なつぞら 涙腺崩壊名セリフ集 その1

2019年も終わる。

2019年を振り返るにあたり避けては通れないのが、なつぞら。

その中から、名セリフをいくつか抜粋してここに残す。

1

“一番悪いのは、ひとがなんとかしてくれると思って生きることじゃ。 お前はここ数日、ほんとによく働いた。そのアイスクリームは、お前の力で得たものだ。お前なら大丈夫だ。だからもう、無理に笑うこともない。謝ることもない。堂々としてろ。堂々と、ここで生きろ”
(第1週 4話より)

東京から北海道に来たなつに、ずっと厳しく当たっていた草刈正雄演じる柴田泰樹じいさんが、はじめてかけた、深く優しいことば。

よそものとしての負い目からか、必死に認めてもらおうとがんばるなつの姿に、じいさんの心も動いた。

ひとになんとかしてもらう、ではなく、自分で道を切り拓く、その開拓者スピリットこそが大切だ、という、なつぞら全体を貫くテーマがここでぶち上げられている。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録あらすじ —第1週 「なつよ、ここが十勝だ!」

2

“お前には家族は一緒にいない。しかし、わしらが、一緒におる。”
(第2週9話より)

柴田牧場を飛び出してしまったなつ。柴田家の面々が必死に捜索し、やっと、見つかる。

「どうして、どうしてわたしには家族がいないの! 」と泣き怒るなつ。

それに対し、「もっと怒れ!もっと怒ればいい! 」と草刈正雄演じる泰樹じいさんが煽る。「ばかやろー!!!」と号泣するなつ。じいさんに抱きつく。

その時のじいさんのセリフ。

家族ではなくても、一緒にいる。
だから大丈夫だ、と。

タフで大きく、優しい言葉だ。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ セリフ書き起こし 第2週 「なつよ、夢の扉を開け!」

3

“人間が発情したらどうするんじゃ!!!”
(第3週 第16話)

吉沢亮演じる天陽くんのとこの牛が発情して、それを天陽くんと一緒にみてきたなつ。

いつもより遅く帰り、「いま種付けしたら、来年の春には生まれてくる。」と嬉しそうにじいさんに話すが、それに対してじいさんがぶちあげたセリフ。

「お前らもう子供じゃないんじゃ、世間の目から、ふしだらと思われるようなことはすんな!!」と、ご立腹。

農協とのあれこれでもめて、じいさんの鬱憤がたまってたのもあっての発言と思われる。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ セリフ書き起こし第3週「なつよ、これが青春だ!

4

「いいか、へたというのは、なにかをやろうとして、できないやつのことだ。お前は、なにもやろうとしていない。へた以下だ。」
(第4週 第21話より)

なつが出演した高校演劇、白蛇伝での稽古中の、柄本祐演じる倉田先生のセリフ。

演技は初心者で、へただからうまくできない、と言うなつに対して、ズドンと突き刺すように放たれた言葉。

なにもやらないのは、ヘタ、にすらなれない。やって、ヘタだ!となるのは、0から1への、大きな、決定的な一歩だ。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第4週「なつよ、女優になれ!」

5

「もったいなくて食えねぇ」
(第5週 28話 )

ゆみこ(福地桃子)が持ってきた、帯広の雪月のシシュークリームを真剣な眼差しで眺め、泰樹じいさんが放った言葉。

硬派な普段の様子とはうってかわって、むしゃむしゃ食べる泰樹じいさんの可愛らしさのギャップ萌え。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに!」

6

“なんでもできるのは、なんもないのと一緒だよ。 ”
(第6週 33話より)

ディズニーのファンタジアを天陽くんと一緒に観に行ったなつ。

鑑賞後、余韻に浸り、映画やアニメーションの可能性のデカさに感動してるなつに対し、天陽くんが放った言葉。

なんでもできるというのは、なにもない広い土地に行くのと同じように、土を耕す方法を覚えて、作れるタネを見つけて、手に入れないとなんにもできない。

可能性のある分野へ踏み出していくことは心踊ることであるが、そこには開拓していくことの厳しさがつきものなのだ。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」

