田中邦衛の魅力とは。田中邦衛おすすめ映画5選。

田中邦衛が好きだ。

子どものころ「北の国から」で田中邦衛を観て、その佇まい、表情、セリフ回しから、なにか只者ではないパワーを、子どもながらに感じていた。

その只者ではない感は、言語を超えて、人間の本能に訴えかけるものがある。
羽仁進監督による渥美清がアフリカでリアル現地の人々と交流しながらプレハブ小屋を建てる「ブワナトシの歌」という映画があるが、そこでは渥美清は日本人であることを超えて「なんだかすごい人」として受け入れられる。

渥美清がそうであるように、田中邦衛にも、地球の裏側の人にも伝わるような凄み、人間力があるように思う。

田中邦衛と言えば、「北の国から」であるのは間違いない。しかし、「北の国から」の放送期間も、その前も、田中邦衛は別の様々な作品に出て、「五郎」とはまた別の、多様な役柄を演じていた。

意外とあまり知られていない田中邦衛の魅力を存分に味わうことのできる映画を以下に5つ選んだ。

1、落とし穴 (1962)

監督: 勅使河原宏
脚本: 安部公房
出演: 井川比佐志、田中邦衛、佐々木すみ江

映画公開時、田中邦衛 30歳。真っ白なスーツに身を包む、クールな殺し屋として怪演している。

安部公房と勅使河原宏がタッグを組んだ映画作品一作目である。戦後日本のシューレアリズム表現!

誤解が誤解を呼び、炭鉱の組合長同士が陥ってしまう悲しい顛末。悲しいが、しかし、どこか滑稽。

「落とし穴」は、超越的な存在によって下される運命のことか。ただの自滅か。思考をぐるぐる離れない。濃密な白黒の映像。

真っ白なスーツでスクーターを颯爽と乗りこなす殺し屋役の田中邦衛。「北の国から」からでは考えられないほどの無慈悲な男を演じる田中邦衛が新鮮で鮮烈。

映画の中で、死んだ者は幽霊となり再登場するが、死んだときの状態が未来永劫続くという設定がおもしろい。お腹をすかせたまま死んだら、ずっと未来永劫お腹が減ったまま幽霊としてすごさなければいけない。

どこまでいっても過酷な労働が待っているという、炭鉱の労働者がはまりこむ落とし穴。1962年の映画だが、今の日本にもあるよな、と感じさせる、「落とし穴」。

2、大脱獄 (1975)

監督:石井輝男
脚本:石井輝男
出演:高倉健、田中邦衛、菅原文太、室田日出男、郷鍈治、木の実ナナ

高倉健に濡れ衣着せる卑劣な悪役として、当時43歳の田中邦衛が熱演。

大脱獄というタイトルだが、脱獄のくだりはあっさりしている。さすが石井輝男。

濡れ衣着せられ投獄された高倉健が脱獄して、木の実ナナ演じる女と出会い、いろいろあり、女と別れ、自分に濡れ衣を着せた田中邦衛に復讐をするという話。

飢餓と寒さで発狂して全裸で雪にダイブする郷鍈治と室田日出男のシーンが見ものである。CGとかじゃなく、本当の雪に、本当の裸の大人がダイブしているわけだからね。

とにかく、この映画での田中邦衛は、「北の国から」では考えられないほどにゲスのかたまり泥まんじゅう野郎である。田中邦衛を高倉健が盛大にぶちのめすカタルシスに酔いしれることができる作品。

3、アフリカの光 (1975)

監督:神代辰巳
原作:丸山健二 脚本:中島丈博
出演: 萩原健一、田中邦衛、桃井かおり

萩原健一との同性愛にも見まがうほどの男の友情を演じる、43歳の勢いのある田中邦衛が堪能できる。

1975年は田中邦衛にとって大忙しの1年であっただろう。出演映画は10本に及ぶのだから。そのうちの1本である、この作品。

春になればマグロ漁船に乗ってアフリカに行けると冬の羅臼にきた萩原健一と田中邦衛演じる男二人組。しかし、羅臼の漁師相手の賭博を凌ぎにしているヤクザやその連れの女と関わっていくうちにアフリカ行くどころじゃなくなりすったもんだある、という話。

