銭湯やサウナに行って大丈夫?感染するの?コロナの問題について、そして対策はあるのか

銭湯やサウナに足繫く通う人間としては、昨今の新型コロナウィルス問題はとても気がかりである。

銭湯やサウナなどの温浴施設はやってるの?

不要不急の外出自粛を都が呼び掛けてはいるものの、銭湯の大半は公衆衛生の観点から徹底した衛生管理のもと、営業を続けている。

しかし、スーパー銭湯などの大型施設は営業を見送るところもあるらしい。

対策の指針は都からでているみたいです

都の対策指針としては、グループでの来店や長時間の滞在を制限したり、体調の悪いお客様の利用を控えてもらうよう協力を促している。

コロナ以降の銭湯事情は??

この自粛ムードの中、僕は世を忍んで、銭湯に行くのであります。

そうすると、見慣れた顔ばかりで安心するのですが、不安にもなってくる。特に常連さんは高齢者の方がいて、話しかけてくれるのですが、すこし気後れするところもある。総じて申し訳ないのである。

なので、銭湯に行く前は検温して熱のないことを確認している。

もともと銭湯など温浴施設は衛生管理が厳しく、レジオネラ菌など発生しないように気配りしている。衛生意識が高いことは間違いない施設なのです。

それでも、かなり銭湯側もコロナ対策には気をつかっているようである。

とくに危なそうなサウナについて

なんとなく裸だからあぶない印象を持つ人もいると思う。特に銭湯のサウナ。銭湯のサウナ室は結構狭い。どうしても人と人の距離が近くなってしまう。そして密室空間なので、なんとなく飛沫感染しそうな気持ちになる。

厚生労働省は新型コロナウイルス対策にて有効とされている温度は70度としている。

しかし、ダイヤモンドプリンセス号のクルーズ中に、感染者はサウナ室を利用したという報道もある。

ウイルスは高温多湿を嫌いますが、感染者と同じ室内にいれば、死滅する前に感染する可能性があるということになるんですかね。

しかも、サウナは体力を落とすので、発症リスクは高まるかもしれない。

スパなどの施設でミストサウナの利用を休止しているところもあるそうです。新型コロナウイルス対策にて有効とされる温度70度を保つことのできない密閉空間のためだそうです。

それでも、サウナに入りたくなってしまうんだから、サウナって本当に最高の施設なんですよね。

コロナ対策になるかわからないのですが、タオルで口と鼻を抑えてみんな黄金の時間を過ごしている。

何が言いたいかというと、

皆さん、銭湯は頑張って営業してますよー。僕たちも協力できるといいですねーってことを声を大にしていいたいのです。

小杉湯難民はここへ行こう。小杉湯に似ている銭湯は阿佐ヶ谷玉の湯で決まり。

小杉湯の暖簾をくぐり、

靴箱をみると、

全然空いてないんですよ。

この段階で嫌な予感が脳裏をよぎるのですが、

やっぱり銭湯の体になってるんで、

諦められないわけです。

しかも、小杉湯ですよ。替えがきかないわけですよ。

 

番台でお金を払い、ロッカーまで行くのですが、

ロッカーも全然空いてないんですよ。

 

ようやくロッカーのカギを手に入れ、

ロッカーに着替えや荷物を入れて、

タオルを持ち浴槽に行こうとするのですが、

もう嫌ぁぁぁーってなるわけです。

 

なにがって人の数がすごくて、

ここ帝愛??ってなるわけですよ。

小杉湯は本当にいい銭湯だと思います。

だからこそ混んでしまうジレンマ。

小杉湯は遅い時間になればなるほど、

人が多いような気がします。

狙い目は18時から21時の間かなと、

ただしやっぱり遅い時間しか行けないって方いるんですよ。

どうしても小杉湯に入りたいのに入れない、

そんな小杉湯難民に朗報です。

私見つけました。同じような銭湯。同じような楽園を。

ただし、やっぱり小杉湯のアメニティや綺麗さには勝てないのであしからず。

 