7

“道に迷った時は、自分のキャンバスだけに向かえばいい。そしたら、どこにいたって俺となっちゃんは、なにもない広いキャンバスのどこかで繋がっていられる。”
(第7週 42話より)

北海道から東京へ行き、アニメーターの道を目指すと決めたなつに向けて、天陽くんが放った言葉。

「なっちゃん、俺は待たんよ。なっちゃんのこと、ここで。帰るのは待たない。なっちゃん、俺にとっての広い世界は、ベニヤ板だ。そこが俺のキャンバスだ。なにもないキャンバスは広すぎて、そこに向かってると自分の無力ばかり感じる。けど、そこで生きている自分の価値は、ほかのどんな価値にも流されない。なっちゃんも、道に迷った時は、自分のキャンバスだけに向かえばいい。そしたら、どこにいたって俺となっちゃんは、なにもない広いキャンバスのどこかで繋がっていられる。…..がんばれ! 頑張ってこい、なっちゃん。」

なつは、この言葉を東京での辛い時に、何度も反芻し、救われることになる。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第7週「なつよ、今が決断の時!」

8

“悲しみから生まれた希望は、人を強くします、喜びから生まれた夢は、人を優しくします”
(第 8 週 より)

なつや、なつの兄の咲太郎と一緒に、戦火の中孤児としてサヴァイヴした、ノブさんが、咲太郎と、その擬似的な母のような存在であるあやみさん、なつ、新宿のドンであるフジマサ親分とでしみじみ話している中で、放った言葉。

人は、悲しみで強くなり、喜びで優しくなれる。ハッとさせられる真理をぶちこんできて、全てかっさらっていく、ノブさんは、なつぞらの世界にコクと深みを与えている。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第8週「なつよ、東京に気をつけろ!」

9

”自分のために生きてないやつには、他人のことも助けられない。いまの俺じゃ、だれの力にもなれないよ“
(第9 週 53 話より)

アニメーターの夢を追うなつをサポートしようと奮闘しながらも、空回りしていた兄の咲太郎が、自分の夢、目標を、誰かに投影していてはだめだと気づき、放った言葉。

それに対しなつは、そこにいてくれるだけで力になるよ、と兄へ告げる。

人生というマラソンにおいては、別の道においても走っている誰かがいること、その存在を感じられることが、なによりも力強く、その心を勇気付けるのかもしれない。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第9週「なつよ、夢をあきらめるな」

10

“アニメーションは、ラテン語で魂を意味する、アニマ、という言葉から来てるんだ。動かないものに魂をいれて動かす、つまり、命を、与えるってことなんだ。 本気で命をふきこもうとすれば、悩まないアニメーターなどいない。“
(第 10 週 57 話)

貫地谷しほり演じる大沢マコさんが、ぬるい作画にキレまくっている中、おびえるなつ。その様子をみて、なつのアニメーターとしての先輩、麒麟の川島演じる下山さんが、放った言葉。

命を吹き込む、というのは一筋縄ではいかない。動かないものに、魂込めて、動かす。その困難に立ち向かい、四苦八苦することに、アニメーターの矜持があり、ものづくりの喜びがある、ということを伝えていて、グッとくる。

広瀬すずが主演で十勝がフィーチャーされた新時代の朝ドラ「なつぞら」視聴の記録 あらすじ第10週 「なつよ、絵に命を与えよ」

なつぞらは永遠だ。

目を閉じれば、今も聴こえる、優しいあの子。

いつだって、めげずに歩いたその先に、知らなかった世界。

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)甲本ヒロトの名言。まっすぐすぎる言葉。生き方、幸せの名言。

甲本ヒロトとは

日本のミュージシャン。身長174cm、血液型O型[1]。既婚。俳優の甲本雅裕は実弟。ラウンド・アバウト、THE COATS、THE BLUE HEARTS、ヒューストンズ、↑THE HIGH-LOWS↓を経て、現在はザ・クロマニヨンズのボーカリストを務める。

甲本ヒロトの名言

『死んだら死んだでいいさ』なんて俺は言えないわ。俺は生きていたいんよ

 

人と同じものが嫌とか、そういうのはあまりない。自分が好きなものを集めてたら、人と同じにはならないでしょう?