田中邦衛がイカ釣り船に乗って仕事して風邪ひいて無理して風邪をこじらす。それでも無理して働こうとする田中邦衛を止める萩原健一。ふたりのとっくみあいのその様をカメラは生々しく映す。田中邦衛の白い肌着が脳裏に焼きつく。

萩原健一のおそらくアドリブをふんだんに混ぜた演技が最高にかっこいい。また、キャメラマンは姫田真佐久(ひめだ しんさく)なわけで、カメラワークもスタイリッシュでささくれ立っていて生々しくて最高。

この映画を観ていると、冬の羅臼はまじで寒そう。そりゃ田中邦衛も風邪をこじらすのも無理もないよ。

4、トラック野郎 一番星北へ帰る(1978)

監督:鈴木則文
脚本: 鈴木則文、中島信昭、掛札昌裕
出演:菅原文太、愛川欽也、大谷直子、黒沢年男、せんだみつお、田中邦衛

トラック野郎を厳しく取り締まる法の番人、鬼教官の田宮を46歳の田中邦衛が熱演!

とにかくトラック野郎は最高である。この作品は8作目。当時、年末映画として公開されたわけだが、タイトルシーンから、すでにけっこうきわどいピンクなシーンをかましていて、ただのファミリー映画なんかじゃねえぞ!というパンクな精神をびしばし感じさせる。女性の喘ぎ声のタイミングで、「監督 鈴木則文」の文字が出るわけだからね。

ゲスと人情と友情のトラック野郎どもの群像劇であり、物語のクライマックスは菅原文太演じる星桃次郎が「人生かけたスピード違反」でトラックを爆走させて仲間を助けたりする展開が定番なのだが、今作では、速度を無視して爆走している桃次郎が運んでいるのは、鬼教官の妻を助けるための医療器具!妻を助けるか、法を守るか、葛藤しながらも、職務を遂行する田中邦衛!

ラストは泥まみれのトラックとパトカー。それぞれの仕事をやり抜いた男たちがまぶしい。プロレスの名試合のような余韻がある。

桃次郎がダムに沈んだ自分の故郷のことを話すシーンは名シーン。ダムを指しながら、「あそこに学校があってなぁ…」としみじみ話す桃次郎に涙。経済成長の陰で沈められた故郷、トラック野郎の悲哀。

5、私をスキーに連れてって (1988)

監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
出演:三上博史、原田知世、布施博、竹中直人、田中邦衛

きびきびと動く、仕事熱心で部下に優しい理想の上司を56歳の田中邦衛がハツラツと演じきっている! この時は、すでに「北の国から」で吾郎役もバリバリやっていたことを考えると、きびきびした動きがさらに味わい深い。

ホイチョイプロダクション三部作の一作目。昭和から平成へと向かう、バブルの時代のアッパーな空気を感じることのできる映画。JR SKI SKI. ユーミンの曲がまき散らかっている。

自分の生まれた年の、世の中の空気はこんな感じだったのかとか考えると感慨深い。

三上博史演じるスキー大好き男が、ゲレンデでスキー初心者の原田知世に恋に落ちて話が展開していく話。

三上博史演じるスキー大好き男は、自分の部署とは違うスポーツ部署でのサロットというスキーブーツのブランドの開発の手助けをする。そのスポーツ部署での上司、そして三上博史にとってのスキーの大先輩でもあるナイスガイが、田中邦衛演じる田山さんなのだ。

バレンタインデーに行われるサロットの新製品発表会に向けて、物語は高まっていく。とあるトラブルにより焦りながらもリーダーとしてきびきび事態に立ち向かう田山さん。田中邦衛の円熟のきめ細やかな演技、顔で語る力がすばらしい!