ただ私の似ているというのは整い方の話です。

これが一番重要ですよね。銭湯って。

 

阿佐ヶ谷の小杉湯こと玉の湯という銭湯について

 

玉の湯は阿佐ヶ谷にあり、人の数も少ない銭湯です。

お休みが多い銭湯だったのですが、最近は安定して営業しています。

古めかしくはあるのですが、清掃がしっかり行き届いており、清潔感があります。ボディソープやシャンプーなどは番台でもらえますし、なにより、おばちゃんの愛想がちょうどいい感じがとてもよいです。小杉湯のオーナーの愛想とシンクロしている部分があります。

サウナが別料金ですが、熱風呂がありサウナがなくても交互浴を楽しめます。サウナがなくてもよいというところは小杉湯と一緒です。

 

玉の湯のおすすめするところ

 

熱風呂と水風呂の温度差がすごくいいです。ここはみんないろいろなこだわりがあると思うのですが、ここの温度差は絶品です。

あと、水風呂が綺麗。しかも広い。これは重要なんですよ、僕としては。

バイブラでずっと冷たい水風呂を味わえます。バイブラはぶくぶくのことですね。ぶくぶく嫌いの人もいますが、ぶくぶくはいいもんですよ。ぶくぶくなしではもう生きていけないっていう人もいるんじゃないでしょうか。

最後にぬるめの風呂があるってことですね。小杉湯でいうミルク風呂だと思ってもらえれば大丈夫です。

おまけをつければ、サウナと水風呂のあいだにただ座るだけの休憩スペースが設けられているところもにくいですね。

 

似ているようで似ていないのが銭湯です。

その中で似ている銭湯があるというのは奇跡に近いです。

 

小杉湯難民の方、一度玉の湯へ行ってみてください。

マンガは読めないし、おしゃれじゃないし、若者向けではないけど、

交互浴して、ぬるま湯入って、銭湯を出るころには、

小杉湯かよってつぶやいていますので。

都内でやくざが多い銭湯。みんなが入れる銭湯の素晴らしさについて。

銭湯に足しげく通うと、背中に模様がついている人に遭遇することがあります。

日常ではレアケースなのですが、銭湯ではまぁまぁよくあることで、どきどきしないように無心で湯を楽しむしかないのである。

おしゃれな若者のタトゥーとマジモンの刺青の違いは、一目見てすぐにわかるものだと思います。雰囲気からばりばりのやくざですもん。入ってきた瞬間、銭湯の雰囲気が変わることがわかる。銃弾が飛び交わない仁義なき戦いなわけです。

やくざの方は銭湯のマナーがしっかりしているように感じる。私も見習うことがたくさんあるなと、いつも模様越しにその人の人生をみることができます。裸の付き合いは何に置いても重要ということですね。

そんなこんなで今回はやくざの方とよく逢える銭湯をピックアップしていきたいと思います。

蛇骨湯

都内でも人気の浅草の銭湯です。江戸時代からあるというのですから驚きです。

名前がいかついので覚えやすいと思います。

浅草という土地柄、やくざも多いのではないでしょうか。

私も落語を見た後に、この銭湯に行くことにしているのですが、もれなくやくざと遭遇できます。みんなマナーがいいのですが、下町のやくざの方のマナーは本当にみんな見習うべきところがあると思います。自分の手で鏡と台を拭いてから、お風呂に入る姿は何度見てもほれぼれします。

松本湯

中野区のプチスーパー銭湯こと松本湯です。

この銭湯の近くにアクア東中野という絶対的な人気を誇る銭湯があるのですが、松本湯もそれに負けず、特色のある銭湯です。待合室がひろさは都内でも屈指です。

やくざを見たと言っても、ひとりとかふたりとか、全体の数からいってもやくざのほうが少ないというのが普通です。しかし、この銭湯は違います。時間さえ被れば、最大瞬間風速10人とかけっこうあります。一般人のほうが少なくなる銭湯は、ここ以外私はしりません。水風呂が極端に狭いので、並ぶのですが、