 

僕一人は好きだよ、寂しいのはイヤだけど。一人は寂しくないもん。寂しいっていうのは、人と人との関係の中で起きることだから

 

楽しいと楽は対極だよ。楽しいことがしたいなら,楽はしちゃダメだと思うよ

 

売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ

 

だってほかに信じられるものはないんだもん、自分の欲以外

 

どうにもならないことなんてどうにでもなっていいこと

 

例えば、マッチを1回擦るだけでもいいんですよね。
何かをやろう!ってする瞬間があるじゃないですか、
やり始める、それだと思うんですよ

 

普遍性って2種類あるじゃないですか。
例えば石のようにずっとその場にあり続ける普遍性と、走り続けるっていうような動き続けてる普遍性と。
ロックのかっこいい普遍性って、そこだと思うんですよ

 

生活と人生は違う。質素な生活、豊かな人生。

 

言いたいことは言う。 その時は心を込めて言う

 

ルール破ってもマナーは守れよ

 

やっぱ『死に方』より『生き方』だよな

 

なんとかなるのが世の中よ

 

変化を恐れない天才棋士、羽生善治の名言。勝負の名言。変化の名言。

羽生善治とは

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 )は、日本の将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の称号資格保持者、及び名誉NHK杯選手権者の称号保持者。二上達也九段門下。棋士番号は175。埼玉県所沢市出身。

羽生善治の名言

私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。
しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている

 

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって、継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている

 

見た目には、かなり危険でも、読み切っていれば怖くはない。
剣豪の勝負でも、お互いの斬り合いで、
相手の刀の切っ先が鼻先1センチのところをかすめていても、
読みきっていれば大丈夫なんです。

 

勝負では、知っていることに自分の思考とか、
アイデアをプラスしないと意味がないのですが、
知っているというその一点だけで、
有利になるということもよくあるんです

 

どんな場面でも、今の自分をさらけ出すことが大事なのだ

 

特に将棋に似ているスポーツはテニスだろう

 

人生の中で目指しているものがはっきりしている人は
いくつになってもエネルギーがある

 

人生は食事をして眠るだけのくり返しではない。
「こういうことができた」「こういうことを考えた」という部分がある

 

基本的に人間というのは怠け者です。
何も意識しないでいると、つい楽な方向や平均点をとる方向にいってしまいます。
だから相当意志を強く持って、志を高く揚げ核となっている大きな支えを持たないと、
一生懸命にやっているつもりでも、無意識のうちに楽な方へ楽な方へと流されていくことがあると思います。
自分自身の目標に向かって、ちょっと無理するくらいの気持ちで踏みとどまらないといけません

 

積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にする

 

「まだその時期じゃない」「環境が整っていない」とリスクばかり強調する人がいるが、
環境が整っていないことは、逆説的に言えば、非常にいい環境だと言える

 

確かに負けている時の方が新しいことはやりやすいですね。
どうせ今、状況が悪いんだから、何か違うことでもやるかという。
とにかく良くなるまで色々手を尽くせばいいので、
そういう時の方が思い切ったことはやりやすい

 

何事も年齢が上がってから覚えた人は、感覚よりも知識に頼る傾向がある。

 

長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない

 

ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、
頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある

 

自分から踏み込むことは勝負を決める大きな要素である

 

同じ方法で悪くなる。
だから捨てなきゃいけない。
せっかく長年築きあげてきたものでも
変えていかなくてはならない。

 

もちろん勝負に勝つというのも
大事なんですけど、
そのためにいつも決まり形でやっていたら、
そのことで将棋をやっている意味が
あるのかということに、
どうしてもぶつかってしまうんです。
誰もがやっている
決まりきった道筋で振りきってしまうと、
結局、人の来た道をただ辿ってるだけ
ということになります

 

毎回石橋を叩いていたら
勢いも流れも
絶対つかめない