オフィスでタバコ吸うのが普通だったり、まだパソコンがないから、計算を紙に書いてたり、そういう80年代末のオフィスの様子がおもしろい。映画は、その時代の空気、景色をそこに記録するという意味でも価値のあるメディアだ。

以上、5つの田中邦衛出演映画について書いた。

今、田中邦衛はどうしているのか。次の作品はあるのか。様々な憶測は飛び交うが、真相はわからない。

確かなことは、田中邦衛のあの笑顔は、独特な佇まいは、フィルムに焼き付けられているということ。

これからも、田中邦衛が出ている映画をどんどん観て生きたい。

新文芸座オールナイトプログラム「石井輝男ワンダーナイト」へ行ってきた。

土曜日の夜をどう過ごすかは、現代人が抱える悩みの一つでもある。手付かずの夜が目の前に広がっている状況で、いくつもの可能性の中からどれを選び、素晴らしい週末にするか。ついつい、コスパのよい、確実に楽しめるものを選びがちだ。それも悪くない。むしろ正しい。というか、ロマンスのチャンスはウィークエンドの夜の街に光輝くダイヤの原石。デジタル時代の独身アラサー、寄せては返す波のような群衆に飲まれ、自分を見失いいつも気づけばレイニーブルー。

 

かつてタモリは言った「人生は後悔するためにすごすものである。どんな選択をしてもどっかで後悔するんだよ」と。また、「バカなものにある、開放的というか、日常からはみでた突飛性という得体の知れない力を楽しむ、これは知性がなければできない。どんなものでも面白がり、どんなものでも楽しめる、これには知性が絶対必要」とも。(戸部田誠著 タモリ学より)

 

そんなわけで、石井輝男先生の生み出した映画を観て根性叩き直してもらうべく、1月20日土曜の夜、池袋新文芸坐で行われたオールナイト上映イベント、「日本カルト映画入門 vol.4 暴発!石井輝男ワンダーナイト」に行ってきた。

 

文芸坐の裏にあるセブンイレブンで食料と刺激物を調達し、一晩過ごす準備をして、会場へ向かう。

チケットは当日に購入した。”021”という数字に、あぁ、そのくらいの人数なのかゆったり観れるなぁと思ったが、劇場スタッフより「すでに前売りで100枚ほど売れてまして、その方々の後の入場になります」との情報が伝えられる。人々の期待値の高さに胸が熱くなる。

 

開場時間が近づくと、待合スペースは人で溢れかえった。男性が多いだろうと予想していたが、驚くべきことに、女性もそれなりに多かった。時代を超え、性別を超え、愛される石井輝男。

女性も安心して石井輝男の映画が楽しめる、それが新文芸坐オールナイト。

 

開映時間の22:30になり、石井輝男ワンダーナイトが幕を開けた。

最初に上映された作品は徳川いれずみ師 責め地獄(1969)

 

60年代末、日本映画における表現の規制基準はそれ以前と大きく変化した。映画産業の斜陽化、アンチヒーロー、アンチモラルな表現を求める傾向もあり、日活ロマンポルノが1971年から始まったように、60年代末から70年代半ばにかけて、テレビでは観られない過激描写を滴らせる映画が狂い咲いた。この責め地獄も、そんな時代に暴発した、石井輝男監督の「異常性愛」シリーズの映画群の中の1本である。

 

この当時の映画は、まず最初にスタッフ、キャストのクレジットが紹介され、タイトルが出て、エンディングは「終」の一文字で後腐れなく終わるというスタイルだが、まずこの責め地獄、タイトルが達筆な手書きのかっこいい書体でドーンと出てくるまでのオープニングクレジットがちょっとどうかしてるくらいの極悪さとサービス精神とかっこよさの塊なのだ。度肝を抜かれるとはまさにこのこと。そして、タイトルの後映画がはじまり、いきなり山場!いきなりトップレス!映画開始10分で、お腹いっぱいになる。

 

容赦なく繰り出されるめくるめく裸体に刺青、吊るされた女体、エログロの極みのような描写の連続に目頭が熱くなる。

 

江戸を舞台にした江戸エクスプロイテーション映画は数多くあるが、江戸という中世の時代の残酷性をここぞとばかりにサド、マゾ入り乱れる描写で映画にした例も他にないだろう。

 

まだ当時、若い20歳の片山由美子の、まさに身体をはった演技。いまでは、新人女優がこんな身体のはりかたをするのはまずありえないし、炎上するだろう。

 

血しぶき、極悪、俗悪、これが映画だ娯楽だ!という強烈な映画魂みなぎる作品。

2本目は、江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969)。まず、このタイトルにぎょっとする。その色々な誤解と顰蹙を呼び起こすタイトルゆえか、長らく正式なDVD化がされず、海賊版のみが出回っていたが、昨年ようやくDVD化された作品。

