湾オープン決勝で、世界ランキング1位のTai Tzu Yingに対して、1ゲームを奪取する善戦をみせた選手である。

 

1ゲーム目を失った大堀は、2ゲーム目は先にゲームポイントを取るが、最後は21-23で競り負けた。相手のLine Hojmark Kjaersfeldtは174㎝の長身であり、スマッシュ等の上からのショットが強力と判断したのか、それを防ぐために大堀はバックハンドのショートサーブを打っていたが、それをうまくネットに沈められて、劣勢になっていたように思う。

 

 

9月からのアジア遠征(日本、中国、韓国)、それに続く国体(富山代表)という過密日程の中、疲労もピークに達していると思うが、ここが正念場である。

 

23日からはフランス・オープン(super750)が始まる。1回戦は先月のジャパンオープンでストレート勝ちを収めたGao fangjie(中国 1998年生 世界ランキング14位)である。それに勝てば、Tai Tzu Yingと戦うこととなるはずだ。対戦成績は大堀の0勝5敗である。直近は今年3月の全英オープンで12-21,13-21で負けている。試合映像からの印象では、点差以上の差があった感があるが、今回は踏ん張れるか。

 

 

22歳になった大堀の真価はこれから問われる。

 

才能とモラルと税金と ~福島由紀・桃田賢斗 ドーピング検査・同部屋事件について考える~

今年の5月に東京都北区のナショナルトレーニングセンター(以下トレセン)で行われた日本バドミントン代表合宿時に、女子ダブルスの福島由紀が、ドーピング検査の対象時間に自室におらず、その時間男子シングルス桃田賢斗の部屋にいたとの報道があった。

 

事前にドーピング機構に対して、ドーピング検査を受けることが可能な時間帯内の行動予定を届けるルールになっているのだが、福島は届け出た場所である自室におらず、朝6時に桃田の部屋にいたということである。

 

まず届け出た行動予定外の行動をしてしまったという過失がある。昨今のスポーツ界ではドーピングに対する意識はますます高まっている中、福島のこの行動は浅薄な行動である。

結局検査は受けることができたということだが、年に3回検査を受けられなかった場合、資格停止となる可能性があるとのことである。

 

次に問題となるのは、合宿中に、その合宿所の異性の個室へ一人で訪れて良いのかということである。大人の男女が二人きり、それも朝6時に部屋にいたとなるとなんらかの男女関係を疑われるのは当然である。それが自宅ならなんの問題もない。しかし、代表合宿中のトレセンでの出来事である。つまり仕事中ということである。

 

桃田は2016年に発覚した違法賭博事件での1年間の謹慎から見事復活を果たし、日本男子シングルス初の世界ランキング1位となった選手である。日本バドミントンを代表する選手であるが、その違法賭博事件の件で、悪い意味でも有名な選手である。私の周りのバドミントンに興味のない人間でも、「違法賭博事件のあのバドミントン選手」というと大方の人が、わかってくれるぐらいだ。

 

一方の福島の方は、賞金ピンハネ容疑等で再春館製薬所を追われた今井彰宏氏を追って、岐阜トリッキーパンダースへと移籍した経緯がある。一説によると今井氏と男女関係があったと報じる向きもあるぐらいで、はっきり言って今の日本バドミントン界でかなりグレーな存在なのである。

 

水泳の千葉すずと山本貴司、瀬戸大也と馬淵優佳など同種目の選手の結婚は多い。一つの競技に生活を捧げているアスリートにとって、出会いがその競技の場となるのは当然だろう。しかし、時と場所をわきまえるのは当然である。何もなかったとしても、周りはそうは思ってくれない。特に桃田は約2年をかけて自分への信用を回復してきた最中でのこの報道である。

 

2人とも甘いとしか言いようがない。

 

大堀彩 オリンピックへの道⑪ ~コリア・オープン 1回戦 ~

コリア・オープン一回戦の相手は、地元韓国のエースSung Ji Hyun(1991年生 世界ランキング9位) である。ここ数年世界ランキング1桁をキープしている相手に、対戦成績は大堀の3勝1敗であるのがすごい。この試合も、大堀は1ゲーム目を21-18で取り、優勢に見えたが、2ゲーム目を16-21、3ゲーム目を13-21で奪われ、一回戦敗退となった。特に3ゲーム目は、Sungの連続得点で点差が離され始めた終盤、大堀のロブがサイドアウトしてしまう場面が数回あり、自ら試合を壊してしまった印象を受けた。

 

しかし、コリア・オープン最終日でも、観客の入りがさびしく、半分ぐらいしか席が埋まっていなかったと思う。バドミントン先進国のイメージがある韓国だが、最近日本に押され気味な理由は、韓国内でのバドミントン人気があまりないからなのだろうか。

 

10月16日から始まるデンマーク・オープン(super750)では、1回戦で地元のLine Hojmark Kjaersfeldt(1994年生 世界ランキング27位) と対戦し、それに勝利すればPusarla V.Sindhu(インド 1995年生 世界ランキング3位)と戦うことになるはずだ。

 

明日10月2日は大堀の誕生日である。

 

過去のバドミントン記事はこちらからチェックできます。

http://jincouchinou.com/tag/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3/