やくざ、やくざ、自分、やくざ、おじさん、やくざ

みたいな順序でまたされるときは、おじさん頑張ろうねって勝手に仲間意識生まれます。

みんなが親分みたいな人に気を使っているのがすごくわかるので、銭湯でやくざのチームプレイを見たい時はぜひ松本湯へ。時間さえ被らなければ、一般人のほうが多くなります。

天徳湯

杉並区の水風呂が一風変わっている銭湯です。

ここは人が少ない、そして割合的にタトゥーの方も多く、

刺青のカモフラージュになっている。

なかなか表舞台に出てこない銭湯なのですが、

地元の方に愛された銭湯といった感じです。

ここでみた、刺青がとてもデザイン性が高く、

いろいろな銭湯でみた刺青の中で1番好きな模様だった。

 

私は銭湯が好きだ。

普段交わらないような人たちが集まり、

一日の疲れを癒す。

そこに、やくざもかたぎもないのである。

南阿佐ヶ谷の成宗湯が閉店、その理由とは

つい最近記事を書いたばかりなのに。

[kanren postid=”91″]

南阿佐ヶ谷の成宗湯が閉店しておりました。

昨日久しぶりに、足を運んだのですが、張り紙が。。

理由は一体なんだったんでしょうか。

前回行ったときに奥さんと旦那さんが話しているところを見て、物言わぬ夫婦がしゃべっていると驚いていたのです。しかも、かなり深刻な顔をしていました。

銭湯にはまって、小杉湯やさやの湯など、いろいろ浮気はしましたが、成宗湯が帰る場所だと思っていたからこその浮気でした。

リフォームしてまだまだ元気な銭湯だっただけにとても残念です。

何年もお世話になったので、さみしいということに尽きるのですが。

ひとまず、今までありがとうございましたという気持ちです。

昭和の景色がひとつ、またひとつなくなってしまうのは、とてもさみしいなと思うばかりです。

南阿佐ヶ谷の秘湯、成宗湯という銭湯について

銭湯という文化がとにかく好きで、

東京の景色の一つになっています。

とにかく火照って沁みる。

上京して初めて銭湯に行ったときは、神田川の世界観に触れた気がして、

勝手に都合のいい妄想をしていました。男2人でしたが。

 

今回紹介したいのが、南阿佐ヶ谷の成宗湯という銭湯です。

成宗湯の魅力

成宗湯の最大の魅力は人口密度の低さです。

東京の銭湯はどこも人口密度が半端ないです。

田舎者からしたらお風呂でもこんなに混むんかいと、渋谷を連想してしまいます。

それでも、行きたくなってしまうのが、渋谷との違いですが。人口密度は低いに越したことありません。

成宗湯はだれにかまうことなく、入浴できます。

常連の土着的な会話を聞くこともないし、

飲んできた大学生のわいわいも見ないで済みます。

いろいろ銭湯に行きましたが、ここまで静かな銭湯はあまりありません。

ただただこの秘湯にありつき、1日の疲れを癒している個の集まりで形成されているのが成宗湯です。

銭湯に珍しく、駐車場もあります。

そして、ご主人の趣味のスペースが待合室となります。

大量のミニカー、真空管のアンプ、落語やジャズのCD。

番台の蔦屋感がすごいです。

絶対ご主人お金もってますよね。って感じでそこが男としていい。

清潔感は大切

銭湯ってなんか古いイメージがあるのですが、

古さはさして気にならないポイントではあります。

重要なのは清潔感。

成宗湯は清潔感があります。

飾られているミニカーの棚をみれば、お風呂を見ずとも、ご主人が綺麗好きということがわかります。

願わくば

サウナとまではいかないにしても、

水風呂があったら、もう大満足です。

 

[aside type=”boader”]まとめ
人が少なく静か
趣味にあふれるご主人のマイスペース
清潔感がある
[/aside]