 

劇場で観るのは2回目、作品自体を観るのは5回目くらいになるが、何度観ても、土方巽の暗黒舞踏の不気味さ可笑しさ哀愁に感動を禁じ得ない。

 

吉田輝雄扮する人見広介が出会った少女は、どういうわけだか彼の脳裏にこびりついている聴きなれた歌を歌っていた。その歌にずっともやもやしていた人見だったが、その少女との出会いをきっかけにそれが裏日本の方の歌であることがわかる。さらなる情報を手にいれようと話をしていた矢先に、何者かによって少女は殺されてしまう。殺人犯の濡れ衣を着せられそうになった人見は、逃げるように裏日本へと足を運ぶ。道中、新聞記事で、自分そっくりの男の死亡記事を見つける。どうやらその男は、裏日本でも名の知れた名家の主人だったようだ。その名家について探りを入れていく中で、亡くなった主人の父親にあたる男が、無人島になにやら大掛かりなプロジェクトを進めており、一族の資産をつぎ込んでいるとの噂を耳にする。さらなる真相を確かめるべく、人見は見た目がクリソツなのを利用して、亡くなった主人が実は生きていたということにして、一家の邸宅に潜入する。そして、無人島へと乗り込むことに成功するが、なんとそこは奇形人間たちがはびこる、恐ろしい場所だった。土方巽扮する、奇形人間のボス。その奇妙な立ち振る舞いは、無人島の岩肌に打ち付けられる波しぶきと溶け合い、鮮烈な印象を与える!なぜ、彼は奇形人間たちの夢の島をつくろうと決心したのか? そこには、悲しい過去が横たわっていた。

 

タイトルやポスターのデザインから、なんだか怖そうなイメージが漂う映画だが、奇形人間といってもサーカス感が強い造形である。なによりもこの映画を特別なものにしているのは、やはりなんといっても土方巽のあの動き、あの表情、あのしゃべり方。奇妙と形容する他ない。暗黒舞踏で浜辺を駆け抜けてみたくなる。

 

話の展開は、はっきり言ってちぐはぐなところも目立つ。こういう場面をやりたい、こういう人物を出したいが先にあり、ストーリーにねじこんでいった印象だ。いきなり明智小五郎が事件を解説し始めるご都合主義な場面には面食らう。しかし、とても切ない、哀愁に満ちた映画。奇形人間であるがために妻を寝取られた男が、その悲しみと恨みから無人島に奇形人間の楽園を作り出そうとする話。自分を裏切った妻への仕打ちは、浮気相手の死肉を食らったカニを食わせるカニバリズム。ラストシーンは打ち上げ花火下から見るか 上から見るか、空にきらめく悲しみのスターダスト。

 

先ほどの責め地獄に続き、この恐怖奇形人間でも映画がはじまってすぐにトップレスの女性が出てくる。先手必勝、サービス精神の石井輝男。

3本目は、ポルノ時代劇 忘八武士道(1973)。これもまたすごい映画である。丹波哲郎が原作を気に入り、是非映画で撮ってほしいと石井輝男に売り込んだ作品。

 

丹波哲郎扮する凄腕の剣客、明日死能(あしたしのう)は、「生きるも地獄、死ぬも地獄」と達観したようにつぶやきながら、身に降りかかる火の粉を払うがごとくバッサバッサと立ち向かう者は皆切り捨てていく男。そんな丹波が成れの果てに紛れ込んだのは、世間のモラルというモラルを全て捨て去り生きる「忘八者」たちが運営する組織であった。そこでの主なビジネスは売春であり、忘八者たちは様々な鬼畜な手段を駆使して、自分たちに都合のいいように女性たちを仕立て上げていく。その凄腕を見込まれ、仲間になることを打診される丹波。忘八者たちは、邪魔ものを始末するための殺し屋を必要としていたのだ。達観しており俗世の善悪にとらわれない丹波は忘八者のオファーを受け入れる。斬って斬って斬りまくる丹波。しかし、忘八者は丹波が用済みになると、アヘン漬けにして始末しようとする。アヘンを吸ってもなお冴え渡るその刀さばき、アヘンを吸った状態のひとりの男VS大勢の男たちの壮絶な決闘へと雪崩れ込む。

 

内田良扮する忍者と、女忍者軍団の戦闘シーンがあるのだが、女忍者軍団がみな全裸である。外気が冷たく白い息を吐きながら漆黒の夜に舞う忍者と裸体。アメージングと言うほかない。

 

ゴジラの東宝から東映に移ったひし美ゆり子の身体をはった演技も見もの。ひし美ゆり子といえば、ウルトラセブンのアンヌ隊員。あれもこれも出し惜しみなく出している。相当なレベルの女優のにわかに信じられないレベルの脱ぎっぷりに眩暈がする。

 

妖艶で猥雑で極悪な忘八者ワールドと、徹底して廃頽的でアナーキーでありながらも品格漂う丹波哲郎の佇まいが合わさり、時代を超えてリスペクトされるに価する作品に仕上がっている。

 

ポルノ時代劇だなんて俗悪だとこき下ろし遠ざけるにはあまりにもったいない。ラストのアヘン漬け状態からの丹波哲郎無双シーンの息が止まるほどの美しさとかっこよさ、深夜の脳みそに染み入る刺激物

 

石井輝男ワンダーナイト、最後の作品は、直撃!地獄拳 大逆転(1974)。当時空手ブームに沸く中で、千葉真一主演で製作された作品。地獄拳としては2作目だが、前作からストーリーが続いているわけではない。ファニーサイドオブ石井輝男な、やりたい放題な作品。

 

千葉真一扮する甲賀竜一、佐藤允扮する隼猛、郷鍈治扮する桜一郎はそれぞれに切断された紙幣を渡され、招集される。全員集まれば、紙幣が完全なものになるといった具合に。彼らはそれぞれの分野で腕のいい仕事人たち。集まったところで池部良扮するボスの嵐山からあるミッションが告げられる。来日している慈善団体の会長の娘が誘拐されていてその身代金は6億円で、そこには6億円の宝石「ファラオの星」が関わっていて、誘拐された娘も宝石も取り返してほしいというような内容。ミッションを遂行しようとするが、まんまとはめられてしまう。このまま引き下がれるか、とファラオの星を盗み出す計画を立てる。いざ実行へと移すが、いまいちチームワークがかみあわない3人は、七転八倒しながらもミッションを進めていく。

 

とにかく、千葉真一、佐藤允、郷鍈治の3人の悪ふざけが最高。ミッション中に火あぶりになり苦しんでいる郷鍈治に、小便は火傷によく効く!と消火とアンモニア消毒を同時に行う千葉真一。トムクルーズにはできまい。ファニーでありながらタフガイ、それがサニー千葉。それぞれの他の映画での硬派だったり狂犬じみた役柄を考えると、なおさら最高だ。強面の男たちの全力の悪ふざけが見るならば、直撃!地獄拳 大逆転。

 

丹波哲郎、志穂美悦子といったキャストもナイス。丹波哲郎はいわずもがな。志穂美悦子は女必殺拳シリーズでそのアクションを披露している。昨今の女アクション映画に先駆け、志穂美悦子はタフな女性として男どもをぶちのめしていた。

 

最後の作品が終わり、時計を見ると朝の5時。外に出れば、池袋の風俗街で、真冬の澄んだ空気に飲み明かした人々の朦朧とした笑い声とつぶやき、東の空が白みだしている。素晴らしい作品を4本マラソンした後の爽快感、満足感、高揚感とあい合わさって、心には青春のあの感じ。

 

きっとこの夜のことはずっと忘れないだろう。なぜ映画館に足を運ぶのか。なぜオールナイトなのか。それは、映画を観る行為の魅力、醍醐味は、作品を観ること以上に、どこで観るか、どうやって観るかの映画体験の充実にこそ在るからだ。

 

石井輝男は、映画は見世物である、と言った。様々なクレイジーエピソードのある監督。いまでも石井輝男は生きている。人々の心の中で生き続ける。映画への愛、徹底したサービス精神。エロチシズム、俗悪、毒の裏にある哀愁と優しさと愛。それが時代、性別、国境を越え、見るものを魅了してやまない。いま、日本に足りないのは石井輝男だ! 致死量の毒とそれを凌駕する愛で心を撃ち抜き魂震わす、そんな映画を、そんな夜を、さまよい求め今日も生きる。